恋愛について

相談者名
まぐ
わたしは恋愛に憧れがあるのですが、向き不向きがあるのか気になります。

元々、おとなしく、自分から行く方ではなかったです。
わたしをよく知る人から、「まぐちゃんは傷つく方だから、そういうのどうかな」と言われ、それもそうだなと思いました。

過去に恋愛ではないですが、人の言葉にひどく傷ついて、一年ほど引きこもった事があります。
それでも、さすがに30を超えてくると、人から、「結婚は?」と聞かれたり、急かされたりして、とても焦って、知り合いに「誰か紹介してくれないか」と、声をかけたりしました。
しかし、なかなか良い話しがないまま、そのうち気持ちも無くなりました。
(20代ならまだしも、ずっとこの歳までひとりだったから難しいのでは。むしろひとりの方が気が楽だな)と、あまり無理するのはやめようと思いました。

また、周りにも、恋人や結婚もしていない人が何人かいて、自分だけではない。今の時代がそうかもしれないとも思っています。

最後になりますが、恋愛や結婚していないと、人としての幅がない・劣ってしまうのではと、それも気になります。

長文になりましたが、よろしくお願いします。

カウンセラー
佐藤まゆみ
まぐさん、初めまして。
今回のご相談の回答をさせていただく、佐藤まゆみと申します。
どうぞ、よろしくお願いします。

まぐさんは恋愛に憧れはあるけれど、まだ恋愛と言うものを経験したことがないのですね。
ご相談の文面を拝見していると、それほど「結婚したい。」とは思っておられないように感じました。

結婚の前段階として、恋愛があるのですが、恋愛にもあまり良いイメージはなさそうですね。

恋愛や結婚をしていないと、人としての幅がない、劣ってしまうのではないかと気になっている部分について、先に結論を言っておきます。

【恋愛や結婚は、しても良いししなくても良いんです。】

自分の人生なんですもの。
ムリに周りの人に合わせて生きる必要はありません。

そのことを踏まえた上で、ご相談の内容を改めて見ていきますね。

>わたしをよく知る人から、「まぐちゃんは傷つく方だから、そういうのどうかな」と言われ、それもそうだなと思いました。

恋愛や結婚では、相手の気持ちに寄り添いながら“二人のやり方”を見いだせた時には、無上の喜びを感じられます。
そうなると幸福感満載ですね。

その一方で、誰だって傷つきたくはありませんが、二人のやり方を見出せずに悩み苦しむこともあります。
でも、その葛藤が人を成長させるんでしょうね。

どんなものにも二面性がありますが、喜びと苦しみの両方を経験することになります。
恋愛や結婚によって、人としての幅が出来るというのは、そういうことかもしれません。

まぐさんを良く知る人は、「(純粋で繊細な)まぐちゃんが傷つくと大変だから、人なんて好きにならない方が良いよ。」とおっしゃっているのでしょう。

まぐさんを思っての言葉だとは思いますが、「好き」という感情が、もし湧いてくるような人が現れた場合には、リスクを恐れず素直になって頂けたらなぁ、と思います。

>とても焦って、知り合いに「誰か紹介してくれないか」と、声をかけたりしました。

>しかし、なかなか良い話しがないまま、そのうち気持ちも無くなりました。

30歳を過ぎて、年齢=彼氏いない歴 では、まずいと思われたのですね。
焦ったのも人から急かされたからで、自分で「結婚したい。」と本気で思ったわけではありませんものね。

「パートナーを得ようとするのなら、その人物像を具体的に描いてみましょう」と、よく言われます。
そしてまだ見ぬパートナーと楽しくデートしたり、まったりと過ごしたり。
そう考えただけでワクワクしてしまうようなら、その望みは実現する可能性が高いです。

なぜなら、実現する前からあたかもそうなったかのような感覚を手に入れているのですから。
これが引き寄せの法則、と言われていることでもあります。

めぐさんはパートナーの具体的な人物像を描いてみたことがありますか?
その人と楽しく過ごしているイメージが湧いたでしょうか?
もし、そうではなかったとしたら、恋愛や結婚に対する心の準備が不十分だったかなと思います。

>(20代ならまだしも、ずっとこの歳までひとりだったから難しいのでは。
>むしろひとりの方が気が楽だな)と、あまり無理するのはやめようと思いました。

はい、無理をするのはやめて良いですよ。

>周りにも、恋人や結婚もしていない人が何人かいて、自分だけではない。
>今の時代がそうかもしれないとも思っています。

その点は良い時代になりました。
好きでもない人と世間体の為に、無理やり結婚することはありません。

最初にお伝えした結論をもう一度言いますが、恋愛や結婚は、しても良いししなくても良いんです。

ただ、人生はどこでどんなことがあるか分かりません。
恋愛や結婚の辛さ苦しさに怯えて遠ざけるだけでなく、機会があれば無上の喜びや幸福感も味わっていただきたいものです。

だから、どうぞ心の準備だけはしておいてくださいね。

今回は、ご相談くださってありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

佐藤 まゆみ

1957年生まれのシニア世代。 自身の豊富な人生経験を生かした、自分らしく生きていくためのサポートが好評を得る。 得意ジャンルは、対人関係・自己啓発・恋愛。 “何かを始めるのに遅すぎることはない”の言葉通り、いくつになっても新しい人生を切り開いていけることを、身をもって実践している。