『2020年度K-1グランプリ(講演者No.1)』受賞者決定のお知らせ

神戸メンタルサービスの平です。
『2020年度K-1グランプリ(講演者No.1)』が決定いたしましたので、お知らせいたします。

K-1グランプリとは、東京・大阪・名古屋・福岡で開催しているカウンセラーズ・フェスタや感謝祭で講演等を行ったカウンセラーの中から優秀者を選出するものです。その選考は、来場者に記入していただくアンケートの得点をもとに行います。

グランプリに輝いたカウンセラーは、表彰するとともに、臨時講師として、神戸メンタルサービスの講座を数回、担当していただくこととなります。

第1回のグランプリを獲得した大門や、2010・2011年度グランプリのみずがき、2012年の大野のように、今後、レギュラーの講師となっていただく場合もあるかもしれません。つまり、このK-1グランプリは、講師への登竜門と考えていただいてもよいでしょう。

なお、2021年度からK-1グランプリは各地域での開催は取りやめ、春と秋の2回、オンラインにて全国版として開催することとなりました。予選を勝ち抜いた講演者が決勝で直接対決し、グランプリを競うというダイナミックな展開に変わります。

では、地域別の最後となる2020年度の優秀者を発表します。

◆東京
グランプリ :沼田みえ子
準グランプリ:森川陽介

沼田みえ子カウンセラーは、2月フェスタ2位、5月フェスタ2位、8月フェスタ1位、12月感謝祭7位。森川陽介カウンセラーは、2月フェスタ3位、5月フェスタ1位、8月フェスタ2位、12月感謝祭6位。ポイントで見ると、二人が同点という素晴らしい戦いが繰り広げられました。今回は3回のフェスタ合計が上位にあった沼田をグランプリとしています。なお、中村陽子カウンセラーは、2月フェスタ5位、5月フェスタ4位、8月フェスタ3位、12月感謝祭3位と講演を経験するたびに順位を上げました。来年度に大いに期待したいと思います。

 

◆大阪
グランプリ :三好成子
準グランプリ:那賀まき

グランプリを獲った三好成子カウンセラーは、2月フェスタ2位、4月感謝祭4位、7月フェスタ1位、10月フェスタ1位と年間を通して安定した実力を発揮しました。準グランプリの那賀まきカウンセラーも、2月フェスタ1位、4月感謝祭5位、7月フェスタ2位、10月フェスタ6位と高得点を獲得しています。ちなみに、小川のり子カウンセラーも、4月感謝祭3位、7月フェスタ3位と活躍しましたが、2月・10月フェスタに参加しなかったため、今回は残念ながら選外となっています。

 

◆名古屋
グランプリ :服部希美
準グランプリ:高見綾

服部希美カウンセラーが、4月フェスタ1位、9月感謝祭4位、11月フェスタ2位と高得点を獲得し、グランプリに輝きました。一方、準グランプリは、高見綾カウンセラーと池尾千里カウンセラーの拮抗した戦いとなりました。4月フェスタは、高見が2位、池尾が3位。9月感謝祭は高見が7位、池尾が5位。11月のフェスタは高見が3位、池尾が4位。ポイントでは同点となりましたが、直接対決で3戦2勝となった高見が準グランプリを獲得しています。

 

◆福岡
グランプリ :桑野量
*準グランプリは設定なし

福岡は講演が感謝祭・フェスタの2回しかないため、双方に参加した桑野量カウンセラー、北原さゆりカウンセラー、宮本恵カウンセラー3人の戦いとなりました。その結果、3月感謝祭で5位、8月フェスタで2位にランクインした桑野がトップの座に輝いています。なお、参加は1回ずつとなりましたが、ながのひろみカウンセラー、大谷常緑カウンセラーは、参加した感謝祭・フェスタでそれぞれ2位・3位という高順位を獲得。ベテランの実力を讃えたいと思います。

以上

 

■過去の受賞者一覧 ※名前の後に(準)とあるものは、準グランプリ

 

関東
関西
グランプリ
準グランプリ
グランプリ
準グランプリ
2008年
村本明嬉子
渡辺晴美
小川のりこ
木村祥典
2009年
斉藤亜紀
(該当者なし)
伊藤歌奈子
2010年
赤松 わこ
永瀬玲子
関東
関西
名古屋
福岡
2011年
安東秀海
2012年
鶴園みあ
該当者なし
2013年

三島桃子

鶴園みあ(準)

2014年
安東秀海
やなぎあこ(準)
鶴園みあ
グランプリ:該当者なし
小倉健太郎(準)
2015年
堀池典代
那賀まき(準)
安田未稀
準グランプリ:該当者なし

2016年

土肥幸司
大塚統子(準)
野村香英(準)

池尾千里
準グランプリ:該当者なし

2017年

大塚統子
野村香英(準)
森川陽介(準)

服部希美
吉田ちか(準)

2018年

2019年