目で微笑む

例えば初対面のような、あまり親しくない人と接した時、どのような表情を
すればいいのかわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういった時、好感をもってもらおうとして笑顔を作ろうとする気持ちは
とても自然なものですよね。
でもその笑顔を口で作ろうとすると悲惨です。
引きつった表情になってしまいます(笑)。
今回のエクササイズは、とても簡単です。
『目で微笑む』というフレーズを忘れないでください。ただそれだけです。
笑顔は口ではなく、目で作るんですね。
口は動かすことで笑顔の形を作ることができるけれど、目は笑顔の形を
作ることができない、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
はい、その通りです。
作る必要は無いんです。目で微笑もうという気持ちを持ってください。
人間の体の中で唯一、目だけは嘘をつくことが出来ないそうです。
自分自身の感情を素直に表してしまうのでしょうね。
恥ずかしがり屋さんは、人と目を合わせることができませんよね。
自分がどんなことを考えているのか、悟られてしまいそうな危機感を直感的に
感じているのかもしれません。
だったら、心の中で微笑む気持ちを持ちましょう。
そして、心の中で微笑む気持ちを、目に伝えましょう。
それが出来るようになった時、顔の表情はごく自然に、無意識のうちに
まったく違うものになります。
目の周りには笑顔の線ができ、顔全体の表情が明るくなりますよ。
もしも、どんな表情をしたら良いのかわからない、と感じるシチュエーションが
訪れてしまった時は、この『目で微笑む』という基本的な原則を思い出して
くださいね。
from 高橋 大

この記事を書いたカウンセラー

About Author

高橋 大

自己イメージの変革・男女関係・人生の目的 を探す、などの分野を得意とする。 心の力学をわかりやすく説明する理性的な側面と、多くの臨床経験を通して培った直感的な把握能力をもってするカウンセリングに定評がある。 長期的な支持を受けることも多く、長い目で見守るスタンスを重視している。