お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.741-3

ダメンズコレクターな私(3)〜ダメンズでないと困るパターン〜

講師:大門昌代

誰もがもっているであろう感情、罪悪感と無価値観。この感情が強いと、「罰を受けるべき」「価値を得ないと」という状態になります。その為に、罰を受けるのに適した相手、価値を得るのに適した相手としてダメンズを、わざわざ選んでしまうということがあります。ダメンズでなければ、罪を償うことができないですし、価値を得ることができないと感じるからなのです。また、自分は間違っているのではないかという思いが強いと、間違いではないことを証明したくなります。証明するためには、やはりダメンズのダメな行為を正すということが、必要になり、ダメンズをわざわざ選んでしまうということになる場合もあるのです。

Keywords
罪悪感 無価値観 苦労性 恋愛運 証明 

最初から、ダメンズだとわかっているのだけれど、わざわざそんな男性を選んでしまうというパターンがあります。

友達全員から「そんな男性はやめておきなさい」と、大合唱されるという人も多いでしょうね。
「この人とお付き合いすると、きっと苦労する」と、自分でもわかっているのです。

でもある意味、覚悟の上でお付き合いするのです。

そして、苦労に苦労を重ねて、悲しみに悲しみを重ねて、最後はダメンズに捨てられてしまうのですが、また次もダメンズがどうしても気になってしまって、友達の大合唱の中、あえてダメンズを選んでしまう。

俗に言う苦労性というやつです。
どうしてそうなってしまうか?

「苦労するのが私にお似合い」と思っているからです。

どうしてお似合いなのでしょうか?

罪悪感や無価値観と言う感情が強いと、「罰をうけるのが当然、苦労するのが当然」となってしまいます。
罰を受けるために、わざわざ苦労するダメンズを選んでしまうのです。

苦労して、苦しむことで価値を得るために、わざわざダメンズを選んでしまうのです。

ですから変な話しなのですが、ダメっぷりが強ければ強いほど、罪を償えるような気がするし、価値を得られるような気がするので、選ぶダメンズのダメっぷりがどんどん強化されていったりもします。

また、ダメンズをみると「私が何とかしてあげる!私でないと彼を更生させることはできない!」と、使命感に燃えるタイプの方もいます。
これは、ある意味、自分の中にある正しさの証明、力の証明をしたいとも言えます。

「私のやり方が正しい」「私の生き方が正しい」「私の考え方が正しい」だから、間違っている彼を更生させることで、自分の正しさ、力を強固なものにしたいのです。

ですから、男性が幸せに生きていると興味がわかないのです。

男性が世間で認められるような生き方をしていると、「あなたは間違っている」と言えないので、「私がいないと彼はダメなの」と言えるようなダメっぷりを発揮してくれる男性でないと、やる気が出てこないというわけです。

ではどうして、正しさの証明、力の証明をしなくてはいけないのでしょうか?

証明をしなくてはいけないと言うことは、その部分に自信がないからなのです。

「私はもしかしたら間違っているかもしれない」「もしかしたら私は、力がないのかもしれない」そんな不安を抱えていると、正しさを証明し、力を証明する必要が出てきてしまうのです。
そして自信がない分、正しそうな男性、力がありそうな男性では、負けてしまうように感じます。

ですから、自分の正しさが証明しやすい、力が発揮しやすい、わかりやすいダメンズを選んでしまうのです。

ところが、人間誰でも「あなたは間違っている」「あなたは力がない」と否定されるのは嫌なものです。
正しさの証明、力の証明をしようとすればするほど、ダメンズの反撃にあいます。
「俺は、間違ってないぞ!」「俺は、力があるんだぞ!」とダメンズは大暴れすることになってしまうのです。

やればやるほど、ダメンズのダメっぷりが、やはり強化されてしまうのです。

>>>『ダメンズコレクターな私(4)〜どうすればいいのでしょうか?〜』へ続く

------------------
2015年3月15日にダウンロードサービス【きくまる】にて以下の講座が販売開始されます。

○男心は複雑〜困った男の心理色々〜
○女性がとるべき態度〜困った男の対処法〜


ダメンズコレクターさんは、ぜひ聞いてみて下さいね。


-------------------


関連する講座へのリンク集
4.罪悪感の心理学1〜罪悪感とは?〜
42.愛される価値とは?〜無価値感の心理学〜
175.粗探しの恋愛〜無価値感がさせてしまう罠〜
335.女って生き難い?
479-1.だめんず(ダメ男)にハマってしまう心理(1)〜だめんずとは?
479-2.だめんず(ダメ男)にハマってしまう心理(2)〜なぜ、“だめんず”
479-3.だめんず(ダメ男)にハマってしまう心理(3)〜助けたい症候群
479-4.だめんず(ダメ男)にハマってしまう心理(4)〜デキる女の落とし穴〜
515.バチがあたるって本当?〜パートナーシップと罪悪感の心理学〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール