お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.776-3

今をありのまま見れない私たち(3)〜過去を通して未来を見る〜

講師:大門昌代

誰もがもっているであろう感情、罪悪感と無価値観。この感情が強いと、「罰を受けるべき」「価値を得ないと」という状態になります。その為に、罰を受けるのに適した相手、価値を得るのに適した相手としてダメンズを、わざわざ選んでしまうということがあります。ダメンズでなければ、罪を償うことができないですし、価値を得ることができないと感じるからなのです。また、自分は間違っているのではないかという思いが強いと、間違いではないことを証明したくなります。証明するためには、やはりダメンズのダメな行為を正すということが、必要になり、ダメンズをわざわざ選んでしまうということになる場合もあるのです。

Keywords
未来 不安 心配 過去 投影 
我々は、過去に経験したこと、過去に出会った人たちを今に投影しながら生きています。

そして、過去に傷ついた経験を通して今を見ることで、過去の分も割増しして、深く傷ついてしまいます。

今をありのまま見ることができないのは、過去の傷があるからだけではありません。

その過去の傷を通して、未来を見るので、未来にたくさんの不安を抱え、心配することに忙しくなってしまい、今を見れないということもあります。

例えば、過去に大きな失恋をしたとしましょう。
さんざんひどい目にあって、傷ついてボロボロになって、お別れすることになった。
そうすると、「二度とあんな目にはあいたくない」と思います。

そして、今現在お付き合いしている人がいたとしても、そして仲良くやっているとしても、未来が不安になってしまうのです。

「もしかしたら、またあの時のように傷ついてしまうのではないだろうか?」そんな心配ばかりしてしまいます。

そうすることによって、今お付き合いしていること、今仲良くしていることを、感じることができにくくなるのです。

「今浮かれていると、ふられた時に余計に傷ついてしまう」
「あんまり仲良くなりすぎると、ふられた時に余計に傷ついてしまう」

と起こってもいない未来の心配ばかりしてしまうのです。

今目の前にいる人との、楽しい時間や、仲良くできていること、2人でいて安心できることなど、全く感じることができず、まだ来てもいない未来ばかりを

見てしまいます。

しかも、過去の傷を通して未来を見て、心配していますから、まだ来ていない未来は、楽しいことがあるとは思えません。

過去に何があったとしても、これから先、何が起こるのかは誰にもわからないのです。
過去の経験によって、傷つき「もう同じ体験はしたくない」と恐れを持ちます。

その恐れを通して、今度は未来を見てしまうのです。

「未来は、きっとこうなる」と決めてしまっているのは、自分自身なのです。

決めてしまうと、もうそのようにしか見えなくなってしまいます。

過去の傷と、未来への不安によって、私たちは今をありのまま見て、今を感じて、今を生きるということが、なかなかできないのです。

私たちが未来を思って不安になるとき、それもまた過去の投影なのです。

未来の不安や心配よりも、今を見ること、今を感じることというのは、とても大切なのかもしれません。

今起こっている出来事、今目の前にいる人に、全力投球してみましょう。
過去を可能な限り通さないようにして物事や人を見て、未来の心配をせずに、今を見る、感じる努力というのは、やってみる価値があることです。

そうすることによって、「生きている」ということも感じられます。

まずは、「今生きていること」というのを、感じてみてもいいかもしれませんね。

>>>『今をありのまま見れない私たち(4)〜今をありのまま見るために〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
53.恐れと真実の心理学
314.投影を活用する
362.感じることを支配するもの〜投影の法則〜
585.辛い過去から脱出する方法〜過去に固着する目的を理解し自己価値を受け容れる〜
652-2.投影とその活用方法2〜私たちは過去のすべての記憶を保有している〜
652-4.投影とその活用方法2〜過去の痛みを癒しておくことの大切さ〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール