お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.828

お節介な人と、気が利く人の違い

講師:大門昌代

同じことをしていても、「お節介な人」と言われる場合と、「気が利く人」と言われる場合があります。
人それぞれ、考え方や感じ方が違いますから、受け取り方の違いによって、お節介になったり、気が利くになったりしてしまいます。
ですが、お節介な人と言われることが多い場合は、相手よりも自分を見ていることが、原因であることが多いのです。
「何かをしてあげること」によって、自己価値を得ようとし、自分の正しさを主張しようとしていると、気を利かせたつもりが、お節介な人になってしまっていることが、少なくありません。
また、相手が「お断り」の意思表示をしたときに、その「お断り」を快く受け入れられるかどうかという違いもあります。
自分に意識が向いていると、「お断り」を「拒絶された」と受け取ってしまうからです。
それは、拒絶されたのではなく、相手の意志だと、お互いの違いを受け入れることができる人は、気が利く人と言われることが多くなります。

Keywords
お節介 気が利く 押し付け 人との違い 余計なお世話 

◎リクエストを頂きました◎
=======================================
私はときどき「本当に気が利くね」と友達や職場などで言われることがあります。自分でもいろいろ人のために気配りをすることが得意な方だと思います。

しかし、ある時、職場の先輩に「気を使いすぎ」と言われたり「そこまで気を使うと嫌味やお節介に見えるし、もう少し相手の気持ちを考えて」と言われることがありました。

たとえ良いことでも気を使いすぎることは、人に不快な思いをさせてしまうものなのでしょうか?
相手への配慮や気遣いもどこまではいいコトで、お節介にみられるのか?わからなくなってしまいました。
(一部編集させていただいています)
=======================================

例えば電車に乗っていて、ご年配の方に席を譲ったとしましょう。
その時に、席を譲られたご年配の方によっては、「お節介だな」と思って断る人もいます。
でも、「気の利く人だな」と思って、ありがたく席を譲ってもらう人もいます。

相手の方の受け取り方次第なのです。

相手というのは、何かしたときの対象の人となるのですが、受け取り方は人それぞれです。
ですから、同じことをしても、全員から「気が利く人」と受け取られる訳ではありません。

反対に、全員から「お節介だな」と受け取られるということもないでしょう。

「お節介」と「気が利く人」という言葉の意味としての解釈ではなく、お節介な人と称されることが多い人と、気が利く人と称されることが多い人の違いについて、今日は少しお話しさせていただきます。

自分の意見を押し付けたり、相手が拒否しているにも関わらず何かをしようとする人は、お節介と称されることが多くなります。

それは、相手を見ているのではなく、自分を見ているからです。

「何かをしてあげることができる自分」に意識が向いているのです。

ですから、相手がそのことに対して、「お断り」の意思表示をしたときに、落ち込んだり、傷ついたりしてしまいます。

相手の気持ちや意志、状況に、あまり関心がなく、自分に関心があると、お節介な人として称されることが多くなってしまいます。

一概には言えませんが、お節介と称されることが多い人は、自信がない人が多いかもしれません。
自信がないぶん、「何かをしてあげること」で、自己価値をもちたくなるのです。

ですから、相手がお断りの意志を表したときや、自分を受け入れてくれないときには、自己価値を感じることができません。

また、意識が自分に向いていますから、相手が明確なお断りをしないで、困った顔をするだけのときなど、相手が困っていることに気づくことができません。

「あなたのためを思って」と言って、自分の考え方を押し付けてしまう人は、お節介と称されてしまうことが、多くなります。

人にはそれぞれ、気持ちや意志、考え方がありますから、その違いを受け入れられるかどうかなのです。

気が利く人と称されることが多い人は、相手の気持ちや意志、状況に関心をもっています。

「何かしてあげることができる自分」ではなく、「相手」に意識が向いているのです。

ですから、相手が明確なお断りの意思表示をしなかったとしても、相手が困っていることに気づくことができます。
そして気付いたら、「必要なかったのだな」と、サッと手を引くことができます。

また、「余計なことをしてしまって、ごめんなさい」と謝ることもできます。

自分ではなく、相手を尊重することができていると、気が利く人と称されることが多くなります。

気が利く人と称されることが多い人は、相手の態度に左右されないですし、自分の気持ちと相手の気持ちの両方を見ることができますので、自信がある人が多いのかもしれません。

人と自分の意見や気持ちが違っていても、それで自己価値が左右されることがないのです。

相手が、「お断り」の意思表示をしたときに、それを快く受け入れることができるかどうかは、「お節介」と「気が利く人」の違いなのかもしれません。

「お断り」を「拒絶」と受け取ってしまうと、快く受け入れることができないので、相手への押し付けということになってしまい「お節介」になってしまうのです。

自分に意識が向いているか、相手に意識が向いているかの違いなのかもしれませんが、100%自分に意識が向いている人も少ないですし、100%相手に意識が向いている人も少ないですから、本当に微妙なのです。

相手の受け取り方次第で、お節介な人になるか、気が利く人になるかは、その時々ですので、難しいですよね。


(完)


関連する講座へのリンク集
356-4.魅力アップの心理学「きき上手」(4)〜「利き上手」になろう〜
456.自分の価値を認められない人たち 〜あなたが自分の偉大さを受け取るために〜
576.仕切りたがりやさんの心理 〜本当の自信を身につけよう〜
589.頼んでいないのに繰り返しアドバイスしてくる人への対処法〜「心理のワナ」に気付く〜
730-4.自分に自信を持つための4つの大切なアプローチ〜(4)自分の価値、魅力を知る〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール