お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.529

比較から生まれる無価値感〜自分自身との関係が人との距離を作る〜

講師:宮本恵
誰の心の中にでも、存在する無価値感。
心理学講座では、無価値感が作る問題が多く取り上げられます。
出来ることなら、感じたくないものです。
その多くは、家族関係から起因すると言われていますが、両親との関係が良好だとしたら、他に何が考えられるのでしょうか?
無価値感を持ち始めたルーツはひとそれぞれですが、無価値感を強めるものの一つとして、比較が挙げられます。
今回は、比較の話をベースに、どのようにして無価値感が強化されていくのか、また、無価値感を持った状況から好意を持った人に近づくヒントをお届けします。
Keywords
比較、無価値感、自己攻撃、自己嫌悪、エレクトラコンプレックス

◎リクエストを頂きました◎
===================================
いつも心理学講座を楽しく拝見しております。
よく自己否定や無価値感、恋愛関係がうまくいかないなどは家族との関係が原因という記事を見かけますが、私自身、家族との関係は良好で子供時代も大変愛され、今も大切にされていると感じます。両親に冷たくされた記憶もありません。けれど、恋愛になると自分に自信がなく、執着してしまったり、うまくいかないことのほうが多く、自分への無価値感もとてもひどいです。妹は同じ環境で育っているのに私とは違い、感情のコントロールができて無価値感も感じたことはないそうです。両親との関係に問題がないのに、自分の恋愛や考え方に自信がなく、無価値感を感じてしまうのはなぜでしょうか?今まで両親や家族の関係の記事が多かったので、もしよければそれ以外の原因についての例を教えていただけませんか?
===================================

リクエストいただき、ありがとうございます。
今回は、リクエストを基に、無価値観や自信のなさを作る要因となる比較をテーマにお届けします。

【同性の親との比較から生まれるパターン】
心理学講座などを見ていると、恋愛に関する自信のなさは、両親との関係や家族の関係に由来することが多く書かれています。
そのくらい、両親や家族との関係は私たちの人間関係の基礎になっているものなんです。
ですから、両親との関係の中で問題がなかったとしても、何らかの形で影響を受けていることは少なくありません。

人生始まってからの初恋はお父さん。(男性の方は、お父さんとお母さんを置き換えてみてくださいね。)
私たちの初恋は、お父さん、お母さん、私の三角関係から始まります。
ですから、無意識的であれライバルである同性の親を意識しながら、育ったといえるでしょう。
両親が仲のいいことは、とても素敵なことなのですが、お父さんがお母さんを大好きで仲良しでいると、幼少期で初恋中の私たちにはこんな比較が生まれるんです。

愛されるお母さん VS (お母さんより)愛されない私

お父さんが私のことを好きなこと、大切にしてくれていることは分かっている…けれど、女性として素晴らしいお母さんには勝てない。。。

「大好きな人は、私を選んでくれない」

そんな思いから、愛されることの自信のなさや無価値観が生まれることがあります。
これは、お母さんのことが大好きで、仲の良いご両親を持たれる方が持ちやすい心理的パターンということが出来ます。

【比較から生まれる無価値観】
皆さんは、比較という言葉を聞いてどんなイメージをされるでしょうか?
ポジティブなイメージというよりは、ネガティブなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?
私たちの中にある比較は、先ほどの話に挙げたお母さんだけにとどまりません。
たとえば、会社の同僚、友人、兄弟、道行く人々…私たちはいろいろな人と自分とさまざまな人を比較します。
お互いの違いを認識したり、個性や特徴を知るために有効な手段になる場合もありますから、比較自体が一概に悪いこととは言えません。
しかし、私たちは比較をすることで、自分の価値を測り、自分を嫌い、攻撃をします。
この自分を嫌い、攻撃するその行為が、私たちに自分には価値がないことを認識させたり、自信を失わせたりして問題を作るのです。
無価値感や自信を失わせる比較の多くは、比較相手にあるものと私の中にないものを比較しているもので、私の中に価値や魅力があるとは感じることができません。
ここでは、比較による自己攻撃、自己嫌悪や得るもののない比較そのものを手放すことが求められます。

【自分自身との関係を見直す】
私たちが、無価値観を感じ、自信を失っているとき、私たちは酷く自分を嫌い、攻撃をしています。
私たちが私自身を嫌い攻撃していると、心理的状況が周りに投影され、

「きっと、あの人も私のことを嫌うはず」とか、
「こんな私は、受け入れられるはずはない」という風に。

そんな私が愛され受け入れられるとはとても思えません。
その思いが好意を持つ相手に近づくことを難しく感じさせ、私たちの無価値観や自信のなさを更に強化していきます。
そんなとき、周りの誰よりも自分に厳しくしているのは、自分です。
自分に投げかけている言葉をそのまま友人に向けると、即座に友人が去っていくぐらいに厳しいはずです。
そんな自分との関係は、決して良好とはいえません。
まずは、「私と私自身」との関係を良好にするために、自分との関係を見直していきましょう。
友人と付き合うように自分自身を大切に扱ってあげてください。
そうして、「私と私自身」の関係が良好になり、自己嫌悪や自己攻撃が減った分だけ、自信のなさや無価値観が軽減され、好意を持っている相手にも近づきやすくなっていきます。

(完)

関連する講座へのリンク集
10.自分のことが好きになれない心理 〜自己嫌悪の心理学〜
31.自分に自信を持つ秘訣〜自信を取り戻すエクササイズ集
42.愛される価値とは?〜無価値感の心理学〜
66.バーゲン女の悲劇〜無価値感が作るストーリー〜
175.粗探しの恋愛〜無価値感がさせてしまう罠〜
255.隣の芝生は常に青いもの〜比較の罠と自己承認〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール