心が楽しむことにチャレンジ

今年に入って、ミュージカルや映画を見たりすることが多くなりました。
と言っても、若いころを含めて、あまりコンサートや映画にに行くこともなかったので、以前と比べるとという程度なのですが・・

東京に住むようになって20年近くなりますが、最初に思ったことは、「東京って情報量が全然違う。なんでもある!」ということでした。
それは、コンサートやミュージカルなど各種様々やっているし、レストランや趣味のことをとっても、本当に多種多様、探せばなんでもありそう、と思ったものです。

その頃からコンサートとかミュージカルとかに触れてみたい、行ってみたいと思っていたのですが、なかなか実行に移せませんでした。
どんなものがあって、何を選んでいいのかもわからないし、チケット取るのもファンクラブに入ってないと取れないと聞くし、行きたいと思っても大変そう・・・。
二人暮らしの時でもそうだったのに、一人になってますます行ってみたいけどできないなあ、と感じていました。
 
昔のように電話で予約とかチケット売り場に並んでというのではなくなってきて、どうしていいのかチケットの取り方もよくもわからいし、というのを理由にして何年も過ぎていました。。
でも、本当は一人で行くのもちょっと寂しいカンジがあったし、値段もそれなりにするから、行ってみて今一つ感激しなかったらイヤだし・・とも思ってました。
何年か前に友人があるアーティストのコンサートに誘ってくれたり、また別の友人にはミュージカルに連れて行ってもらったりしたことはあるのだけど、自分でひとりで何かに行くということは出来ないでいました。

だから、行ってみたいと思うものの、そこから先にはなかなか進めなかったんですよね。
ただ、昨年、元気な私が腕を骨折という大きな出来事があり、また母の様子(認知症)を見て、今のうちに(元気なうちに)、やりたいことはやっておかないと、この先はどうなるかわからない、後悔したくない、と思うようにになってきたんです。

そうすると、たまたま私が入会しているカード会社からの案内の中にミュージカルやコンサートのご優待、みたいなものがあるのに気づいたんです。そのカードに入会してから1年近くたっていました。
これは、意識が変わると目につくものも変わってくるということで、行ってみたい(けど無理よね)から、行きたい、行くという思いになって、行くための行動に変わったからなんだと思います。

その中にあったのが、あるミュージカルだったんですけど、どんな話かも全然知らないけど、日程が合うからまあ試してみようくらいの気楽な感じで、その優待サイトからネットで申し込みをし、勝手がわからないなりになんとかチケットをコンビニで受取り、ドキドキしながら出かけました。
講演日の10日ほど前に申し込んだにしては、座席は12列の左から4番目くらいで、いい席でラッキーと思いつつ、ワクワクしながら観ていました。
その場で体感するって、肌で感じるってやっぱりいいなあ、と改めて感じ、もっとこんな体験をしたいとより思うようになりました。
心にたくさん栄養をあげたい、って感じかな。
(で、味をしめて、ちょこちょこそのサイトで申し込んでは出かけています。)

私はおひとり様なので、ひとりで申し込んではひとりで行くことが多いのですが、ひとりだと自分の行ける時に行けるということ、演目にもし(自分にとっての)ハズレがあっても、誰かを誘っていないので、気を遣わなくてすむということを感じます。
ひとりで出かけていると寂しそうに思われないかな、可哀想に思われるのかな、なんて気にしていたけれど、何度かトライするとそれほど気にならなくなってきました。
慣れもあるでしょうし、この年齢(50代後半)ですから、少し思いきれたのかもしれませんね。
(妹は家族がいるけど、最近はひとりで行ったりすることがあるらしく、同じようなことを言ってました。)
ただ、観たのもが素晴らしかったり感激した時は、それを共有する人がいないのが、ちょっと寂しいところ・・・。 

とそんな気持ちにもあり、何度かひとりで決めてひとりで行っていると誰かを誘うことも考えなくなってきて、それもどうなんだろうとふと思い、あるコンサート(Live IMAGE)ではチケットを2枚とり、誰かを誘うことにしました。
でも、誰かを誘うってけっこう勇気がいるんですよね。
コンサートのジャンルは私が勝手に決めたものだし、誰も興味を持ってくれなかったら、断られたら、と思うと怖いですもん。 
そして、ドキドキしながら(たぶんOKと言ってくれるだろう)カウンセラー仲間のみきちゃんを誘い、一緒にそのコンサートに行ってきたのです。
私にとっては生で聴けて、素敵なコンサートでもあったけど、やはり終わってから彼女と一緒にご飯を食べながら感想を話したりするのがとても楽しく、心地よい時間でした。
やっぱり誰かと一緒っていいなあと実感したのでした。

そして、つい昨日はやはり心理学仲間の友人たち数人とキャッツを観にいってきました。
ミュージカルに行くということを話していた人がいたので、そこに混ぜてもらったのですが、やはり誰かと一緒だと開演前からテンションは上がり、終わってからみんなでまたワイワイと飲みながら話をしたりして、ホント楽しかったあ。
一緒に行ける人がいるって、有難いですね。
楽しさが膨らみます。

まだまだひとりで行くことが多いだろうけど、こうやって時には誰かと行くということにもチャレンジしていきたいと思います。
私の心に響く何かに、たくさん出会っていきたいなあ。
何かおススメのコンサートやミュージカルなど情報をお持ちの方は、ぜひ教えてくださいね。
あなたの心が楽しむこと、喜ぶことををどんどん見つけて、たくさん体験されますように!

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

自己否定、自己嫌悪、疎外感、自己肯定を得意とする。「その方の心に寄り添い、一番の味方でいること(安心感)」をモットーに、わかりやすい言葉で恋愛問題や対人・自己との関係を紐解き、改善・生き易さへと導いている。  東南アジア2カ国での生活経験もあり、国や文化の違いについても造詣が深い。