お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.801-2

怒りという感情(2)〜少し引きずってしまう怒りの対処法〜

講師:大門昌代

人にはそれぞれ価値観というものがあります。価値観に良いも悪いもなく、人それぞれが違ったものをもっています。価値観をとても強く頑固なものにしてしまうと、それは観念と言われるものになり、だんだんと心に余裕が持てなくなってしまいます。
心に余裕がない状態というのは、怒りをとても感じやすい状態ですので、観念を緩めていくことで、怒りを感じる回数を減らしていくことができるようになります。

Keywords
怒り 憎しみ 憎悪 観念 価値観 

イラッとする程度ではおさまらず、嫌な気分を引きづってしまう怒りだけれど、一晩寝れば、もしくはしばらくしたらおさまっているような怒りというのがあります。

一概には言えませんが、少しの間、引きづってしまう怒りの場合、イラッとする怒りを何度か我慢した結果、引きづってしまっているということがあります。
そんな場合は、何かしらイラッとしてしまうポイントが、あなたにはあるということです。

それが悪いことではなく、何にイラッとするのかがわかれば、対処法も出てきます。

それは、あなたの価値観に反することなのかもしれません。
「みんな平等でなければならない」
「常に正しくなければならない」

などのように、私たちはそれぞれ価値観というものをもっています。

例えば、みんなが平等であるということは、とても素晴らしいことではありますが、正直なところそうはいかないことも社会では、たくさんあるのも事実です。
でも、「みんな平等でなければならない」と、強く思っていると、極端な話しですが、会社で配られたお土産のお菓子の種類が自分だけ違ったというだけでイラッとすることになります。
そして、「こんなことくらいで怒るのもな」と怒りを我慢します。
帰宅して夕食を食べようとしたところ、自分だけおかずのコロッケが他の家族よりも少し小さかった。
ここでもまたイラッとします。
そんな時に、翌日会社の同僚とランチに行くと、自分が注文したものだけが、遅れてやってきたとします。
イラッとしますね。

そんな小さなイラッとを、我慢して我慢して我慢していたところ、「腹が立つ」という怒りがしばらく続いてしまうようになるのです。

価値観を丸ごと変えてしまう必要はありません。
ですが、しばらく続くような怒りがある場合は、自分はどんな価値観を持っているのか?と考えてみるといいかもしれません。

自分がイラッとしたポイントを探すのです。

例の場合は、「自分だけ違う」という出来事が起こったときに、イラッとしていました。
それがわかれば、「自分だけ違うということに対して、自分はどんな価値観を持っているのだろう?」と考えます。
そうすると「みんな平等でなければならない」という価値観があるなと気づけます。
そこで、丸ごと価値観を変えるのではなく、緩めるのです。
強すぎる価値観は、観念と呼ばれます。

「〜でなくてはならない」「〜しなくてはならない」「〜するべきである」などのように思っているものです。

これを緩めるには、「みんな平等が望ましい」とか「みんな平等であればいいな」という言葉に変えてしまうのです。
「みんな平等がいい」でもいいですよね。

変換した言葉を、一人のときにでも口に出して何度も言ってみるといいですね。

先ほどのお話は、あくまでも例です。
私たちは、様々な価値観を持っていて、あまりに強い価値観は観念となってしまいます。
そうすると、その観念に反する出来事に遭遇したときに、怒りを何度も感じてしまうことになるのです。
社会の価値観を変えるのは、時間もかかりますし、なかなか難しいものです。

ですので、自分の強すぎる価値観を少し緩めていくことで、怒りを感じるポイントを減らしていくことができるようになるのです。

>>>『怒りという感情(3)〜大きな怒りの対処法〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
8.怒りの心理学 〜怒っているのには実は訳があるんです〜
67.許しの心理学2〜恨みつらみを許してみよう〜
75.許しの心理学3〜許したいけど許せない〜
137.諦めの心理学〜怒りと絶望とデッドゾーン〜
167.感情のコントロール〜自分の感情に責任を持つ〜
209.怒りの心理学2〜ニーズや、無力感を押しつけていませんか?〜
223.「怒り」を感じてみよう
268.怒りの感情とのつきあい方
526.お硬いと言われてしまいます〜観念という心のルール〜
579.怒りの奥にある感情に向き合ってみよう
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール