無力感を感じてしまうときに〜優しいあなたへ〜

私たちは決して自分のことだけでは落ち込んだり、悲しい気分になったりしま
せんよね。
もしも、あなたにとって大切な誰かが
落ち込んでしまっているとき、
いらいらして冷静さを失ってしまっているとき、
何かを失って悲しんでいるとき、
深刻さの迷路に入り込んで笑顔を忘れてしまったようなとき。
代わりに問題を解決してあげたい、、、
重荷を肩代わりしてあげたい、、、
そんな風に感じることすらあるかもしれません。
大切な人の感情に共鳴しやすいあなたならば、同じように落ち込んでしまった
り悲しくなったり、痛みを感じてたり。
力になれれば嬉しいですが、
‘なにもできない…’
というのも、せつない感情ですよね。人は誰かのために力になれたときにはじ
めて、自分の中にある強さに出会えるのに。
大切な人が、援助が必要な状況であっても近づいてはいけないかなって感じて
しまうと、近づかないことに罪悪感を感じてしまったりもします。
こんな時に、
私が自分でよく使うイメージワークをご紹介。
* * * * *
1. 大切な人が目の前に立っていることをイメージします。
2. 彼(彼女)のハートがあるであろう位置、心臓のあたりに注目します。
   
3. 彼(彼女)のハートをもし、見てあげることが出来たとしたらあなたに
はどんな風に見えますか?
どんな色をしているでしょう・・・
色以外に例えば、冷たくて凍えているような感じ、
針が刺さっているような感じ、、
傷があるetc 
    どんな風でしょうか?
4. 今このハートに与えてあげたいものがあるとしたら、どんなものでしょ
    うか?
    一筋の光でしょうか、
    陽だまりのような暖かさでしょうか、
    凍えたハートを暖めてあげる手のぬくもりでしょうか、
    刺さった棘をそっと抜いてあげるような優しさでしょうか、、、
  
  あなたが思いついた優しさのエネルギーをあなた自身が感じて、このハート
  に流し込んであげることが、プレゼントしてあげることがもしも出来たとし
  たら、、、
5. 彼(彼女)の顔はどんな風に変化していきますか?
  もし変化が見られたら、存分に、その変化を感じてくださいね。
* * * * *
実はこのイメージワーク、現実的な変化をすぐにもたらすことを目的にしてい
るわけではありません。(^^;)
イメージワークを行ったからといって、すぐに現実的に相手に変化が起きなか
ったとしても、なによりこのイメージワークの‘ツボ’はあなた自身の優しさ
に発想をもたらすこと、
‘こんなものが与えられるようになったらいいな、与えられる人になりたいな’
ということと、
今、問題の最中に入っている彼や彼女の、ほっとしたり明るい表情をだれより
も思い出してあげることでいつかこうなったらいいなぁっ、きっとこうなれる
よっていう、あなたから見た彼や彼女のちょっと先(将来)が明るいものだと
信頼してあげるパワーを思い出すことを目的にしています。
何も出来ないなって、自分自身も暗い気分に入り込んでしまったときにぜひ試
してみてくださいね!
from 上西 直美

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。