距離をおいた先にあるもの・・

相談者名
もも
私は31歳です。
最近このサイトを知り少しずつ読んでいます。
先月付き合って4ケ月になる彼(36歳)から「距離をおきたい」とメールがありました。
前日まで普通にメールをしており突然の事でした。
「別れるとか嫌いになった訳ではないので誤解しないでほしい。
今の気持ちのままでは最悪な関係になると思うから、短くて一週間長くて今月中悩んで気持ちを整理して解決したいから理解してほしい。
勝手なのはわかっているけど2人でずっと一緒にいたいから今が悩むには一番いい時だと思う。
待っていてほしいとは言わないから気になる人ができたら身を引くので教えてほしい。
良い報告ができるようにするから信じていてほしい」というものです。
彼を見守るしかないと思い解決するまでメールしない事と信じて報告を待つとメールしました。
距離をおいてみて色々と考える事ができ私にとっても必要な時間だった思います。
会うのは週1でメールは毎日のようにしていました。
メールが毎日だと負担にならないか聞いたことがあるのですが、したいからやると言っていたので安心していました。
小さな事だけどそういった事が当たり前になり彼に負担をかけてしまっていたのかも。
好きなだけに不安で辛い時もありましたが、期日が過ぎても何の連絡もないので返事がない事が彼の答えだと思っていました。
そしたら一昨日彼からメールが。
「いつまでも待たせていては申し訳ないから凄く悩んで結論だしたので、伝える手段はメールがいいか会う方がいいか方法を教えてほしい」と。
私は会って話を聞くと返事をし今週末会うと思います。
嫌いとか別れるではないと言っていたけど、文章から別れる方向へいくのかと感じています。
でもどうして私に方法を選ばせるのか回りくどいような気もしています。
彼自身どうしたかったのか決めてほしかった。
状況的には待ちだけど気持的には結論を催促しようとは思っていなかったので待たされたとは思っていないし、自分にできることは見守ることと起きている現実を受け入れることだと。
私はすぐ相手の言葉を信じてしまいどうも長続きしません。
友人には言葉を信じるのではなく行動を信じる!言葉だけなら誰でも言える事だからと言われます。
彼の言葉を信じて付き合ったけどダメになる不安、その反面失恋を恐れずに教訓にして前向きに恋愛をと思ったり・・気持ちがモヤモヤしています。
カウンセラー
中村季代乃
ももさん
こんにちは、今回担当させていただきます中村季代乃です。
よろしくお願いいたします。

今、ももさんがとても不安でいっぱいという気持ちがとても伝わってきまし
た。
彼とお付き合いし始めて3ヶ月経った頃に距離を置きたいとの連絡は本当に
不安な事だと思います。
しかし、ももさんはその不安を感じながらも彼をずっと見守ってこられたこ
とはとても素晴らしいことだと感じました。
彼を信頼して待つ。
これは、彼への想いや愛情があってできる事ではないでしょうか。

メールを拝読し、今ももさんにちょっとした勇気をもっていただきたいな、
と感じております。
彼から伝えられる言葉をしっかりと受け止めて欲しいな、という事です。
彼も1ヶ月程じっくりと考えて出した答えをももさんに伝えられるかと思い
ます。
まずは彼から伝えられる言葉をしっかりと受け止めてくださいね。
そして、そこから感じる彼の気持ちをいっぱい感じてみてくださいね。
彼と会うまでとても不安な毎日を送っていらっしゃったかと思います。
何故、ずっと連絡してくれなかったのかという強い怒りに近い感覚を持って
いらっしゃるかもしれません。
しかし、その感覚を持つほどにとてもももさんも辛い思い、寂しい思い、そ
してももさんご自身がとても彼に負担をかける行動をいっぱいしてしまった
かもしれないという自身を責める気持ちでいっぱいな状態かもしれません。

もし、彼と会うまで少し時間がありましたら、ももさんが今感じていらっし
ゃる気持ち、感覚、感情って何?という所を見つめてみてもいいかもしれま
せん。
そして、見つめなおした後に彼に会ってお話をされると、今までと違った彼
の色々な側面を見つめる事ができるのではないかと感じております。
しかし、1人でももさん自身の気持ちを見つめなおすというのが難しいな、
もっと自分自身の今の気持ちや状態をしっかりと見てみたいなと思われた時
はカウンセリングを利用されるのも一つの手だと思います。
そこから、彼についての気持ち、ももさんがずっともっていらっしゃった気
持ちがわかるかも知れません。

彼を思う気持ちの強いももさんにならこの今彼との距離を置いた先にあるそ
の答えからもっと素敵なももさんを手に入れる事が可能かと思います。
今はとても辛い状況だと思いますが、決して1人だと思わないでくださいね。
苦しいとき辛いなと感じられた時、よろしければその気持ちが少しでも軽く
なるお手伝いをさせていただければと強く感じております。

この度はご相談いただきましてありがとうございました。

中村季代乃

この記事を書いたカウンセラー

About Author

恋愛や仕事などの人間関係を始め、キャリアアップなどのやりたいことを実現するサポートまで幅広いジャンルを扱う。 特に失恋に対するカウンセリングを得意としお客様より好評を得ている。 また自身の両親が障害者であり、家族の介護経験から、心身のハンデキャップに関するサポートも行っている。