タイムカプセルに詰まった想い

こんにちは、服部希美です。
このコラムが掲載されるのは1月の半ばになるのですが、
実は、私がこのコラムを書いているのは、2015年の年末。
しかも、あと数日で2015年が終わろうとしています。
普段から、こういったコラムの締め切りは、
掲載される日よりも少し前だったりするのですが
同じ日数でも「年をまたぐ」というだけで
なんだか、すご~く先の未来に向けて書いているように感じてしまうのは、私だけでしょうか??
* * * *
未来に向けて、といえば。
みなさんは「タイムカプセル」を埋めたことってありますか?
思い出の品物や宝物、未来の私へ向けた手紙などを集めて、
ケースに入れて土中に埋める、あの「タイムカプセル」です。
実は私、中学生のころ、
「タイムカプセル」を埋めたことがあるんですね。
そのきっかけは、中学校の卒業のときに、
クラスごとにタイムカプセルを作り、成人式で開封しよう☆という
企画が持ち上がったから、なのですが
埋めた場所を覚え間違えたのか、
はたまた、誰かが掘り返してしまったのか
いくら探しても、タイムカプセルは見つからず、いまでも行方不明のまま、という
それはそれで、いい思い出のひとつになっているんですよね。
ちなみに、私はタイムカプセルに
未来のお友だちにあてた手紙、
絵が上手だったお友達のイラスト(当時の私の宝物!)を入れた記憶があるのですが、
みなさんだったら、どんなものをタイムカプセルに埋めたいですか?
あなたが未来に届けたいものって、なんでしょう?

「未来に届けたいもの」というのは、
あなたが「いま」とっても大切だと思っているもの、
じゃないかな?って、私は思うんですね。
現に、当時の私にとって「お友達」は、とても大切な存在でした。
小・中学生の頃の私は「いじめられっ子」だった上、
家族ともうまくいかなくて、しんどかった時期で、
そんな私にとって「お友だち」は、自分を支えてくれる、拠り所のような存在だったんです。
だからこそ、当時の私は、
未来のお友達に宛てて、お手紙を書いたんだと思うんですよね。
どんなことをお手紙に書いたのかは、さっぱり覚えていませんし^^;
実際のところ、タイムカプセルが行方不明になったので、
お手紙自体は、お友だちに届かなかったのですが・・
成人式の時期になるたびに、タイムカプセルのことを思い出し
当時の思い出や、感謝の気持ちや・・
大切なものを思い出させてくれるんですよね。
タイムカプセルを埋めてから20年あまりが経っているのに、
いまだに私に、ギフトを与え続けてくれています。
* 
実際に、タイムカプセルを埋めるまでしなくても。
「私が、タイムカプセルに入れたいものって何だろう?」
って、思いを巡らせてみると、
あなたの「宝物」が、見つかるかもしれませんよ~。
良かったら、みなさんも考えてみてくださいね♪
そしてもし、宝物を見つけることが出来たなら。
「いま」大切にしていただけたらなぁと思います。
服部希美のプロフィールへ>>>

この記事を書いたカウンセラー

About Author

服部 希美

恋愛、対人関係の改善、自分が本当に望んでいる人生へのシフトチェンジへのサポートを得意とする。 特に「さびしさを笑顔に変えるカウンセリング」をテーマに掲げ、30代女性の生き方、恋愛・婚活サポートを精力的に行っている。 高い共感力を活かした「共に考え、併走する」カウンセリングスタイルが好評。