お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.665-2

あなたが望む人生が手に入らない理由とそれを手放す方法(2)〜パワフルな潜在意識の影響力〜

講師:根本裕幸

ある女性が子供時代に「一人で生きる!」と決めた、とおっしゃっていました。その願いが叶い、彼女はなかなか恋愛がうまく行かない人生を送っています。もう結婚したいのに。
その現実の背景には私たちのとてもパワフルな潜在意識の力が影響しています。この潜在意識、子ども時代から現在に至るまで、私たちの気持ちを蓄積しているもので、ここにネガティブなイメージが存在していると手に入れることを阻むことになるのです。

Keywords
潜在意識 子供時代 親子関係 越後屋さん ネガティブなイメージ

●「考え」「思い」よりもはるかにパワフルな潜在意識の影響力

先日のカウンセリングの中でこんな話が出てきました。

「小学生の頃には『この親には頼っちゃダメだ』と思って『一人で何でもできるようにならなきゃ!』って思っていましたね」

大人になった彼女は自分で会社を興してバリバリ活躍する、ほんとかっこいい女になっていました。
女性が憧れる女性ですよね。
でも、パートナーシップは・・・?

望みがかなっているんです。
「一人で生きる」って決めたことが。

『そんな小学生の頃に思ったことが???』と思うかもしれません。
しかし、むしろ、その頃に思ったことだからこそ、強烈に今のあなたに影響を与えていることが多いんです。

私たちの行動や考え方、感じ方のパターンは“潜在意識”の影響を強く受けます。

ワークショップでよくこんな質問をすることがあります。

「越後屋さんって何か悪いことしてる人のような気がしませんか?」

確かに・・・、なるほど・・・、うんうん。
そんな反応が返ってきます。

「じゃ、皆さん、越後屋さんに会ったことあります?それで何か悪いことされたの?」

いやいや、会ったことないよ・・・。
みなさん、そんな反応です。

「会ったことないのに、悪いイメージがあるのってかわいそうですよね。越後屋さんって。」

一同(笑)。

なぜ、越後屋さんって聞くと悪いイメージなのか?というと、やはりテレビの時代劇ではないでしょうか。

「お代官様。これは黄金色のお菓子でございます。」
「ふふふ。越後屋。そちも悪よのお」

そんなシーンが潜在意識に刻み込まれているのです。
そんな悪役のイメージが越後屋さんについてしまっているのです。

子ども時代の思いって強烈です。
理性がまだ十分に発達しておらず情報の選別や理性的な判断ができないため、何でもそのまま取り込んでしまいます。
こういうのを“刷り込み”って言います。

自分で思い込んだり、テレビやお母さんの言葉、お父さんの態度から影響を受けたり、まるで自分自身かけた強力な魔法みたいにあなたの人生を左右してしまいます。

大人になった今もまだその魔法が解けていないから欲しいものが手に入りにくいのかもしれません。

越後屋さんがあなたの人生に影響を及ぼすことはそんなにないかもしれませんが、「一人で生きる!」と決めたことなら、大いに影響がありそうです。

お母さんがいつもお父さんの愚痴をこぼしていて「結婚なんてしなきゃ良かった」って言ってたら、あなたは「結婚って苦しいものなんだ。辛いものなんだ。」という思い込みが出来ています。

お父さんがいつも会社から溜息つきながら帰って来て「ああ、しんどい。疲れた。」としんどそうな顔をしていたら「仕事ってしんどいものなんだ。あのお父さんですら疲れるものなんだ」という情報がインプットされます。

そんなお母さんやお父さんを見て「僕が何とかしてあげる」「私が助けてあげる」と思った人は、大人になってからも「何とかしてあげなきゃいけない人」ばかりを恋人にし、仕事では常に自分一人で背負い、周りを助けるハードワーカーになっているのかもしれません。

いつも両親がお金のことで苦しんでいて、それを見たあなたが「そんな親を苦しめるものなんかなくなればいい!」と思ったとしたら、たぶん、今あなたの手元にはお金があまりないでしょう。
逆に「僕がお金を稼いで両親を楽にする!」と思ったとしたら、あなたは今、それを実現しているでしょう。

もちろん、それだけですべてが決まるわけではありませんが、あなたの思考・行動の強い原因になるのが幼少期に思い込んだことです。

私の場合、子どもの頃、親が会社をやっていてお金に苦労していた時期がありました。
それを子供の前では見せまいとしてくれてたんですが、やはり分かるんでしょうか。
お金に対しては恐怖心を持つようになっていました。

一方で、いつも「かわいい、かわいい」「愛してる、大好きよ」ととてもオープンに言われて育ったので、自分は愛されるものという思い込みを持っています。
これはありがたい思い込みですね。

幼稚園の頃、そんな気なく同級生を叩いたか何かしたら、思いの他、力が強かったらしく、その子が大泣きして問題になりました。
その時、自分の力を思い切り使っちゃいけないんだ、というブレーキを覚えました。

他にもさまざまな思い込みを持って生きています。

もし、あなたが「欲しいけれど手に入らないもの」があるとしたら、それを否定する思いを心の中に持っているのかもしれません。

それくらい私たちの潜在意識はパワフルなのです。
普段の意識レベルが「電卓」だとすれば、潜在意識は「エクセル」のようなもの・・・とよく例えます。
それくらい差があるんですね。

だから、意識レベルで「お金はいいもの!」と叫んでも、潜在意識で「お金は悪いもの」と思っていれば、まるで電卓でエクセルに計算勝負を挑むがごとくなのです。
勝てる自信がある方はいらっしゃいますか?(笑)

そうした潜在意識のパターンに気付くには、自分自身を深く深く見つめる必要があります。
潜在意識は幼少期(物心がつくまでの間)に大部分が形成されると言われますから、あなたが子ども時代、仕事なら仕事に対してどんな環境にあったのか、どんな思いを感じていたのか、両親がどんな風に仕事をしていたのか?を思い出せるだけ思い出してみましょう。

でも、そこでネガティブなイメージが張り付いてしまっているとしても絶望しないでください。それは手放せるものですから。
(手放しのアプローチについては連載4回目でご紹介します。)

 

>>『あなたが望む人生が手に入らない理由とそれを手放す方法(3)〜意識とは逆の復讐の物語〜』につづく

 

関連する講座へのリンク集

1.心の仕組み〜意識・潜在意識・無意識〜
122.心の仕組み〜あたまでわかっているのにできない時〜
616.問題を乗り越えるたびに自由になる〜「思い込み」を手放す〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール