お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

コンプレックスと言うと様々な種類があるのですが、ここでは一般的に使われている“劣等感コンプレックス”について一緒に考えて行きましょう。
コンプレックスが生まれる背景には、そもそも心の痛みがあります。傷ついたり、恥ずかしかったり、不安になったりすることを防衛するためにコンプレックスは生まれるのです。
そして、さらに奥には親子関係をはじめとする、様々な関係性や、その関係性から生まれた価値観が影響していることも多いのです。そのため、コンプレックスを解消するためには表面的な原因を取り除くだけでなく、時には歴史を遡って過去の思いを癒すことも必要になってきます。
しかし、そもそもコンプレックスというのはあなたにとっては大切な個性を生むもの。解消するのは何もそれを消してしまうのではなく、前向きに受け入れることでも可能なんですね。
その一方、コンプレックスというのは他人から見ればそう大したことのないものにも見えるので、逆に、私たちは知らず知らず他人を傷つけてしまうことがあるのです。それを逆手にとって、あなたの大切な人のコンプレックスを癒す方法をお伝えしたいと思います。

Keywords;コンプレックス 痛み 防衛 個性 癒し

Lecture.708-1

コンプレックスを解消して恩恵に変える方法(1)〜心の痛みから生まれたルールがコンプレックスの原因となる〜

講師:根本裕幸
私たちがなかなか人に言えないコンプレックス。カウンセリングではそれを解消していく場面によく出会います。
コンプレックスがあると人に対して防衛的になってしまったり、逆に特別意識を持ったりします。
コンプレックスは元々は心の傷が元になります。人間関係などで傷ついた痛みを守るためのルールなんです。
Keywords
コンプレックス 特別意識 ルール 痛み 防衛

コンプレックスと言うと、心理学的には「劣等感コンプレックス」だけでなく「エディプス・エレクトラコンプレックス」などいくつかの種類があります。
今回はより一般的に用いられるコンプレックスとしての「劣等感コンプレックス」をご紹介したいと思います。
(本文中ではコンプレックスと表記させていただいています)

●心の痛みから生まれたルールがコンプレックスの原因となる

皆さんは今、どんなコンプレックスを抱えていらっしゃいますか?

外見とか年齢。
運動能力。
学歴。
家柄。
今の仕事や職歴。
語学力。
コミュニケーション能力などの人間関係に関するもの。
営業力や企画力などの仕事に関する能力。

私も英語が苦手とか、あまり行動的でないとか、講師なのに声がこもって聞こえにくいとか、顔がデカいとか、海外が苦手とか、色々とコンプレックスがあります。

私たちはコンプレックスがあると、その部分を隠そうとしますし、恥ずかしいし、指摘されたら傷つくし、何とか解消したいけど勇気が出ないし、という問題を抱えます。
だから、なかなか人に言えないんですよね。
言ったらバカにされるような、恥ずかしいような、悪いような、変に思われるような、そんな思いを感じてしまうのかもしれません。

また、私たちはコンプレックスが強ければ強いほど、そこに「特別意識」のようなものを持ってしまいます。
「このコンプレックスはきっと解消できないし、誰にも分かってもらえないし」と誰にも触れさせないように一人で抱え込んでしまうのです。
そうすることでこれ以上傷つかないように「防衛」をするんですね。

そうなんです。皆さんがコンプレックスだと感じているもののそんな心の「傷」と共にあります。
癒されるのをずっと待っている傷なのです。
だから、そこと向き合わない限り、そのコンプレックスは解消されません。

しかし、実はコンプレックスの多くはあなたが決めたルールによって生まれました。
誰かの言葉や態度で傷ついたことは事実なのですが、その言葉で傷つくようなルールを持っていたのは自分自身なんです。

一つの事例を紹介しましょう。
私のクライアントさんのAさんはある時「TOEICで790点しか取れなかった」とすごく凹んでいました。
こんな点数じゃ人に話せないし、バカにされるよ・・・と自分を責めていました。

「ええーっ!すごいスコアじゃない!?」と言うと彼女はこう言うんです。
「帰国子女だったら800点取って当たり前なんですよ。ほとんど900点とかそういう人たちばっかりで」

私のような英語がよく分からない人からすれば異次元の世界ですが、彼女は「自分は帰国子女なのに英語が苦手」というコンプレックスを持っていたのです。

でも、よくよく話を聴いていけば「勉強嫌いだし、苦手なのは試験の方。TOEICの勉強もほとんどしてないし」ということ。
しかも、英会話は全然問題なく、仕事でも海外の人たちとふつうに話が出来ているそうです。
それだったら点数が悪くても全然問題ないじゃない??と思うのですが、彼女は違うようです。

「帰国子女なんだから900点取らなきゃダメ」というルールに縛られていたのです。
でも、そのルールを決めた人、頑なに守っている人は誰でしょう?
彼女自身なんです。
「え?でも周りの人たちもそうなんでしょ?」と思われるかもしれませんが、周りの人が言ってることを選択するのも私たちの自由ですよね。
だから、その意見を採り入れたのは彼女自身の選択なんですよね。

もちろん、実際、帰国子女の仲間に笑われて傷ついた経験があるのかもしれません。
周りの人と同じでないといじめられる、という別のルールが影響しているのかもしれません。

しかし、そのルールを持っているからこそ、また、周りの人の言葉に傷ついてしまうのです。(これは実際に周りの人が声を発さなくても、彼女が持っているルールによって、“そう言っているように聞こえてしまう”のです。

では、どうしたら、彼女はこの呪縛から解放されるのでしょう?

次回はコンプレックスの解消についてお話ししたいと思います。

>>>『コンプレックスを解消して恩恵に変える方法(2)〜コンプレックスは個性になる〜』につづく

関連する講座へのリンク集

25.心を縛る鎖のお話〜観念の心理学〜
123.コンプレックスの心理〜劣等感と自己嫌悪〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール