恋はやがて冷めるもの?~恋する気持ちも成長する~

「彼(彼女)のことを思うと胸が苦しくて眠れないくらい」。

恋をすると私たちの心や体には大きな変化が訪れます。相手のことがいつも頭から離れない、あふれる気持ちを抑えられない、ということも多いでしょう。
こうした気持ちの高まりは恋愛の大きなモチベーションのひとつとなりますが、こうしたエモーションは時として不安の原因となることもあります。彼(彼女)の方が恋愛に対してクール、私ばかりが好きなんじゃないか?と寂しさを感じることもあるかもしれません。

また、冷めない恋はない、と言いますが、どんなに熱く燃え上がった二人の関係にもやがて変化の時が訪れるものです。恋もいつか冷めてしまう、そんな風に考えると何だか淋しい気持ちになってしまいますが、もしかしたらそんな時こそ「新しいパートナーシップの入り口に立っている」と言ったら、あなたは信じられるでしょうか?

恋愛初期の甘い季節の後に訪れる灰色の季節。くじけそうな気持ちの変化を見つめながら、新しい二人の関係を築いていく、そんなチャンスが重苦しい倦怠期の二人の前には開けているのかもしれません。

◎リクエストを頂きました◎
===================================
もう長い間付き合っているのに、好きな人に対して切なくて胸が締め付けられ涙が出てくるのはどうしてなのでしょう?

誰かが好きで好きでたまらないとう気持ちはそう長くは続かないものだと聞きます。そういう状態が長く続くと疲れてしまうので、ホルモンがそうさせるそうです。

ところが私は1年以上も好きで好きでたまらないという胸キュン状態が続いています。私はおかしいのでしょうか?

ちなみに相手の男性も私をとても愛してくれているのですが胸がキュンと痛くなることはないと言います。

本当に男性はそうならないのでしょうか?
===================================

●恋する気持ち

恋をすると、私たちの心や体には大きな変化が起こります。心臓がドキドキして顔が真っ赤になったり、胸がしめつけられて苦しくなったり。好きな人のことを想うだけで夜も眠れなくなって理由もなく涙がでたり。特に、恋愛初期の気持ちの動きは自分でもコントロールできないくらい。

それは男女問わず誰にでも起こりうることで、決して特別なことではありませんが、一般的に男性と比べ女性の方が恋愛における気持ちの動きは大きいようです。男性の場合、感情へのアクセスが女性と比べ鈍感になっていることが多く、それは恋愛に限ったことではないのですが、そのために起こるエモーションのギャップに、不安が募ることもあるのではないでしょうか。

今回リクエストいただいたように、好きな気持ちが1年以上も継続している、というのはとても素敵なことのように思いますが、彼を思って胸が痛い、という状況がずっと続くのはやはり苦しいものです。「誰かが好きで好きでたまらないとう気持ちはそう長くは続かないものだと聞きます。」と言われるように私たちの気持ちも少しづつ変化していくもの。

冷めない恋はない、と言いますがあんなに燃え上がった恋もいつか冷めてしまう、そんな風に考えると何だか淋しい気持ちになってしまいます。私たちの気持ちはどうして変わっていくのでしょう?恋は本当に冷めていくものなのでしょうか?

●気持ちも成長する

「彼(彼女)のことが好きで好きでたまらない!」、そんな恋愛初期の甘い季節のことをロマンスの時期と呼びます。この頃はパートナーのすべてを肯定的に受け止めることができ、まさにベストパートナー、運命の人のように感じてしまうこともあるでしょう。ところがそんなロマンスもやがて過ぎ行き、相手の嫌なところが目立ってきたり、考え方・感じ方などお互いに自分のやり方と相手のやり方の違いが気になってケンカが多くなってくる時期がやってきます。一般的に倦怠期と呼ばれることもある時期なのですが、甘いロマンスの時期を過ごしたあとだけにパートナーへの不満や失望を強く感じてしまいます。

こうした気持ちの変化は、程度の差はあっても、ほとんどのカップルが経験するもので、時にお別れを決断してしまうことも。

でも、こうした気持ちの変化を「恋が冷めた」と捉えるか、二人の関係性が成長している、と捉えるかでその後のパートナーシップは大きく変わっきます。なぜなら、パートナーシップの重要な局面となる倦怠期は実はロマンスというフィルターが外れ、お互いが素顔で向き合い始める時期といえるからです。

●親密感を味わおう

フィルターが外れて素顔で向き合い始めると、それまでは見えなかった相手の欠点が見えてくるもの。逆から見れば隠していた自分の嫌な所も相手に見られているような気持ちになって、パートナーとの距離をとりたくなることもあります。でも、そんな時こそ、勇気をもってお互いの欠点を見せ合うチャンス。

「切なくて胸が締め付けられ涙が出てくる」パートナーを想う気持ちが変わらない、というのは素敵なこと。でも、切なくて胸が締め付けられる原因がもしも、不安や淋しさによるものだとしたら、もしかしたら今、二人の間に充分な親密感を感じることができていないのかもしれません。そんな時は、パートナーとの間で共有できていない気持ち、言えない言葉、隠しておきたい何かがないかチェックしてみましょう。

隠していた気持ちを見せ合い、理解し、補い合うことでパートナーシップは成長していくもの。その先には恋愛初期のロマンスを超える甘い季節、深い安心感と親密感を感じられる新しいパートナーシップが待っているのではないでしょうか。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。