お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.769

文句を言いたくなる気持ち〜甘え下手を返上しましょう〜

講師:みずがきひろみ

文句を言うのも、言われるのも、言っているのを聞くのも、決して気分のいいものではないのですが、ついつい文句を言いたくなることがあります。文句は、本当は自分が大変な思いをしていることを「わかってほしい」「助けてほしい」という気持ちがありながら、「甘えてはいけない」という思いが強くて、素直に表現できないときに言いたくなることが多いようです。文句が多い人は、理想に対して不足であり、不十分であることに注目するクセがあるので、その完璧主義が他人以上に自分を攻撃しているため、生きづらいと感じています。文句が増えてきたと感じたら、必要以上に自分を追い込んでいないかチェックしてみてください。小さな頼みごとをいろんな人にたくさんしてみるなど、意識的に甘えたり、承認を求めてみるのも対人関係の緊張感を緩めるのにお勧めです。

Keywords
甘え ニーズ 自己攻撃 完璧主義 承認 

◎リクエストを頂きました◎
=======================================
いつも楽しく拝見しております。
文句を言ってしまう心理について教えて下さい。昔はそんな事なかったのですが、最近、自分がよく文句を言っている事に気が付きました。あまり自分に対しても人に対してもいい事ではないのは分かっていても、いつも口について言ってしまいます。文句を言わずに解消する方法がありましたら教えていただけたら幸いです。
=======================================

こんにちは。みずがきひろみです。リクエストをありがとうございます。

自分がよく文句を言っていることに気づかれたということですが、自分の行動、言動のくせというのはなかなか自覚できないものなので、文句が増えていることに気づかれたということ自体、すごいことです。問題は気づけば半分は解決できている、と言われるくらい自覚しにくいものですし、逆に、自覚できれば、意識を向けることができますので、必ず修正や解決ができます。

○ 文句の下にはニーズがある

つい文句が出てしまうときの気持ちって、「あぁだったらよかったのに」、「こうだったらよかったのに」、「あの人がいなかったから」、「こいつがもう少ししっかりしてくれていれば」という調子で、「大変だったんだよぅ」、「助けて欲しかったんだ」という気持ちを「わかってほしい」と思っています。ただ、「わかってほしい」のですが、どこかで「きっと助けてほしいって言ってはいけないのだろうな」と自分の甘えたい気持ちを我慢してもいて、素直に「助けて!」とは言えないのです。我慢した分だけ、「甘え」は「文句」という形をとるようです。

○ 文句は自己攻撃を隠している

文句の内容をひっくり返してみると、本当はどんなことがしたかったのか、どういう状態であればよかったのか、その人が抱く理想が見えます。「本当は、もっと気遣いが欲しかった」、「お肉が焼きすぎだった」(@レストラン)、「声が小さいから聞こえない」などなど、完璧にするには何が足りないかを見ているわけで、完璧な理想像を想定しているのです。そしてそんな不足や不十分を許さない目は、他人だけに向けられているはずはなくて、誰よりも自分を厳しく監視しているものです。四六時中、自分の至らなさを指摘する(心の)目にさらされていれば、誰だって疲れます。他人の目は避けることができたとしても、自分の(心の)目からは24時間365日逃れることができませんから。完璧主義は立派な自己攻撃です。

「私はこんなに自分を厳しく律しているのに、どうして人はもっとちゃんとやらないの!」。文句を言いたくなる気持ちには、そんな完璧主義の自己攻撃にさらされていることの悲鳴のようにも聞こえます。それくらい、文句の多い人は、自分に対して厳しく、何かにつけて自分を攻撃しているのです。

○ もっと甘えることを自分に許してみましょう

とすれば、文句を言わなくてもすむようになるには、「緩む」ことができるといい、ということになります。小さな「助けて」が言えるといいですね。「その戸をあけてくださいませんか?」、「これを少し持っていてもらってもいいですか?」と、ちょっとしたところで頼みごとをするクセを意識的につけましょう。文句の多い人は、いろいろと細かいことに気づける繊細な意識の持ち主が多いです。自分は気づけるのに、他人が気づいてくれないから、気づけない人を攻撃したくなりますが、その観察力や気づきの力は「当たり前」というよりは「才能」と考えた方がいいです。あなたほど気づけない人へのやさしさだと思って、「お願い」と頼むクセをつけましょう。最近、文句が増えたなぁと思ったら、それは知らず知らずのうちに自分を追い込んでいるせいかもしれません。「ちょっと疲れているみたいだから、頑張っている私を褒めてくれないかしら?」と誰かに承認を求めることができるといいですね。多分、頑張りすぎなのだと思いますよ。

(完)


関連する講座へのリンク集
452-1.不満を言う自分とさよならする心理学(1)〜依存心が強いとき〜
410.ハートに橋を架ける道〜世界を変えるための一歩〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール