イメージを使ったセルフセラピー

皆さんは日常で、
とっても嫌な感情が出てきた時、
自分ではどうしようも ない程寂しかったり、
腹が立ったりした時どうしていますか?
嫌な感情を感じないように押しのけてしまうのでしょうか?
我慢、がまんで 嵐がおさまるのをひたすら待つでしょうか?
今回は、私がどうしようもない嫌な気分になった時に自分で使ったり、
電話や 面談の個人カウンセリングで実際使っている、
イメージを使ったセルフセラピー をご紹介したいと思います。
私達の心の中には大人になった今でも、
心の中に住んでいる小さな子供の部分があります。
例えば、
職場で不条理な目にあって怒りがおさまらない時、
一人でいる時にむしょうに寂しくなった時など、
自分ではどうしようもない気分の時は、
私達の心の中にいる小さな子供の自分が暴れて、
癇癪を起こしていることがあります。
そういう時、自分の心の中の子供に向かって話し掛けてみて欲しいんです。
「どうしたの?寂しいの?」
「すごく怒っているみたいだね。」
「こっちへおいでよ。」
「○○ちゃんは悪くないよ」
「すごく一生懸命がんばってるよ」
その子を慰めたり、落ち着くような言葉をかけてあげるんですね。
それから、イメージを使って今の自分がその小さな子供を抱きしめて、よしよししてあげるんです。
何かその子供がして欲しがっていることがあれば、してあげるのもいいですね。
そうすると、不思議なことにスーッと気分がスッキリするんですね。
これは「自分を愛する」という行為でもあるので、オススメです。
是非一度試してみて下さい。
from 根本 理加 / counseling service

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。