根本さん、理加さん、こんばんは!宮脇静です。

先日は本当にありがとうございました。メールもいただけて嬉しいです!
返事が遅くなってごめんなさい。
あの後、あまりにもテンションが高かったのでもう少し落ち着いてからお便りしようと思ってましたが、相変わらずかなり浮ついた状態が続いてます。(^▽^)

あの、宮脇静はもしかして・・・私ですか??ステキな仮名をありがとうございます!いや、違ってたら?恥ですがワタシですよね?
もし、もしよろしかったら静(仮名)本人の体験談も載せていただきたいと思いまして・・。

原文でも抜粋でも、載せていただければ嬉しいです。あの感動を他の人にも伝えたい思いです。
ただ他の方の体験談に比べると非常に長いのですが・・・どうしても書きたかったので、まずは読んでください〜。

☆☆☆と言うことで勝手に書いちゃいます。体験談☆☆☆

私の夫は三年前に亡くなりました。
とてもショックだったけれど、どうにもならないことだし、時間が経てばいつかは忘れられるだろうと思うしかありませんでした。

でも無理でした。苦しい思いが日増しに重くなっていって、うつ状態になり無気力になり、身体も壊しがちで仕事も満足にできません。
恋人ができても、いつも何か重苦しく感じていました。
何を見ても聞いても感動できないし、涙も出ない、心から笑えない、胸の奥が石みたいに堅くかちかちになっていくようで、生きてる実感がないままに、ただ月日が流れていくだけでした。
なのに自分ではどうすることもできなくて焦っていました。

そんな毎日が変わることなんてあるの?と疑問を持ちながらも今回勧められてセッションを受けることにしたんです。
最初は何をされるのかな?と不安を感じたけれど、お喋りをして軽い冗談で笑ったり、音楽を聴いているうちに少しずつ気持ちがほぐれました。

それから、根本さんと理加さんに手を引かれるようにして自分の心の中に入っていけました。

頭に浮かんだのは、幼い頃からだんだん成長していく自分自身の遍歴。
幸せそうな時期、希望に溢れていた時期の自分を思うと、怖くて近づけません。
今の絶望的な私を見せたくない、こんな大人になって申し訳ない、そんな思いです。
でも勇気を出して抱きしめるイメージを浮かべ、次々と自分の過去を見ていって、最後に見えたのは何もない部屋にいる今の自分自身でした。
空っぽの部屋、でも後ろを振り返ると何人もの私がずらっと並んで必死で今の私を見てるんです。びっくりしました。
今の姿のままで産まれたわけじゃない、三十数年分の私が積み重なって生きてきたんだ、そして皆がこれからの私の行く先を応援してくれてる。
そう思うと「ああっ、大変だ!こんなままじゃいられない。がんばらなきゃ」ってガーッと勇気が出てきました。涙も出ました。
だって誰よりも私のことを解ってくれる応援団なんだもの。

かなり気持ちが楽になってから休憩をはさみ、根本さんご夫妻と一緒にランチをして楽しくお喋りができました。
続いてのセッションは、今の私の心の中でした。

「夫を許して天国に送りたい私」と「まだ怒ってて許せない私」がいてソファに交互に座って、一人二役のお芝居みたいなことを始めました。
最初はやっぱりヘンな感じがしたけれど、やってるうちにだんだん自分に腹が立ってきて、怒りの感情が出てきます。
根本さんが、コチコチに固まってた感情をどんどん出せるようサポートしてくれます。
「もう許しましょう、忘れましょう」と気弱な私に、
「良いコぶってきれいごと言って、なんだコイツは!おまえのせいで私は苦しいんだ」と責めたい私。
でもどっちも私。わけがわかりません。
争いが平行線になったところで、”許したい私”を理加さんが替わって演じてくれました。
あらためて見ると、とても辛そうで悲しそうで寂しそうな私の分身。
ずっと分かれてあらゆるエネルギーを使って戦争をしてきた私自身。
どちらも私なのに、どっちの私も夫が大好なはずのに、どうして争わなければいけなかったのか。もうこれ以上自分を傷つけたくない。
「一緒にがんばろう」って声を掛けると、分身の理加さんが私を暖かく抱きしめてくれました。

