尊敬されたいという思いがつよすぎる人の心理 ~あなたがほしいものを与えてみましょう~

「尊敬されたい」という思いがつよい人ほど、コンプレックスでいっぱいなのです。

劣等感がつよい人ほど、尊敬されたいと思うようです。普段、自分で自分を虐げている分、人から尊敬されることで自分を承認でき、心のバランスを保とうとするのです。
ただ、尊敬されたいという思いがつよいほど、尊敬されない状況を作り出してしまいます。
そのときに必要なのは相手に「尊敬の念を抱くこと」です。あなたが欲しいものを与えた時、あなたが欲しいものが手に入るのです。
欲しているのではなく、与えることが大切です。

***

◎リクエストを頂きました◎
=================================
尊敬されたいです。
誰にどんなところでどんな風に尊敬されたいのかは分かりません。
でも、尊敬されたいです。尊敬されたいと欲があるから尊敬されないのでしょうか。
どうしたら尊敬されますか?
=================================

●誰もがもっている気持ち

「尊敬されたい」
今回は誰もがもっている願望について、ご相談を頂きました。
ご相談者に限らず、このメルマガを読んでくださっている方にも「尊敬されたい」という思いはあるのではないでしょうか。

相談内容を読ませて頂き、まず、私が感じたのはご相談者の方はとても「素直である」ということです。
「尊敬されたい」とご自身の思いを真っ直ぐに伝えられるのは素晴らしいです。そのように表現できれば、周りもご相談者の気持ちが分かりやすいのです。シンプルなのが一番いいのです。

●なぜ、尊敬されたいのか

では、なぜ、そんなに尊敬されたいのでしょうか?

その原因は劣等感にあるようです。

劣等感がつよいと自分を認めることが出来ません。
いつも、自分にダメ出しをします。
「ここが出来ていない」
「あの人に比べて劣っている」
「いつも失敗ばかりで、何をしてもうまくいかない」

そのような気持ちを感じ続けるのは、心地よくありませんよね。
劣等感がつよく、自分を虐げている人ほど、認めてもらい安心することで心のバランスを保とうとするのです。

「自分には価値がない。だから、認めてほしい」
「自分には褒めてもらえる要素がない。だから、褒めてもらいたい」
「自分はダメな人間だ。だから、素晴らしい人間だと伝えてほしい」

そう思うのも当然です。

そのように考えてみると、誰が一番あなたを尊敬していないのでしょうか?

それは「あなた自身」です。

あなたのセルフイメージが低いとその思いが投影され、あなたは尊敬されないように振る舞います。
心の法則は不思議で「あなたのあなたに対する観念」が、尊敬されない現実を選んでいくのです。

だから、あなたが一番最初に尊敬されるべき人は「あなた自身」なのです。

●あなたの尊敬する人に近づく

では、あなたがあなたを尊敬できるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?
それにはまず、「目標をもつこと」です。

あなたは誰を尊敬していますか?
どの様な人に魅力を感じますか?

両親や憧れの先輩、著名人、アスリートなど、具体的な人でもいいですし

・いつも明るくて、笑顔が絶えない人
・どんなときも冷静で、落ち着いて対応できる人
・つよい信念をもち、みんなを引っ張っていく人
・何があってもあきらめず、目標を達成する人
・表現力が豊かで、聴衆を惹きつける人

など、「その要素をもちたい」でもいいと思います。

目標が決まれば、その人達がどのように考え、行動しているか調べてみましょう。

尊敬する人が身近にいれば、その方に話を聞き、普段どのように考え、振る舞っているかを聞く。
著名人、アスリートであれば、インターネットで調べ、その人達をもっと深く知りましょう。

「あなたが尊敬する人をあなたがもっと知ること」が、尊敬されるための近道になります。

・そこから得たヒントをもとに、毎日ひとつずつ実践してみる
・尊敬する人の考え方を自然に身に付けられるよう、普段から心掛ける、真似てみる

そのような地道な努力が、いつしかあなたに自信をもたらしてくれるでしょう。
その自信が、あなたに「自分は尊敬されてもよい」という許可を与えます。

●あなたがほしいものを与える(相手を敬う)

カウンセリングの現場ではよく「あなたがほしいものを、あなたから与えましょう」とお伝えします。

例えば...
相手に笑ってほしければ、こちらが先に笑うのです。
あなたがしかめっ面をしていれば、相手の表情も硬くなります。
あなたが微笑めば、相手の顔もほころびます。

優しくしてほしければ、あなたから優しくしましょう。
その優しいエネルギーに触れ、相手もあなたに優しくしてくれるでしょう。

その法則を使い、尊敬されたいのであれば、まず、あなたが相手を尊重しましょう。
相手を敬い、大切にすれば、相手もあなたに敬意を払ってくれます。

その尊敬の念の連鎖があなたに安心感や繋がり、自信をもたらします。
自信がつけば、あなたは落ち着いて行動し、相手を思えるゆとりが出てくるでしょう。そのようにゆとりと自信のあるあなたが確立されれば、いつの間にかあなたはたくさんの人に尊敬されているでしょう。
それと同時に「尊敬されなくても平気なあなた」に生まれ変わっていくでしょう。

あなたがほしいもの、是非、与えてみてくださいね。

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

土肥 幸司

自信喪失のケアから夢やビジョンの実現サポート、幸せになれるコミュニケーションを得意とし、”お客様を笑顔に”をモットーに、お客様の気持ちに寄り添った心理分析と、今できることを分かりやすく提案している。 優しい口調からか、癒し系のイメージを与えることが多く、いつも笑顔が絶えない。