お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.884-4

人の輪の中から離れたくなる私を手放す(4)〜今の私からの卒業・手放しを目指して〜 

講師:浅野寿和

あなたの家族との関係、また大きな痛みや喪失などの体験をすると、時に心が傷んだ度合いだけ「ニーズ(欲求)」を持つようになることがあります。そして痛みがもたらす強いニーズを放っておくと「ネガティブな感情」を作ることがあるんですよね。
その結果、人の輪から離れたくなるといったことも起きやすくなります。できれば心の傷や傷跡、そこから生まれるニーズは解消しておくほうが良いと考えられます。今回の講座はその痛みの解放方法を幾つかご紹介します。

Keywords
ニーズ 痛み 手放し インナーチャイルド 表現 

さて、私たちは生きているとどうしても傷ついてしまうことがあるんですよね。それはある意味致し方ないことというか、避けられないことといいますか。全く無傷で生きつづけることもまた難しいものかもしれませんね。

ただ、あなたの家族との関係、また大きな痛みや喪失などの体験をすると、時に心が傷んだ度合いだけ「ニーズ(欲求)」を持つようになることがあります。

もちろんニーズは誰にでもあるものですから、ニーズ自体が問題という話ではないんです。

が、とかく家族関係や対人関係でのハートブレイクの結果生まれるニーズは、ときになかなか解放されず、強いニーズとなって心のなかで存在することも少なくありません。

失恋でもいじめの経験でも、子供時代の承認・愛情不足の問題でも、だから「自分のニーズを満たそう」として生きている方は意外と少ないものだと思います。むしろ、そのニーズを感じると嫌な気分がするので、いろんな辛い経験を抱えながらも一人で生きていることが当たり前になっている方もいらっしゃるでしょう。


ただ、こういった強いニーズは放っておくと「ネガティブな感情」を作ることがあるんですよね。

私をふった異性に、

私をいじめたあの人に、

一生懸命愛したけれど助けられなかったあの人に、

私のことを大切にしてくれなかった家族や両親に、

愛してほしいというニーズを持ちつつも、そのニーズが存在する分だけ、例えば「恨みつらみ」「怒り・攻撃性」のような感情を抱えやすくなるともいえます。もちろんそんな思いを表現している人のほうが少ないのかもしれません。

が、その結果、心の痛みが影響したり、怒りや恨みつらみを持っている私を周囲に晒したくないので、人の輪から離れるということにもつながっていくことも多いです。

だからここを変化させるには、ある程度、そのご本人の意欲・意思が必要になって来ることが多いんですね。今のままでいいか、と感じているうちは、ある意味変化させることが難しくなることも多いものです。


***


では、この人の輪から離れたくなる私を手放す方法の一つをご紹介します。

いわゆる傷ついたあなたの心・特にインナーチャイルドを癒すプロセスが代表的です。

子ども時代に受けた傷や、過去に愛されなかったこと、理解されなかったことだけでなく、大切な人を助けようとした自分や、無力感の中でも生き抜いてきた私など、その心の痛みを解放してあげます。

セルフワーク的には、昔の私の写真などを見ながら(クッションやぬいぐるみなどがあれば、それを昔の私に例えます)自分の中にいる小さな子供をイメージして、話しかけて見るんです。

「頑張ったよね」「すごいね」「寂しかったよね」「辛かったよね」など、小さな子供をあやすように話しかけていきます。

何度も何度も話しかけ、その子が笑顔になったなら、そのインナーチャイルドは解放されたことになりますね。

もし、その子が泣き出したり、今のあなたに話しかけてきたなら、ちゃんと話を聞いて、その感情を解放できるように寄り添ってあげてもいいでしょう。

***

また、そもそも私は愛されないという経験をしたり、もともと持っている愛が強い人ほど、無力感にとても敏感です。その思いが純粋であればあるほど、どうしても無力な感覚は伴いやすいのです。

なので、繊細な方ほど、無力な感覚を感じないように人との関係を避けることに依存してしまいがちなのです。

よって、実は自己実現をするとあなたの無力感が開放され、対人関係でも人の輪の中に加わりやすくなるという側面もあります。

ここでいう自己実現は、あなたの好きなことをする、夢をかなえるという意味もありますし、何かしら行動して「やればできる」という感覚を身につけるということにもつながります。

実際に、自分の人生変えるぐらいにやりたいことにチャレンジしてもいいですし、ほんとうに簡単な自分との約束を決めて(寝る前に歯を磨く・靴を揃えて脱ぐ・毎日自炊するなど)、それを意識的に続けていくことで無力感から開放されていくことも実際には起こり得ることです。

ただ大事なのは焦らないことで、今、できるだけの癒しに取り組み、ゆっくり自分のパターンを変化させること。ある程度の妥協的思考を取り入れることも大切ですね。


***

そして最後にとてもシンプルな方法としてご紹介すること。

それは、あなたの信頼できる人に「私って人の輪から離れたくなるんだよね、どうしたら良いと思う?」と真剣に話してみること。

「友だちに聞いてもあまり効果がなかったという方もいるのでは?」と僕自身が最初のテキストで書いていますから、なんだか矛盾するようですが、「プライドを捨てて真剣に聞く、真剣に質問する」という行動は、あなたの中の不安や分離感を解放するとてもいい手段にもなりえます。

すると、意外なんですが、問題意識や人への抵抗感が薄らぐ、といったことが起こるんです。

私達の世界では「本気で相談できたら(行動できれば)、問題の半分ぐらいは解決しているのと同じ」なんて考え方があります。

自分の中の不安や問題意識を解放するだけでも、実は勇気のいることで、その気持ちを言葉にして解放するだけでも随分と心のあり方は変わります。

後はいろんな手法を使って丁寧に自分を変えていくプロセスを進んでいけばいいんですね。

そしてもしそのプロセスを一つの自分の成長・変化だと感じ、楽しめるならばそれほど楽な癒しはないということに気付けるでしょう。

(完)

関連する講座へのリンク集
535.心の壁・人との距離を感じるとき 〜疎外感と分離感と投影のお話〜
661.「つながり」ってどういうこと?〜「誰かといる」状況ではなく、感情を感じること〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>ダウンロードサービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内










●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

 
●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。  

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール