自分に素っ気ない人にばかり、ココロが惹かれてしまう ~あなたはあなたのことが好きですか?~

自分に素っ気ない人に、なぜかココロを奪われてしまう。そんなことってありませんか?
誰もが自分を愛し、大切にしてくれる人と一緒になれば、穏やかな気持ちを感じることができるでしょう。でも、その様に自分を大切にしてくれる人を選ばずに、どこか自分に冷たくする人に魅力を感じる。人のココロは不思議だなと思います。
今回の心理学講座では、どうしてそのような人にココロが惹かれるのか?
「親密感への怖れ」や「自己嫌悪」「罪悪感」に焦点を当てながら解説させて頂きます。

◎リクエストを頂きました◎
=======================================
私は私のことを認めてくれない人に魅力を感じるのです。メールの返信が素っ気なかったり、私の気持ちを分かってくれない、私にあまり関心がない人に妙に惹かれてしまうのです。
私に対して本当に誠実で好いてくれ、大事にしてくれる人とは一歩距離を置いてしまいます。
どうして、私はこうなのでしょうか?こんな状態から脱却するためのカギは何でしょうか?
(一部、頂いた内容を編集させて頂きました)
=======================================

●人の気持ちは複雑
私達は異性に大切にされていると感じられた時、安心でき、勇気が湧いてきます。私は大切にされてもいい存在なんだと思えてきます。

ましてや、互いが思い合っていることが分かり、お付き合いを始めるなんてことになったら至福のときを迎えるでしょう。

でも、相談者の方のように自分に想いを寄せ、大切にしてくれる人にはココロが惹かれず、自分に冷たい、なかなか振り向いてくれない相手ほど、気になるという方は多いのです。

本来であれば、あなたを大切にしてくれる人とお付き合いをすれば、穏やかな日々を送れるでしょう。
でも、そのような人には興味が湧かず、どこか難しい人に気持ちが奪われる。

人のココロというのは不思議なものですね。

では、どうしてあなたに冷たくする人に気持ちが惹かれるのでしょうか?

●親密感への怖れ

こんなことって、ありませんか?

誰かから、褒めてもらうと嬉しい反面・・・
「私(僕)はあなたが思っているほど、魅力的ではない」
「この人、私のことを勘違いしている。私は、そんなに素晴らしい人間ではないのに」

「そんなに私のことを素敵って言うなんて、この人、私をダマそうとしているのかな。何か、怪しい。ダマされないようにしなきゃ」

そうやって、疑ってしまったり、相手の好意を受け取れない。

認めてもらえばもらうほど、心が落ち着かなくなってしまうことってないでしょうか?

そのような方が誰かから好意を持たれても、嬉しいどころか、逆に疑いや怖さを感じてしまうようなのです。

●あなたを拒否しているのはあなた自身

では、なぜ、疑いや怖さを感じてしまうのでしょうか?

それは、あなたがあなた自身を疑っているからなんです。

あなたの価値やあなたに魅力があるということを、あなた自身が信じられていないからなんです。

「私には魅力がない」
「男性として(女性として)自信がない」
「誰も私を好きになってくれる筈がない」
「私には異性と向き合う覚悟なんてない」

「私は冷たくされて当たり前の人なんだ」

そのように自分を否定している分だけ、相手がいくら褒めてくれても信じられず、何か魂胆があるのだろうと疑い、怖くなってしまうのです。

私達は、好意をもった相手にフラれたり、冷たくされるとその相手に拒否されたように感じますよね。
でも、心理学的に見ていくと、その状況というのは、あなたをフった相手を使って、あなたがあなた自身を拒否・否定しているのです。

その人達を使って、あなたがあなた自身に冷たくしているんですよね(><)

誰が一番、あなたを拒否しているのかというと、それは、あなた自身なんですよね。

ここで、質問です。
「あなたは、あなたのことが好きですか?」

「もしも、あなたが異性なら、あなたとお付き合いをしたいと思いますか?」

その時、「好きです」「付き合います」と言えたら良いのですが、そのように答えられる人は少ないと思いますし、そう思える人は意中の人と結ばれるでしょう。

●もしも、自分のことが好きでないとしたら

もしも、今、自分のことが好きでないとしたら、そこには必ず、理由があると思うのです。

例えば、親を助けられなかったという思いがあれば、罪悪感を感じているでしょう。

以前、恋人を粗末に扱い、フってしまったとご自身を責めていれば、「自分は罰を受けるべき存在」だと、好意を寄せる相手から冷たくされるような環境に身を置いてしまうことだってあり得ますよね。

でも、本当は責めなくていいんです。

ご自身を責めることはないんですよ。

親を助けられなかった、昔の恋人にひどいことをしてしまった。
そのことを、今、悔いているのかもしれません。

でも、当時は親を助ける術を知らなかったのかもしれませんし、恋人に優しくできるほど、あなたに心のゆとりがなかったのかもしれません。

仕方がなかったのだと思うんですよね。

「仕方がなかった」

それは、決して投げやりな意味ではなく、「仕方がない」と思うことで肩の力が抜け、気持ちが切り替わることって結構あるのです。

そして、自分を責める方にパワーを使うのではなく、今のあなたが親や元の恋人にしてあげたいことを思い出してみましょう。

今ならきっと、たくさんのことをしてあげることができると思います。

それを今、あなたの周りにいる大切な人に与えていきましょう。

(※注)元の恋人にではなく、今、目の前にいる人にですよ。

そうすることで、徐々にあなた自身の価値を感じられるようになり、責めることが少なくなってきます。そうやって、少しずつですが、責めなくなることでパワーや、やる気も湧いてきますし、自信がつき、ご自身のことも好きになってくるでしょう。

そして、いつしか、「私は幸せになれる」「こんなステキな私を放っておくなんてもったいない」「私は素晴らしい恋愛ができる」と思えるようになってくるのです。

そうです。あなたがあなた自身を心から受け入れられるようになれたとき、意中の人と結ばれる日も近いと思います。

まずは、あなたがあなた自身に優しくしてあげてくださいね。

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

土肥 幸司

自信喪失のケアから夢やビジョンの実現サポート、幸せになれるコミュニケーションを得意とし、”お客様を笑顔に”をモットーに、お客様の気持ちに寄り添った心理分析と、今できることを分かりやすく提案している。
優しい口調からか、癒し系のイメージを与えることが多く、いつも笑顔が絶えない。