別れそして前に進むことへの心理学(4)~無意味感からの解放そのプロセス~

別れを恋愛に無意味感を感じるとしんどい気持ちになってしまいます。

その無意味感からは解放されたいもの!!!
今回は、無意味感から解放され、そしてギフトを受け取っていくまでのプロセスを順を追って解説していきます。
無意味感から解放されてギフトを受け取るとバージョンアップしたご自身が待っているんです!

●無意味感からの解放のファーストステップ●

お別れをすると、その恋愛に無意味感を持つことがあります。

無意味感を感じると、しんどい気持ちになってしまいます。
そのしんどさから解放される為に無意味感から解放されることをテーマにしてみましょう。というのが前回の内容でした。

今回は、無意味感から解放のプロセスを順を追って見ていきたいと思います。

無意味感からの解放は、まずは意欲を持ってみることからスタートになってきます。

「無意味感から解放されて楽になれたらいいな」とか「無意味感を手放してギフトを受け取れたらいいな」というふうに意欲を持ってみるところが解放へのファストステップになっていきます。

●感情の解放●

お別れをすると痛みが伴うことが多いです。
寂しさや、悲しさや、怒りなどの痛みが伴うことが多いです。

辛い気持ちを抱えたままだと、お別れを肯定的に受け止めるのって難しいんですよね。

ですんで無意味感を手放していくのに、辛い気持ちを緩和していくことがセカンドステップになっていきます。

心の中に溜め込んでいる気持ちを外に解放していくんですね。
涙に流して浄化していったり、誰かに話したり、ノートに自分の気持ちを書き留めたりです。

できれば一人で頑張らずに誰かに話したり、一人で泣くのではなく誰かに受け止めてもらった涙を流したり、一人で頑張らないでもらいたなと思います。

●自分への承認●

感情を解放していくと心が楽になっていきます。

次のステップは自分への承認!

この恋愛で頑張った自分、成長した自分を認めてあげるんですね。

すると無意味感が手放せ始め、かわりに受け取れるものがでてきます。
学びだったり、成長した自分だったりです。

●許し●

お別れしたパートナーに怒りを持っている時は、痛みが伴ってしまいます。

そしてこの怒りも無意味感を作ってしまったりするんですね。

例えば「なんであんな人とつきあったんだろう。意味がないことをしたわ」など無意味感を作ってしまったりします。

相手の為ではなく、痛みから解放される為に、そして無意味感から解放される為に、別れた相手を許してみようと意欲を持ってみるんですね。

仮に許せなかったからと言ってご自身を責めたり、至らないと思わないで欲しいんです。
もし許すことが出来たらすごいことなだけで、許せなかったかったからと言ってご自身を「私ってダメだな」などと卑下しないでくださいね。

また、許してみようという意欲を持ったご自身の承認も忘れずにして欲しいなと思います。こちらもすごいことですから!!!

●感謝そしてギフトを受け取る●

感情の解放、自分への承認、許し と、ここまでくるとお別れの痛みもずいぶんと和らぎ、お別れした時とはずいぶん見方が変わってくるはず。

そして次のステップは感謝。

出会ったことや、お付き合い中のパートナーなりの愛し方、またこの恋愛で学べたことなど、なにか感謝できることはないか探してみるんですね。

なにか感謝できることが見つけられることができると、お別れした恋愛からギフトが入ってきます。

それは学びだったり、自信だったり、成長だたり、あったかい気持ちだったり、充実感だったり、完了した感覚だったり、すてきな思い出となった過去だったり、次の恋への勇気だったり、人によって様々です。

無意味感からの脱出とともに心が解放され、そしてギフトを受け取っていくとご自身がバージョンアップされていくんです。
(バージョンアップされたあと、素敵な恋に巡り会われた話しを多々聞きます)

もし別れた恋愛に無意味感を感じられた時は、そこから解放されてギフトを受け取ることをテーマとされてみませんか?

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。