お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.848-3

投影を使った問題解決方法(3)〜くまさんの心〜

講師:原裕輝

子どもがくまさんの人形で遊んでいるようなシーンがあります。自分がお母さん役になってくまさんの人形に向かって子どもが言うのです。「あら、くまさんさみしそうでちゅねー。ママがギューッとしてあげるからもう大丈夫ですよ」と。本当にくまさんはさみしかったのでしょうか?もしかしたらそれはその子どもの心が投影されているのかもしれません。しかし私たち大人にもこの子どもとくまさんの関係のようなことをしていることがあります。誰かを助けてあげたいと思った時もしかしたら自分を助ける時ということがあります。

Keywords
投影 気づいてない感情の投影 自分を助ける ヒント くまさんの心 

●くまさんの心

子どもがくまさんの人形で遊んでいるようなシーンがあります。


自分がお母さん役になってくまさんの人形に向かって子どもが言うのです。


「あら、くまさんさみしそうでちゅねー。ママがギューッとしてあげるからもう大丈夫ですよ」と。


微笑ましい遊びですね。


さて、このシーンを心理分析として見ていきましょう。


くまさんは本当にさみしかったのでしょうか?


ママ役の子どもがギューッとしてあげるとくまさんは本当に大丈夫になったのでしょうか?


それは疑わしいですね?


なんせ中身は綿ですから。

(一気に微笑ましさが台無しになりますね。すいません)


では、この子どもはなぜくまさんがさみしかったという捉えかたをして、なぜくまさんがママがギューッとしてあげると大丈夫になると思ったのでしょう?


それは投影だと考えられます。


この子どもの中にさみしさがあったから、投影がおきてくまさんがさみしそうにみえたのでしょう。


くまさんの心がさみしかったのではなく、この子の心の投影なわけですね。


この子どもがそのさみしさを癒やすのにママにギューッと抱きしめて欲しい気持ちがあるから、くまさんをギューッとしてあげるとくまさんのさみしさが消えて大丈夫なるという発想になったのでしょう。


つまり投影なわけですね。


本当はさみしくてママにギューッとし欲しいのはこの子どもなんだと言えます。


●あなたのくまさん

あなたの周りに、さみしそうに見える人がいてその人が気になる。
しんどいのを隠して頑張っている人がいる。

手を差し伸べて助けてあげなきゃいけないような気がする人いる。


そのような人があなたの周りに現れることが多いということはありませんか?


「あの人は平気そうな顔しているんだけど、本当はつらいんじゃないかなぁ?私にはそう見えるの」という感じです。


それは、もしかしたらこの物語の子どもとくまさんの関係のようなものかもしれません。


それはあなたの気づいてない感情の投影が起きているのかもしれませんよ。


本当はさみしいのはあなたなのかもしれません。
しんどいのを隠して頑張っているのはあなたなのかもしれません。

本当は助けが必要なのはあなたなのかもしれません。


人がこう感じているように見える。

人がこうして欲しいように見える。


そういう時は、あなたの心の投影がおきていることがあるんですね。


投影という考え方を使うと、人を見て自分の心がよりわかるようになってきます。


もし助けてあげなきゃいけない人が本当は自分だったといことが投影という考え方を使って気づいた時は、まずは自分のことを助けてあげてくださいね。


そして自分を助けるにはどうしたらいいのかというヒントを見つけるのも投影という考え方をしていくと見つかることが多々あるんです。


あなたが助けてあげたいと思った人にしてあげたいと思ったことが、あなたが必要としているものであるということがあります。


例えば、しんどさを隠して頑張っているように見える人がいてその人のことが気になったとします。


そしてあなたは「しんどそうだから何かあったの?と声をかけてたくさん話を聞いてあげたほうがいいかなぁ?」と思ったとします。


しかし、投影という考え方を使ってよくよく考えてみると、しんどいという気持を隠して無理していたのは私だったのだということに気づいたとします。


「しんどそうだから何かあったの?と声をかけてたくさん話を聞いてあげたほうがいいかなぁ?」と思ったわけですので、ここであなたの心が求めているのは話を誰かに聞いてもらうこと!


これも投影なのですね。


それがわかったら友達に電話をかけたりして、しんどい気持を聞いてもらうといいですよね。

投影って奥が深いですね。


>>>『投影を使った問題解決方法(4)〜敏感に反応してしまうわけ〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
179.自分が変われば相手も変わる〜投影と影響力の心理〜
314.投影を活用する
362.感じることを支配するもの〜投影の法則〜
417-1.投影と許し(1)〜投影とは〜
825-1.投影(1)〜投影とは?〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 :お問い合わせ: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール