自己判断をやめてみる

僕たち人間には、さまざまな自己概念があります。
自分は正直だ、またはうそつきだ
自分は仕事ができる、またはできない
自分はネクラだ、または明るい
これらは良くある自己評価の例ですが、僕たちの歩みを止めてしまう自己
評価の最たるものが、無価値感です。
自分には才能が無い、価値が無い。
自分には愛される資格がない。
などなど、自分を卑下し、罰していく感情が無価値感です。
そう感じてしまう理由は人それぞれですが、この無価値感は、言葉のごと
く、もっていてもあまり価値の無い感情であると言えます。
それはどうしてか。
答えは簡単、想像してみてください。
例えば、あなたが弁護士になりたいと思ったとします。でも、自分には
その才能が無い、と感じたら、どうなるでしょうか?
「弁護士になりたいと思ったけれど、才能もないし、絶対に無謀だと思
う。だいいち、いろいろ勉強も難しそうだし、自分でやろうという気に
なれない。」
なんていう風に、チャレンジすること、やるぞと決めること、すべ
てが怖くなってもおかしくないし、やる気も出てこないかもしれま
せん。
こういった具合に、悪い自己判断が、僕たちに問題を作っていきます。
今日は、そんな自分を卑下したり、罰するのをやめてみる日にして見ま
しょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
自分の子供のころを想像します。
子供のころのあなたはどんな子供でしたか?
どんなところどんなふうにいつも遊んでいたでしょう?
どんなことが好きでしたか?
どんなものをほしいと思っていたでしょう?
そんな子供のころのあなたを見つめて、直感で答えてください。
その子に、どんな才能がありますか?
その子は、愛されるにふさわしくない、と言える子供でしょうか?
そして、今の自分に、こんな問いかけをしてください。
あなたは、この子を馬鹿にしたり、罰したりすることを、したいと思い
ますか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
このときに出た答えが、あなたにとって、Noであるならば、こう
あなた自身にあなたが約束してあげてください。
もう、自分を卑下したり、罰したりすることはやめようと。
その決意が固ければ固いほど、あなた本来の純粋さが戻ってきます。
その純粋なあなたに、問いかけてみてください。
あなたの問題の解決方法を。
先ほどの弁護士の例で行けば、
「なら、学校でも探せばいいかな?
 ネットで探せば案外簡単に見つかるかも?
 通信教育でもいいかもしれないし。」
 
とか。
また、あるいは、彼との関係をうまく行かせる方法、というのを問いか
けたとしたら、
「もっと甘えてみれば?」
「もっとやさしくしてみれば?」
「いちど、じっくり話してみれば?」
「もう別れたほうがいいかもね。」
といった具合の、単純な答えが返ってくると思います。
会社で人間関係がうまくいかない。嫌な人が居る。
ということだったとしたら、
「上司に言ってやれば?」
「いっぺん喧嘩したらいいんじゃないか?」
「実は、自分のことが好きなのかも?」
なんて答えがありえるかもしれませんね。
僕たちは、問題を感じていればいるほど、自分に対して悪い判断を下し
ています。
これも単純に考えてみてください。
あなたが、導き出したその答えに対し、あなたが、どれだけ、
「出来ない・・・」
と思っているか。
また、人によっては、その単純な答えに対し、
「それでいいなら、苦労はないぜ!」
と、逆に腹立たしく感じてしまう人も居るかもしれません。
でもその、腹立たしささえ感じてしまうほど単純な答えを、自分に対し、
試させないように、試させないようにしているか。
このエクササイズは、自己に対して下す判断をやめて、問題をクリアできる
自分を信頼する手助けになると思います。
試してみてくださいね。
from 田村 厚志

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。