エゴとハイアーマインドのお話(2)~エゴの声はもっともらしく聞こえるが実は◯◯なのです~

エゴは怖れを土台とした発想を私たちにささやきます。

エゴの声はいっけんもっともらしい発想のように思え、エゴの声に従うと上手くいくように思うのですが、長期的にみると新たなる問題が増えるだけです。「これはエゴの声かも!」などのようにエゴの声に気づくことがエゴの罠にはまらない為の第一歩目。エゴを手放し、ハイアーマインドの声に耳を傾けてみませんか?

●エゴの声はもっともらしく聞こえるが実は◯◯なのです。

エゴは怖れを土台としたマインドで人や社会から分離をする考え方を提案してきます。

例えば『人と関わるから今回のように傷つくんだ、これからは表面的にあわせて心は開かないようにしたほうが得策だぞ』などのような提案を投げかけてくるわけです。
このようなエゴの提案はもっともらしく聞こえるし、それなりのメリットがあるように思います。

人と分離した方が安全だし、そのほうが傷つかないぞ!というようなエゴの声のもっともらしい提案を聞いていると安全だし、傷つかないかというと、実際はそうではないようです。

心を閉ざし、人とのつながりを切り、人と距離を開け・・・とエゴの声を聞いていくと、分離感、孤独、さみしさ、居場所のなさ、一人で闘っているような感じ、味方がいない、理解されていない感じ、見捨てられ不安、怖れ、競争、攻撃性、などなど新たな問題ができていく展開になっていくことが多いようです。

どうもエゴの声はもっともらしく聞こえるのですが、破滅的なところがあるんですね。

エゴのマインドの目的はエゴのマインド自身を大きくすることにあります。
それはがん細胞と似ているのかもしれません。がん細胞は自分自身の細胞の一部なのですが増殖して大きくなっていくと自分自身の状況が悪くなっていきます。それでもどんどん大きくなっていき最終的には本体は破滅に導かれます。

エゴのマインドは本体である あなたのことを考えているような提案をするのですが、実のところエゴのマインド自身が大きくなることを目的としています。

エゴの声を聞きつづけ新たな問題が増えていくのは嫌なことですね。

エゴがささやく提案にのって新たな問題を作らないようにするには、まずエゴの声であるということに気づくこと。
そして真逆な発想のハイアーマインドの提案に耳を傾けてみようとしてみるんですね。ハイアーマインドの発想は愛やつながり、一体感、幸せの方向に向けた提案をしています。

下記はエゴのマインドの発想の特徴、ハイアーマインドの発想の特徴です。

★エゴの特徴          ☆ハイアーマインドの特徴
自分のことだけ考える      全体のことを考える
大きな声            小さな声
(心の声という意味)      (小さな声なのでエゴの声にかき消されやすい)
複雑・混乱           シンプル
怖れ              愛
分離              一体感・つながり
攻撃              許し
心配              信頼
(愛情というより不安に近い
意味の心配です。worryのほう)
正しさ・間違い         真実・幸せ
いそがしくあれこれする     無為
特別              対等
死の方向            生の方向
批判              祝福
有限              永遠
破壊的             建設的

『「傷つかないには一人でいることだ」この発想は上記の中でいうと分離をしようという発想だから、もしかしたらエゴの声なのかもしれないなぁ』『「許してもう一回仲良くなろう。そうするのが私の幸せの為」この発想は、許しとか、つながっていこうとか、どちらが正しいかよりも幸せを選んでいる発想だからハイアーマインドの声なのかもしれないなぁ』などエゴや、ハイアーマインドの声に気づくヒント集として使っていただければと思います。

>>>『エゴとハイアーマインドのお話(3)~偶像崇拝~』につづく

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。