お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.681-3 お母さんとの関係を考える(3)〜更年期障害という視点〜
講師:原裕輝
カウンセリングでお母さんとの関係を振り返って話してくださるクライアントさんから、「今思えばお母さんがある時期から怒りっぽくなったのは更年期障害だったんじゃないかなぁと思うんですよね・・・そう思うとお母さんへのわだかまりもちょっと楽な視点で見られるかも」というようなお話をしてくださることがあります。
全ての方にあてはまることではありませんが、その視点で過去を振り返ることで過去をちょっと楽な視点でみるきっかけになれることがあります。
Keywords

母親 更年期障害 解釈 視点 誤解

● 更年期障害という視点でお母さんとの関係を見なおしてみる

カウンセリングをしているとクライアントさんが「カウンセリングを受けてお母さんへの怒りや、悲しみをはき出すことができて感情のおりがとれて冷静に過去を見直せる今だからこそ思えることなんですけど、今思えばお母さんがある時期から怒りっぽくなったのは更年期障害だったんじゃないかなぁと思うんですよね・・・そう思うとお母さんへのわだかまりもちょっと楽な視点で見られるかも」というようなお話をされることがあります。

お父さんとの関係についてのお話をお聞きする時にクライアントさんから更年期という視点でお父さんのことを理解するお話はお聞きしたことはないのですが、お母さんとのお話をお聞きする時はこのような視点のお話を時々お聞きするんですよね。(男性にも更年期障害はあるらしいですが)

それだけ女性には身近な言葉なのかも知れませんね。

全ての方にあてはまることではありませんが『更年期障害の影響で当時のお母さんはあんな風だったかも』という視点は冒頭のクライアントさんのように過去をちょっと楽な視点でみるきっかけになるかもしれません。

40代を超えると特に女性は身近な言葉として聞く更年期障害という言葉。
ホルモンの減少によりイライラ、憂鬱、不安、不眠、ほてりと様々な症状がでると聞きます。

大人になりある年齢になると身近になってくる更年期という言葉を耳にしますが若かりし頃はまだ縁遠いこととして意識しないものかと思います。

ましてや子ども時代はかなり縁遠いものです。更年期障害とは何かということを知らない子どもは多いのではないのでしょうか?

そういう更年期障害というものがあることを知らない頃に、ある時期をさかいに更年期障害の影響で優しかったお母さんが自分に対して怒ることが増えたり、話しかけたことに関しての反応や興味を示すことが薄くなってしまったことが起こると、その起こったこといる現象はお母さんが自分を好きじゃないからなのだと解釈してしまうことがあります。

当時その知識がなかったばかりにそういう解釈にいたってしまうことがあるわけです。

『お母さんが私にあたるのはホルモンのせいなんだ』『お母さんが私の話に興味を示さないのは更年期障害で憂鬱感が強くなっている時期だからなんだ』という視点が無い為に『お母さんが私にあたるのは私のことを嫌いだからだ』『お母さんが私の話に興味を示さないのは私に興味がないからだ』と解釈してしまい心を大きく痛めてしまいます。

当時更年期障害のせいだからだという視点を持てていたら心を痛めなかったか?というとそうではないかもしれません。

お母さんが最近怒るのは更年期障害だからと理解していてもイライラされることに嫌な思いをしたり、そんなお母さんに腹がたったりすることはあると思います。

お母さんが私の話に興味を示さないのは更年期障害で憂鬱感が強くなっている時期だからだと理解していても興味を示さないことに悲しい思いをすることはあると思います。

理解できていてもイライラされるのはやはりつらいし、興味をしめされないのもやはりつらいです。
心が痛むことはあると思います。

しかしホルモンのせいでこうなっているのね・・・という視点が無かったばかりに『私のことを嫌いなんだ』とか『私に興味がないからだ』という誤解が生じそれが真実のように思ってしまうと心をより痛めてしまいます。

その解釈によって自分は愛される価値がない人間なんだという誤解まで作られる方もいます。
それはとても悲しいことです。

この話を書いているのは、更年期障害が起こっていたからお母さんがあなたにしたことは仕方が無いことだと言いたい訳ではありません。
ホルモンのせいだからお母さんを許してあげましょうとお勧めしたいわけではありません。

そういう視点がなかったばかりにもしあなたが心を“より”痛めていたとしたら、とても悲しく思うのです。

イライラされてつらかったことは事実、興味をしめされなかったことでつらかったことも事実、しかしあなたのことを嫌いであり興味がなかったわけではないのかもしれません。

もしこの話が冒頭のクライアントさんのように、今まで見てこなかった視点で見ることでちょっと違う気持ちになれたり、心の傷がやわらぐきっかけになれば幸いです。

>>>『お母さんとの関係を考える(4)〜お母さんの育児と私の育児〜』〜につづく

関連する講座へのリンク集

2.私たちの心の中にいる子供〜インナーチャイルド・ワーク〜
143.心の中の子供を助けてあげる〜インナーチャイルド・ワーク2〜
149.心の中の子供を助けてあげる〜インナーチャイルド・ワーク3〜
577.病気と向かい合う家族をサポートするために必要なこと

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール