問題を通して成長した自分を肯定しよう(1)〜問題を通して成長したり魅力的になっていくことがある〜

問題を通して成長したり魅力的になっていく

上手く行かないこと、スムーズに行かないことなどの問題がに関わっていくうちに精神的に成長し、魅力的になっていくことがあります。そんな問題を通して成長した自分を振り返り、あらためて肯定してみませんか?自分を肯定する機会が増えれば増えるほど自己肯定感が育ちます。自己肯定感をあげていくことに役立つことでしょう!

***

●自己肯定感を高めていくには

自己肯定感とは、文字通り自分を肯定する感覚。

自己肯定感が高いと、人から愛されることに自信が持てたり、落ち込むシーンや傷つくシーンが減ったりといいことがたくさん!

自己肯定感を高めていくにはどうすればいいのでしょう?

自己肯定感を高めていくには、これも文字通り、自分を肯定していくことになります。

自分を肯定することを積み重ねていき、感覚を作っていくのですね。

自分を肯定するやり方として、自分の長所、良いところ、価値ある面を見つ見つけていき、自己承認していくというやり方がとれるかと思います。

例えば・・・・
・「嫌な出来事があっても人のせいにしないところは自分のすばらしいところだなぁ」
・「私は優しい気持ちの持ち主だなぁ」
・「素直なところが私の良いところだな」
などなど

また、自分の行動、考え方を自己承認をしていくのも自分を肯定する一つの方法になるでしょう。
(見方、捉え方によると、先ほどやり方とかぶるところはあるかと思います)

例えば・・・・
・「コロナ禍で自営業の飲食点がたいへんな中でも、家族を不安にさせまいと笑顔で過ごしていた自分はえらいなぁ」
・「電車でおばあさんに席を譲った今日の私はすばらしい」
・「資格試験の勉強を精一杯やりきった私は偉い!」
などなど

現在進行形のことだけではなく、過去形のことも含めて、たくさん自分の行動、考え方を承認できるといいですね。

 

●問題を通して成長することや、魅力的になっていくことがある

ちょっと話は変わりますが、悩みや、改善したい状況のことをカウンセリングで問題という言い方をすることがあります。

恋愛が上手くいってない時は、その上手くいっていないことを問題と言ったり、家族関係で悩んでいることがあればそのことを問題と言ったりします。

「問題を改善していくのに一緒に考えていきましょう」
そんな言い方をすることがあります。

問題が起きること自体は良いこととは言えないのですが、問題を通して精神的に成長していくことや、人間的に魅力的になっていくことがあります。

+++

過去に起こった問題を振り返ったときに、その出来事を失敗体験や自己否定の体験という切り口で見ることもできます。

例えば・・・
・私が傲慢になっていなければあの問題は起こらなかった。あれは失敗だった。
・私がパートナーにやさしくできていればパートナーシップに亀裂が入ることもなかったのに・・・。
・自分を否定ばかりしていたあの頃の自分が恥ずかしい。あの暗黒の時代を封印したい。
などなど、

しかし、そんな問題を通して、成長した自分や、人間的に魅力的になっていった部分に意識を向けていくことができると、自分を肯定する機会の一つにもなれます。

例えば・・・
・自分の傲慢さから起きた問題から、人の気持ちを大切にできる私に成長できた。そんな自分はすばらしい。
・あの問題を通して、パートナーに対して女神様のようなやさしさと寛容さを持てるように変われた私はすばらしい!
・自分を認めてあげられるように変われた自分は偉い!自分を否定してばかりだったから、なかなか自分を認められない人の気持ちがわかるところも私の良いところ!
などなど、

このように同じ出来事でも問題を通して、成長した自分や、人間的に魅力的になっていった自分の部分に意識を向けていくこともできます。

あなたにもありませんか?
問題を経験して、そこから成長した部分や、人間的に魅力アップした部分はありませんか?

そのようなところも自分を肯定するポイントとしてみてくださいね。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。