初めてどれくらい自分を嫌ってたか、どれくらい愛したかったか、痛いほどわかって、全てのものが愛しくて、いっぱい涙が溢れました。
それから、会えなくなって3年間、ずっと私のことを心配そうに見てた夫がやっと心から安心して笑ってる姿が目の前に浮かびました。

「夫を天国に送りたい」とは思ってたけど、天国のイメージってず〜っと遠いところに行ってしまうようでイヤだったんです。
でも、手を伸ばしたら届きそうなくらい、近いところだったんだってわかって驚きました。
それまでは、苦悩する夫の魂をずるずると重そうに引きずってやっぱり苦悩してる私、だったんですが、そのときやっと夫も一緒に楽になれたんだって実感できたんです。

夫の寿命は短かったけれど、私たち出会えて良かった、結婚できて良かった生まれてきて良かった、ちゃんと意味のある人生だったと心の底から思えました。

自力で3年がんばったつもりが全然できなかったことを、たった1日でできてしまっていいの?!と半信半疑でしたが 、この2回のセッションで私はウソみたいに楽になれました。
臨床心理学の効果と、根本さんご夫妻のお仕事にすごく感謝してます。

余談ですが、その後今の恋人とは恥ずかしいほどラブラブで、夫はそれを「しょ〜がないな〜」って笑って見守ってくれてる感じです。(ついでに身体が活性化したのか、お肌もピチピチしてきました)
やりたいことや、夢も次々と湧いてきます。
再び創作活動に戻って、たくさんの人に楽しんでもらいたいです。
この先また辛いこともあるだろうけど、それはやっぱり怖いけれど多分また何度でも立ち直れそうな安心感を、今は感じてます。

心は目に見えないから、どれくらい病んでるか痛んでるかも見えません。
苦しすぎると不感症になって怒りもしないし泣きもしない、でも喜びも幸せも感じられなくなるみたいです。
癒されてみて、初めてその大切さをしみじみ思いました。

☆☆☆おしまい☆☆☆


おかげさまで色々な感情を感じられるようになりました!
正直言って、ちょっと情緒不安定かな?とも思いますが、些細なことで悲しくなってもすぐに落ち着くし、何より嬉しさを感じるアンテナが全開!みたいなんです。

夜ベッドに入ったとき、心地よい疲れを感じて無意識に「あ〜幸せ〜」とつぶやいてる自分にびっくりしました。3年?5年?もっとでしょうか・・長らく一度も口にしてない言葉だったんです。涙が出そうなほど感激しました。

アフターサービスだと思って(^^)ついでにおノロケも聞いてもらっていいですか?
あの日セッションが終わった後、マンションを出ると彼が車を止めてなんと2時間もそこで待っててくれたんだそうです。
以前の私なら「申し訳ない」で一杯だったと思いますが、すごく嬉しくて内容を説明しようと思ったけど上手く話せなくて、取り敢えず「いっぱい泣いたよ」と言ったら「良かった?」と聞かれて「うん!」と笑って答えたら「お疲れさん」と彼も笑って頭を撫でてくれました。
何を話しても楽しくて笑い転げてたら何度も嬉しそうに抱きしめてくれました。
理加さんが「ニコニコ笑ってたらいいのよ〜」と言ってくれた意味がよ〜くわかりました。
私を「受け取り上手な女」にしてくださって本当にありがとうございます。

更に今、ありがたい不眠症に悩まされてます。
ターボ全開でかっ飛ばしたい私が目覚めて、描きたいストーリーや将来の夢を細かく空想して止まりません。
でも仕事としてはまだOKを出せるレベルではないし、身体がついていかないので(もうトシだし・・)「ちょっとずつやろう」と自分でいさめてます。
若干の焦りがあるようです。

赤ちゃんのようにまっさらな心に戻ったわけではないのですが、ずいぶん柔らかくなった今、色んなことを吸収して感じてみたいです。
感じやすくなった分、家族のことなども気になってきました。
また必要を感じたときに、ぜひセッションを受けたいと思ってますのでそのときはよろしくお願いします。
多分その前に、また何かにつまづいてお電話すると思います〜。

長々と書いてしまいまして、読むのも大変ですよね。
もう、めっちゃハイテンションなんで許してネ。
読んでくださってありがとうございました!
まだまだお伝えしたいこともありますが、それはまたいずれ・・。(ホームページの感想などです)

ではまた、お会いできる日を楽しみにしてます!

”個人カウンセリングの実際”ページに戻る