お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.610-3 罪悪感の話(3)〜過去の罪悪感が悪さをすることがある〜
講師:原裕輝
罪悪感を感じがちな人とカウンセリングをしていて、なぜ感じがちになってしまうのかを探っていくと、そう感じる原因が過去の人間関係で作られたものだということが分かることがあります。
過去の人間関係で作った罪悪感が心に残っており、その罪悪感が悪さをし、現在の人間関係で悪影響がでてしまうことがあるんですね。
そんな過去の罪悪感を見つけてあげることが、今の人間関係で罪悪感を感じがちな癖を消していくことができるのです。
Keywords
罪悪感 過去の罪悪感 現在の人間関係 手放し 解放

●過去の罪悪感が悪さをしていた?!

前回、ある女性が恋人がイキイキしていないのを見て(なぜイキイキしていないのかの原因は何かわからずとも)『こんな時にパートナーが私じゃなかったらもっと元気つけてあげて、イキイキさせてあげれるじゃないか・・・。自分でごめんね』と自分のせいに結びつけてしまい自分を責めてしまったりするという例え話をあげさせてもらっていたのですが、実際のカウンセリングでもこのようなお話は多々あります。

恋人がイキイキしていないのを見てどんな気持ちを抱くかは人それぞれであり、人によれば『デートの時は暗い顔しないでよ』とイライラする気持ちになる人もいるでしょうし、人によれば『そう言う時もあるよね』ぐらいにしか思わない人もいますし、『自分でごめんね』と感じる人もいます。

本当に人それぞれいろんな感じ方があります。
人それぞれいろんな感じ方があっていいのですが『自分でごめんね』と感じ方はしんどいので、この感じ方を楽な感じ方に変えていくべくカウンセリングをしていくことがあります。

なぜその人は恋人に『こんな時にパートナーが私じゃなかったらもっと元気つけてあげて、イキイキさせてあげれるじゃないか・・・。自分でごめんね』と感じてしまうのかということをカウンセリングをしていくと、そう感じる要因が恋人との関係と全く違う所にみつかるケースがあります。

そもそもの原因は、実は過去の人間関係で作った罪悪感が心に残っており、その罪悪感が悪さをしていたということがわかることがあるんですね。

+++
過去の人間関係で罪悪感を感じるような体験があると、その罪悪感が心の中に残ってしまうことがあります。

例えば、お母さんが体が弱く持病を抱えているようなお母さんだったとします。
体が弱いお母さんは家事などをするとすぐに疲れてしまい、しんどそうにしていたとします。

子供ながらにそんなお母さん見ていて『お母さんかわいそう』『助けてあげたい』と思ったとします。

子供心にそう思うのですが、お母さんの持病を子供が治してあげることはできるはずもなく、お母さんはしんどそうな顔を見続けなければなりません。

すると子供心に『助けてあげれなかった』という罪悪感を感じてしまうことがあるんです。

大人になって大人の視点で子どもの頃を振り返ってみると、子供ながらに『お母さんかわいそう』『助けてあげたい』と思うのは優しい心であり、子どもが病気を治すのは無理な話であり仕方がないことと理解できるんです。しかしこれは子どもの頃に作った感情であり、それが残ってしまうことで悪影響を及ぼす訳です。

本人的にも、もう過去のことだし、子どもの頃の感じ方の話だし、罪悪感なんか残ってるなんて思ってはいないのですが、子供時に感じてしまった罪悪感が自分でも気付いてない心の一部に残ってしまってことがあるんですね。

すると心の一部に残っているこの罪悪感が悪さをしてしまい、お母さんと同じような愛する対象である人(つまりパートナーや、子どもなんかはその対象になりやすいです)に対して罪悪感を感じやすくなってしまうことがあるのです。

このような過去の人間関係で罪悪感を感じるような体験は、お父さんやお母さんを助けられなかった、昔付き合っていた恋人に悪いことをした、友人を見捨ててしまった等と、人それぞれ色々あるのですが、その過去の罪悪感が残っていると現在の人間関係で悪影響がでてしまっったりするんですね。

こんな場合は、まずは『まだ罪悪感が残っていたんだなぁ』『まだ気にしていだんだなぁ』と心に残っている罪悪感という感情は見つけてあげることなんです。

感情は見つけてあげるだけでも解消してしまうことがあります。

そして次は見つけた過去の罪悪感を手放していこうと思ってみるんです。
最初から上手く手放せなくてもいいです。
何回も思い続けていくと、徐々に手放していけるようになってきますから。大丈夫!

そうやって何回も手放そうと思っていくと、きっと過去の罪悪感を手放していけるでしょう。
そうすると罪悪感を感じがちな癖から解放されていくこでしょう。

>>>『罪悪感の話(4)〜何かしてあげたい人の罪悪感〜』〜につづく



関連する講座へのリンク集

4.罪悪感の心理学1〜罪悪感とは?〜
83.あなたと彼を遠ざける罪悪感の心理〜対人関係に壁を作る罪悪感の心理〜
104.罪悪感の心理学2〜その影響力と許しへの第一歩〜
142.罪悪感の心理学3〜"自分は毒である"という観念〜
190.罪悪感の心理学5〜誰かのせいにしてしまうのは何故?〜
313.自己攻撃の心理学〜罪悪感と無価値感の<罠>〜
338-1.罪悪感が作り出す罠(1)〜罪悪感の特質と感情の抑圧〜
338-2.罪悪感が作り出す罠(2)〜“責められる・責める”が増える〜
338-3.罪悪感が作り出す罠(3)〜人との間に距離ができる〜
338-4.罪悪感が作り出す罠(4)〜罪悪感が問題を作り出す目的〜
354.罪悪感からの避難所!?〜開き直りの心理〜
554-1.罪悪感が作る問題(1)〜罪悪感とコントロール〜
554-2.罪悪感が作る問題(2)〜罪悪感と攻撃される恐れ〜
554-3.罪悪感が作る問題(3)〜罪悪感とファイティングポーズ〜
554-4.罪悪感が作る問題(4)〜罪悪感と伝染する苦しさ〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール