怒りん坊な彼女

そして彼女は号泣し、長年の戦いを終えた

こんにちは 平です。

心理学を学びはじめたころ、私がいちばんびっくりした心の法則は、「人は傷つき、死ぬことよりも、救われ、幸せになることを恐れている」というものでした。

「んなわけないだろう‥‥」とこれを読んでいるみなさんはお思いでしょうし、最初は私もそう思いました。

しかし、多数のカウンセリングを行っていく中で、「たしかに、これは偉大な法則だなぁ」と確信するに至った次第です。

さて、その日、ご相談にみえた彼女の父親は、とても恐い人だったそうです。

言葉は少ないのですが、一度口を開くと迫力があり、体が大きく、声も大きい。だから、たまに怒ったり、怒鳴ったりすると、それは恐くて、彼女はいつも父親の前ではビクビクと生きていたらしいのです。

そんなふうに育ったので、彼女は男性に怒られたり、大声でなにかを言われたりすることをとても恐がります。

で、やさしいタイプの男性とおつきあいをするのですが、こんどはその彼にイライラしてしまい、自分のほうが口うるさくなったり、怒りっぽくなったりしがちです。

そして、彼に「きみは怒ってばかりだ‥‥」などと言われると、ものすごく自己嫌悪し、「もう、ダメだ‥‥」と自分から関係を終わらせてしまうことの繰り返し。

彼女はあの怒りん坊の父親の呪いが自分にはかかっていると思っていて、「私はこの血を呪います」などとまるでホラー映画のようなことを私におっしゃいます。

ま、ひとことで言えば、彼女は怒りん坊であるわけです。で、そのすべては、怒りん坊な父親のせいだと決めつけているのですね。

じつは、このあたりまではよくある話なので、カウンセリングではさらに詳しくおとうさんのことを聞いてみました。

それによれば、彼女のご両親の夫婦仲はとてもよく、父親と弟の関係も良好とか。

「ということは、おとうさんはきみにばかり怒るの?」

こう聞いてみると、彼女が小学校の低学年のころから、父と娘の会話はほとんどなかったとのこと。

「じゃあ、それ以前はどうだったの?」

「うーん、あまり憶えてないです‥‥」

こんなときはほとんどの場合、思い出したくない記憶があるものです。

「小さいときの写真は、おとうさんと一緒に写っているのがいっぱいあるでしょ?」

「なぜそれを‥‥?」

そう、彼女はパパッ子だったのです。けっこうわがままな。

そして、あるとき、なにかおいたをして、パパに怒られたのでしょう。

そのとき、彼女は思ったのです。

「この私を怒るなんて、許さない! パパがいちばん嫌がることをして、復讐してやる!」

その復讐というのが‥‥

「パパのことなんて、無視しちゃうもんね! どう、こんなにかわいい私に無視されて、かわいがることができないなんでつらいでしょ!」

つまり、それは彼女にとっては父親とのケンカであり、「無関心を装う」という父親がいちばんダメージを受ける方法をとったようなのです。

彼女は「父親がよく怒る」と解釈していますが、ほんとうは怒りん坊なのは彼女自身で、昔、父親に叱られて以来、ずーっと父親のことを怒っていたのです。

それを正当化する理由として、「父親はいつも怒っている」と言っているんですね。

心理学では、これを“投影”といいます。私たちは、自分がしていることを使って、人を責めてしまうことがしばしばあるのです。

彼女の父親はちょうど数カ月前に亡くなったのですが、最後までお嬢さんのことを心配されていたそうです。

私は彼女にちょっとしたイメージワークをしてもらいながら、こんな話をしました。

「あなたという存在が、どれほどおとうさんに感謝され、愛されてきたことか‥‥。

あなたはそれを拒絶するために、“おとうさんは怒りん坊、そのせいで、私も怒りん坊”という考え方を使ってきたのですよ。

きょうは何十年ぶりに父と娘の間の閉ざされた扉を開けて、パパと楽しく遊んでいたころの笑顔ある二人の世界に戻っていきましょう」

そして、彼女は号泣し、長年の戦いを終えたのです。

では、来週の『恋愛心理学』もお楽しみに!!

この記事を書いたカウンセラー

About Author

平 準司

神戸メンタルサービス/カウンセリングサービス代表。 恋愛、ビジネス、家族、人生で起こるありとあらゆる問題に心理学を応用し問題を解決に導く。年間60回以上のグループ・セラピーと、約4万件の個人カウンセリングを行う実践派。 100名規模のグループワークをリードできる数少ない日本人のセラピストの1人。