必要とされたい

相談者名
きみえ
仕事でもプライベートでも私っていう人間は必要とされていません。

必要とされてる他の人たちをみて羨ましがりひがんで余計卑屈になって自分がどんどん惨めになっていくばかりです。

必要とされたくて努力してみても拒否されるのが怖くてびくびくしてしまいます。

人から必要とされない私は価値がない、
生きてる心地がしない。

リストカットで痛みを感じることが唯一生きてる実感をくれる気がします。

ストレスで過食気味です。

どこにいっても居場所なんてないです。

孤独ですから。

さみしいんです。

カウンセラー
小島佳織
きみえさん、こんにちは。
今回、回答を担当させて頂くことになりました小島佳織です。
どうぞよろしくお願いします。

きみえさんはご自身が必要とされていない人間だって感じていらっしゃるんですね。そんな風に感じると、すごく孤独でさみしい気持ちになりますよね。

でも、必要とされてない、って感じると言うことは、逆に言えば「必要とされたい!」とか「誰かの役に立ちたい!」って心から思っていらっしゃるということではないでしょうか?
必要とされたい、っていう気持ちがあるからこそ、そう感じられないことが辛くて苦しいんです。

今は必要とされているって感じられないかもしれないけれど、そんな風に「必要とされたい」とか「役に立ちたい」っていう想いを持てることは、とっても素晴らしいことではないでしょうか。
きっと、きみえさんは誰かの為に頑張ることを生き甲斐にできる優しい心の持ち主なんだな、って私は思います。

人は自分の為に何かをするよりも、愛する人の為に、とか、誰かの笑顔の為に、っていう方がより頑張れたりするものです。
特に「与えたい!」という気持ちが強い人には、そういうモチベーションが必要だったりします。誰かの役に立っているな、必要とされているな、っていう感覚を感じることで、イキイキと生きられる…そんな感じです。
きみえさんも、そういうタイプの人なのかもしれません。そして、そうだとしたら尚更、今の「必要とされていない」感じはしんどいと思います。

きみえさんには好きな人や大事な人はいますか?
もしいるなら、まずはその人の為に何かをしてあげてはいかがでしょうか。
「何かお手伝いできることある?」とか、「あなたの力になりたい。」って言ってみても良いかもしれません。
親しくて言いやすい人、この人なら大丈夫かも、ってきみえさんが思えるような人から、まずはチャレンジしてみるのも良いと思います。

そして、自分の影響力を感じてください。
例えば、誰かに「ありがとう。」って言われたら、それはきみえさんがその人の役に立てた、その人に影響を与えたってことなんです。

きみえさんは、人に拒否されるのが怖くてびくびくしてしまう、とも書いてくださっていますね。
拒否されるのが怖いっていう気持ちが強いときは、自分から声をかける勇気が出ないかもしれません。
でも、ちょっと考えてみて欲しいんです。

例えば「何かお手伝いできることある?」って聞いたけれど、「必要ないです。」って言われたとしましょう。
もしかしたら、きみえさんはそこで拒否された、って感じがするかもしれませんか、本当に拒否されたって感じる必要があるのでしょうか?…というのも、相手にも事情があると思うからなんです。

例えば、相手がすごーく忙しそうにしていたとします。忙しすぎて、いっぱいいっぱいになっている時って、目の前のことしか見えずに人が手を差し伸べてくれても目に入らなかったり、イライラしていて優しさを受け取れなかったりしませんか?
もし、相手がそういう状態で断ったとしたら、「そっか。忙しすぎて今は考えられないのかもしれないな。もう少し落ち着いた頃にまた声をかけてみようかな。」って考えるといいかもしれません。

自分に自信がないときには、自分に意識が向いてしまいがちです。「私に問題があるから、拒否された。」って感じて傷つきやすくなってしまうのです。でも、相手の事情を考えることで、違った視点で物事を見ることができるようになります。
そんな相手の事情を考えてあげられる視点が持てたり、客観的に物事を見れるようになると、拒否された感じがしにくくなったり、傷つきにくくなっていくと思いますよ。

お手伝いしたい、役に立ちたい、っていう気持ちを受け取ってくれなかったとしても、きみえさんの「お手伝いしてあげたいな」っていう気持ちは相手の心をちょっとだけ温かくするかもしれません。

きみえさんの居場所はあります。
そして、きみえさんを必要としてくれる人も、この広い世の中には必ずいます。

今は必要とされている実感が持てないかもしれません。
でも、自分の影響力を感じられた時、そして、自分の影響力を受け取っていけた時、きみえさんの世界はどんどん広がっていくと思います。その時、今よりももっと広い世界の中で、居場所も必要としてくれている人もきっと見つかると思います。

もしも、勇気が出ないなぁ、とか、チャレンジしても上手くいかないな、って感じている時には私たちカウンセラーを頼ってみてくださいね。喜んでお手伝いさせて頂きたいと思います。

勇気を出してご相談くださって、どうもありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。