お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.706-4

あなたのパートナーはどのタイプ?(4)〜シャドウ〜

講師:根本裕幸

自分とは正反対の、なんでこんな人と・・・と思える「シャドウ」タイプのパートナー。
このタイプを意識的に選ぶ、ということはまずありません。
始めは今まで紹介したどれかのパターンに当てはまっていたものの、徐々に嫌な部分が見え始めたのです。しかしそれは自分自身の心の投影なのです。
この受け入れがたい現実を受け入れ、そして、パートナーと自分を愛し始めることが人生の大きなテーマなのです。

Keywords
パートナーシップ シャドウ 嫌悪感 投影 愛

(4)シャドウ。苦手な人 → 愛を学ばせてくれる人。

最後のパターンは「シャドウ(影)」と呼ばれるタイプの人。
苦手、嫌い、どう扱っていいのか、どう付き合っていいのか分からない人です。

なんでこんな人と付き合う(結婚する)のか?と思われるかもしれませんが・・・。
「別れようと思ったのに別れきれなかった」
「私じゃなきゃダメだと思った」
「自分が彼女を守らなければと思った」
などの思いで付き合っている場合もありますが、多くのケースでは、始めはすでにご紹介した(1)〜(3)のパターンに当てはまっていたのに、だんだん嫌になってきた、苦手になってきた、信じられなくなってきた・・・という場合がほとんどです。

だから、これは多くの方が経験されたことがあろうかと思います。
そして、違う人間がお付き合いをする以上、必ず避けられない現実と思っていいでしょう。

なぜかというと、私たちには必ず「自己嫌悪」があるからです。

パートナーはすべからく自分をきれいに映し出す鏡です。

皆さんはご自身を姿見に写すとき、どんなところに目が行きます?

「今日の髪型はめっちゃ決まってる!」
「今日のコーデは完璧!」

いいところに目が向くでしょうか?

でも、だんだん鏡を見ているうちに、嫌なところが目に入ってきませんか?

「あれ、なんかお腹のお肉が増えてる?」
「皺が・・・増えてる?」
「なんか疲れた顔してるかも」

パートナーも同じなんです。

パートナーシップとは「愛を学ぶ場所」です。
愛しやすいところを愛するのは誰でもできますね。
だから始めはそれでいいんです。

しかし、本当のパートナーシップは「相手の欠点をどう愛するか?」からが本番です。

愛しやすい場所ではなく、愛しにくいところ、愛したくないところを愛するところが学びであり、成長であり、後々喜びとなることなのです。

多くの人は相手の欠点を見ると、そこを直視したくなくて無視するか、そこを直そうと攻撃・コントロールするか、それでもうまく行かなければ「あの人はそういう人なのよ」と諦めてしまうか、のどれかになります。

でも、本当にそれでいいのでしょうか?
それでは人生がつまらなくなってしまいませんか?

何度も言いますが、パートナーは鏡です。
パートナーに見える欠点は実は「自分自身の欠点」と自分が心のどこかで捉えているものなのです。

そして、人に映し出すくらいですから、当然そう言われてもピンとは来ません。
相手の問題のようにしか見えません。

でも、実はその要素は自分自身の中にしっかり根付いているのです。

だから、パートナーの欠点を愛することは、自分自身を愛することになります。
逆も真なり、で、自分を愛することがパートナーを愛することになります。

だから、パートナーシップはあなたの中に自己嫌悪がある限り、必ず、あなたのパートナーがあなたの嫌な部分を見せつけてきます。
それを受け入れ、許し、信じ、愛することが本当のパートナーシップなのです。

だから、相手の嫌なところが見えたら、チャンス到来です。
自分自身が成長する、大人になる、魅力的になる、素敵なチャンスがやってきたんです。

だから、ちょっと“頑張って”みませんか?

カウンセリングでもよくお出しする質問を最後に贈ります。

Q.相手のそんな嫌な要素すら愛し、抱きしめてあげられる自分ってどんな自分だと思いますか?

自由に想像してください。
あなたはとても偉大な存在ですから、「そんな自分なんてありえない」ということはありません。
想像力を駆使していくと、必ずそんな自分に出会えます。

そして、その自分がいたとしたら、それは間違いなく、あなたの本当の姿なのです。

「彼を愛せるのはほんと女神様みたいな人だけよ」

そう思ったあなたこそが、女神様です。

それを受け取ってみませんか?

さて、(1)〜(4)のパターンをご紹介しました。
どれか一つに偏るのではなく、どのパターンも持ちつつ、「今の彼とは(3)が強いな」とか「完璧に(4)だわ。前は(1)だったのに」等々の思いを持って読んでいただければ幸いです。

パートナーは鏡であり、愛を学び、あなたを成長させてくれる最高のステージです。
私たちはそのために生まれてきたとも言えるので、私たちはどうしても人を好きになり、愛したくなり、愛されたくなるのです。

私も日々レッスン中です。それぞれのテーマに課せられたレッスンを学び、さらに素敵な人間に成長していきましょう。

(了)

関連する講座へのリンク集

14.投影とその活用方法〜人は心の鏡〜
120.シャドウ〜生き残れなかった自分〜
608-1.心のキャパを広げよう(1)〜あなたのシャドウを現す人〜
652-1.投影とその活用方法2〜目に映るもののすべては投影である〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール