お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.610-4 罪悪感の話(4)〜何かしてあげたい人の罪悪感〜
講師:原裕輝
『何もしてあげれてないな』とか『助けれていないなぁ』という罪悪感を感じがちな方って優しい人が多いんですね。優しいからこそ何かしてあげたいし、助けてあげたいと思うんですね。その何かしてあげたいとか、助けてあげたいと自分が思ってる気持ちをほど、現状が良くなっていないことに罪悪感を感じるんですね。何かしてあげたいと思えることが素晴らしいだけであって、何もしてあげれていないと自分を責め無くともいいのです。
Keywords
罪悪感 何もしてあげれてない罪悪感 承認 自分への許し 何かしてあげたい

●何もしてあげれてないという罪悪感

『何もしてあげれてないな』とか『助けれていないなぁ』という罪悪感を感じがちな方とお話をさせてもらうことがあります。

例え話を使って説明をさせていただきますね。
実家のお父さんが頑固者で、その頑固ぶりにお母さんも実家に住む兄弟もうんざりしており家では浮いている存在になっているご家庭を持っているとします。

『お父さん浮いてるなぁ・・・孤独だな』と思うので実家に帰省する度にお父さんに関わり「お父さんのほうからお母さんに歩みよってみなよ」と進めたりするのですが、頑固なお父さんは全く態度を改めようとせず、実家で浮いてる存在であり孤独な状態は微動だに変わらないままだとします。

そして実家から自分の家に帰ってから思うんです『何もしてあげれてないな』とか『助けれていないなぁ』と。

そんな罪悪感が蓄積していくと、罪悪感を感じる対象に(この例え話でいうとお父さんに)関わるのがしんどくなってくるんです。

その理由は、関わると罪悪感を感じてしまうからなんです。
そして関わるのがしんどくなっていくと実家に足を運びづらくなってしまったりします。

●何もしてあげれてないと思う人は何かしてあげたい人

『何もしてあげれてないな』とか『助けれていないなぁ』という罪悪感を感じがちな方って優しい人が多いんですね。

優しいからこそ何かしてあげたいし、助けてあげたいと思うんですね。
その何かしてあげたいとか、助けてあげたいと自分が思ってる気持ちをほど、現状が良くなっていないことに罪悪感を感じるんですね。

何かしてあげたいし、助けてあげたいという優しい気持ちがなければ、『何もしてあげれてないな』とか『助けれていないなぁ』とかも感じないんです。

相手のために、そんな気持ちを持てるということは美しいことと思うんです。
そんな優しい気持ちを持っていることだけでもすばらしいことだと思うんです。

罪悪感を感じることを無くしていく為に、まずは相手のことを思っている美しい気持ち、優しい気持ちを持っているすばらしさへの気づきを深めて自分を承認していくことをしてもらいたいなぁと思います。
それが罪悪感を無くしていく一歩になっていきますから。

例えば、お母さんも実家に住む兄弟もうんざりしており家では浮いている存在になって孤独になっている頑固なお父さんの話を例え話でいうと、お父さんの為に『何もしてあげれてないな』と思ってしまうほど何かしてあげたいと思ってくれる人がいるというのは、お父さんの人生は本当に孤独にはなっていないと言えます。

このようにお父さんのことを思ってくれる人がいる人生と、いない人生では孤独度は違ってくるでしょう。

『家では浮いている存在かもしれないけど自分が相手のことを思う気持ちを持っているだけでもお父さんの孤独度やは違うのかもしれないなぁ・・・』というふうに相手のことを思っていることを承認できるポイントを見つけてみるんです。
自分で見つけにくい時は人のサポートを借りるといいと思います。

そして、『自分がしてあげたいほど状況を変わってないかもしないけど、何かしてあげたいと思っただけでもすばらしいことだ。自分なりに関わったことは意味があるんだ』と自分を承認してあげるんですね。

そして、そんな愛なる気持ちをもったことが素晴らしいのであって、罪悪感は持たなくていいんだと自分に許しを与えてあげましょう。

しかし『何かしてあげたいと思っただけで、何も変わってないよな・・・・』とエゴはあらゆる角度から自分も責める理由を見つけ出してくるかもしれません。
何度も何かしてあげたいという愛なる気持ちをもった自分はすばらいんだ!とご自身を承認して、罪悪感は持たなくていいんだと自分に許しを与えてあげてください。

そう何度も思っていくと罪悪感が少なくなっていき心が軽くなっていきます。

罪悪感を無くしていくと相手に関わりやすくなっていきます。
すると実際に何かしてあげれれる可能性も高くなっていくことでしょう。

愛なる気持ちを持ったご自身を承認してあげ、そして罪悪感は持たなくていいんだと自分に許しを与えてあげくださいね。

(完)



関連する講座へのリンク集

4.罪悪感の心理学1〜罪悪感とは?〜
83.あなたと彼を遠ざける罪悪感の心理〜対人関係に壁を作る罪悪感の心理〜
104.罪悪感の心理学2〜その影響力と許しへの第一歩〜
142.罪悪感の心理学3〜"自分は毒である"という観念〜
190.罪悪感の心理学5〜誰かのせいにしてしまうのは何故?〜
313.自己攻撃の心理学〜罪悪感と無価値感の<罠>〜
338-1.罪悪感が作り出す罠(1)〜罪悪感の特質と感情の抑圧〜
338-2.罪悪感が作り出す罠(2)〜“責められる・責める”が増える〜
338-3.罪悪感が作り出す罠(3)〜人との間に距離ができる〜
338-4.罪悪感が作り出す罠(4)〜罪悪感が問題を作り出す目的〜
354.罪悪感からの避難所!?〜開き直りの心理〜
554-1.罪悪感が作る問題(1)〜罪悪感とコントロール〜
554-2.罪悪感が作る問題(2)〜罪悪感と攻撃される恐れ〜
554-3.罪悪感が作る問題(3)〜罪悪感とファイティングポーズ〜
554-4.罪悪感が作る問題(4)〜罪悪感と伝染する苦しさ〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール