お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

浮気の原因は不足原則と言われます。
自分のパートナーが持っていない魅力、要素などを他の人に認める心理のことです。
不足原則は魅力だけを指しているわけではないのですが、浮気をされた時には「自分には女性(男性)としての魅力がないから/魅力がなくなったから、相手は浮気したのだ」と、魅力に関わるものが不足していると感じやすくなります。
そう思うのは当然なのですが、浮気の原因は魅力以外にある場合の方が多いのです。
それは、二人の関係性において不足してしまったもの。この存在を知り、回復していくことが、浮気という問題を乗り越えていくのに大切なアプローチになります。
本当に不足しているのは二人のつながりであり、そこにある寂しさ、悲しみという感情です。
浮気の問題を二人が学び成長するためのチャンスと捉えて、つながりを感じられなくなった理由を知り、それを変える行動に移していくことが二人のつながりの架け橋となり、これからの二人の人生をよりよくしていく力になっていきます。

Keywords:浮気 不足原則 つながり 魅力 自己価値

Lecture.900-1

魅力がないから浮気されたの?ー不足原則を越えて二人の「つながり」を取り戻す(1)〜本当に不足しているのは何か〜

講師:池尾昌紀

浮気の原因のひとつは「不足原則」と言われるものです。
「不足原則」とは、自分のパートナーが持っていない要素、魅力などを、他の人に求める心理のことです。
確かに、人は持っていないものを求めます。
けれど、そんなに単純な図式で浮気は起こるものなのでしょうか。
単に「魅力が不足しているから」 あなたは浮気されたのでしょうか。
浮気の原因になる、本当に不足しているのは、二人の関係性の中にあります。
本当に不足しているものを知り、変えていくことが、恋人・夫婦関係を修復していきます。

Keywords
浮気 不足原則 夫婦関係の修復 つながり 魅力 

◎あなたに魅力がないから浮気されたのでしょうか?〜二人のすれ違いを見つけるチャンス〜

浮気の原因のひとつは「不足原則」と言われるものです。
「不足原則」とは、自分のパートナーが持っていない要素、魅力などを、他の人に求める心理のことです。

例えば、夫からすると、妻や彼女が美しくてきちんとしている人だった場合、可愛さや茶目っ気を持っている女性に心惹かれる、というようなケースです。

確かに、人は持っていないものを求めます。
けれど、そんなに単純な図式で浮気は起こるものなのでしょうか。

単に「魅力が不足しているから」 あなたは浮気されたのでしょうか。


「不足原則」は「魅力」だけを指して不足しているという意味ではありません。

容姿や年齢といったこともありますが、状況や関係性など、様々なものがあります。

しかしながら、浮気をされた時に思う気持ちというのは
「自分には女性(男性)としての魅力がないから/魅力がなくなったから、相手は浮気したのだ」
というもの。

「不足しているもの」を女性(男性)らしさといった、男女関係における魅力に関わるとして限定的に感じやすいのです。

こんな風に思うのは無理もないことです。

単に否定されたというのではなく、他の誰かと恋愛をしている(実は勘違いも多いのですが)のが浮気ですから、自分の魅力を否定されたと感じざるを得ません。

先の例の美しくきちんとした妻の場合。

夫の浮気相手が茶目っ気があって可愛らしいタイプだったとします。

浮気が発覚して、夫を問い詰めた時、夫が逆ギレして「お前に可愛げがないからだ!」なんてふざけた発言をする場合もありますが、
夫が何も言ってないのに、妻が自ら
「私は可愛くないから浮気されたんだ。夫は自分を魅力的な女性としてみてくれないんだ。」

と自分を責めてしまう場合もたくさんあります。

しかしながら、実際の浮気のご相談を伺っていくと、男女関係における魅力に関わる内容が不足していることが、浮気の原因とは限らない、むしろ、それ以外の部分に理由がある場合の方が多いのですね。

浮気は、パートナーが持っていない魅力を他に持っている人がいるから、その人で不足を満たしたと説明できるほど、単純なものではありません。

逆を考えてみましょう。
もし美人できちんとした妻が可愛い女性の魅力を身につけたとしましょう。

それで、夫は浮気をしなくなるでしょうか。

浮気のきっかけは魅力的な女性と出会ったからかもしれないし、夫から妻に対して出てくる言葉は「女としての魅力を感じない」かもしれません。
しかしその後ろには隠れているものがあります。
それは「二人の関係性」。関係性において不足しているものがあるとしたらどうでしょう。
「女性としての魅力」だけの問題ではないのです。
二人の関係性とは、一言で説明すれば「つながり」です。

浮気の原因は、お互いがつながりを感じられない、ということなのです。

自分とは違うタイプの女性に惹かれて浮気したわけではないのです。

浮気相手は、魅力があったのではなく、単に「優しくしてくれた」だけかもしれない。

ということは、妻に不足していた何かがあるとしたら、それは魅力ではなく、夫への優しい気持ち、だったかもしれない。

もしそうなら、今から夫への優しい気持ちをもって接していけば、夫は満たされて他の女性のところへいく必要がなくなります。

でも、妻は夫に優しい気持ちを持っていないわけではないのです。
お互い長い夫婦生活、いろんなことがあり、苦労があり、様々な状況がある。

そこには優しくできなかった「やむ得ない事情」というものがあります。

子育てで一杯一杯で、夫に気配りする余裕が全くなかった。

仕事のストレスが極限状態で、家についたらヘトヘトの毎日だった。

理由に気がつけば、「とにかく休む時間を作る」「夫に協力を求める」「優しくできる時間を作る」

などのように、対策が打てるのです。

浮気をされると、本当に傷つきます。
「浮気したということは、私には女性としての魅力が不足してるんだ!」
と思ってしまいます。
すると、どうしたって、それを変えたり、魅力アップしたりすることが大切に感じます。
確かに、それは大切なことです。

魅力アップしていくことが、パートナーの気持ちを取り戻していく方法の一つであることは間違いありません。

しかし「自分には魅力がない」という自己攻撃は、かなり大きく厄介なもの。

「自分の魅力」以外の「不足」、つまり「二人の関係性の中で不足していたもの」を知り、それを変えていくことに目を向けることは、こうした自己攻撃を減らし、新しい関係性を作っていくことに勇気を与えてくれることも多いのです。

どうか、「自分がダメだから浮気された」と思わないでください。

あなたの魅力が不足しているから、あなたのパートナーが浮気をしたわけではないのです。
そこにはきっと「別の理由」があるはずなのです。

それが、浮気の問題を解決していく大きな切り口になります。

この連載では、浮気の不足原則について解説していきながら、そこを抜けていくための方法について「本当に不足しているものは何か」という視点からお伝えしていきます。

>>>『魅力がないから浮気されたの?ー不足原則を越えて二人の「つながり」を取り戻す(2)〜不足原則の具体例〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
777-1.「夫婦における怒りの心理学(1)〜怒りは相手ではなく自分への攻撃であることを知る〜」
812-1.夫婦のロマンスを取り戻すために(1)〜「夫婦のロマンス」のモデルを知らない私たち〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>ダウンロードサービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内










●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

 
●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。  

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール