お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.639-4 心の緊張を緩めてみよう(4)〜『いけないはずなのに』と思わなくていい〜
講師:原裕輝
『もっと○○しなくっちゃ』と思うことで自分のバージョンアップにつながることがあります。
自分の成長のための目標や、課題を見つけ、そこに向かった進んでいくような言葉です。
しかし『もっと○○しなくっちゃ』と思いすぎていくと『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』という思いに発展していくことがあります。
『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』の後に続く言葉ってろくな言葉が続かないと思いませんか?自分を責めるような言葉、自己否定するような言葉が言葉が続くと思うんです。
『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』になっていたら手放していきましょう。
Keywords
しなくちゃいけないはずなのに  バージョンアップ  バージョンダウン  手放し   進化

●しなくちゃいけないはずなのにという思いに発展

『もっと○○しなくちゃ』という思いを持ったこはありませんか?

例えば、もっと気遣いをしていかなくっちゃとか、もっときっちり家事をしなくっちゃとか、仕事をもっと要領よくしなくっちゃなどです。
他にもいろいろあるかと思います。

そう思っていくことで気遣いがより上手くなれたり、家事をよりこなせたり、要領よく仕事ができるようになれたりします。

『もっと○○しなくっちゃ』と思うことで自分のバージョンアップにつながることがあります。
自分の成長のための目標や、課題を見つけ、そこに向かった進んでいくような言葉です。

しかし『もっと○○しなくっちゃ』と思いすぎていくと『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』という思いに発展していくことがあります。

『もっと○○しなくちゃ』と自分で思っている基準に到達できていない時に『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』と思ってしまうのです。

もっと気遣いをしていかなくちゃいけないはずなのに・・・とか、もっときっちり家事をしなくちゃいけないはずなのに・・・とか、仕事をもっと要領よくしなっくちゃいけないはずなのに・・・などです。

『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』の後に続く言葉ってろくな言葉が続かないと思いませんか?

自分を責めるような言葉、自己否定するような言葉、自分を惨めにするような言葉、失敗感を感じるような言葉、心が疲れてしまうような言葉、今後のモチベーションアップにはならないような言葉が続くと思うんです。

これでは自分のバージョンアップにつながるどころか自信を失い、心が疲れ、自分を嫌ってしまいかねません。
バージョンダウンになっちゃいます。

これも前々回の過ぎたるは猶及ばざるが如し(すぎたるはなおおよばざるがごとし)の法則で、良い思い出も過ぎてしまうと悪影響がでてしまうわけです。

もし、あなたが『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』と思うことがあったら『いけないはずなのに』を手放していきましょう!

『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』と思わなくても良いんだよと自分に言い聞かせてみましょう。

そして、それはできたらすごいことであって『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』と思わなくても良いとも思ってみましょう。

『もっと○○しなくちゃ』と思うことは、今よりも良くなろうとしている思いのはず。
今していないことをこれからはしようという思いだったり、今できていないことをできるようになろうとする思いだったりと今よりも良くなろうとしている思いなはず。

今よりも進化(進歩)しようとしているわけです。
自分が思っているほど進化ができていない時は『もっと○○しなくちゃいけないはずなのに』と思ってしまうのはわかります。
するとできているところではなく、できてないところに意識を向けてしまいます。

しかし思ったほど進化ができていなくとも、ちょっとだけも進化できているところに目を向けることを心がけましょう。

それは自分が思っているほどの進化の100パーセントのうちの1パーセント分の進化できてないかもしれません。
その1パーセント分のちょっとした進化かもしれません。

例えば気遣いは上手くできなかったけど試みようとはできた、家事は相変わらず下手だけど少し楽しくできた、要領を良く仕事をしているとは言いがたいけどがちょっと残業が減ったということは少しは要領良くなれたのかななど、ちょっとした進化を見つけてみてください。
できてないところに意識を向けるのではなく、できているところに意識を向けるのです。

そうすることでより心の緊張を緩めていきやすくなるでしょう。
お試しください。

(完)


関連する講座へのリンク集

494-1.自分が作るプレッシャーからの解放(1)〜プレッシャーを手放すための許し〜
494-2.自分が作るプレッシャーからの解放(2)〜完璧主義がプレッシャーを作る〜
494-3.自分が作るプレッシャーからの解放(3)〜ベター、ベストを目指そう〜
494-4.自分が作るプレッシャーからの解放(4)〜期待を手放す〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール