カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
彼氏に振られました。うつ病だそうです。
相談者名
TM
初めまして。相談させて下さい。

彼氏にうつ病だと打ち明けられ、振られました。
どうしたら良いのか、分からずにいます。

彼は今年に入ってから、ずっと仕事に追い詰められていました。
月の残業時間は100時間を超えていました。
彼と同じ資格を持っている人が職場におらず、彼がいなければ仕事は回らないし、彼は孤立していました。
その中で、原稿や講師など、職場以外の仕事も、いくつも掛け持ちしていました。

その時、私は彼を突き放すようなメールをしてしまいました。
謝りましたが「彼女にも責められたら、寄る辺がない。そうやって追い詰めるといいよ。」と返ってきました。
それから、会いたいと言っても断られるようになり、会えないまま4ヶ月経ちました。

そして、先日、メールで言い合いになり、彼からうつ病だと告げられました。

彼は「心配してくれない私」に傷つき「心配しすぎる私」にプレッシャーを感じているようでした。
「ひとりでいたい。」「幸せにしてあげられない。何もしてあげられない。別れた方がいいと思う。」とメールがきました。
私は「別れたくない。」と返してしまいました。

彼からは「連絡できず、話もできず、ごめん。仕事を大切にね。ただ体には気をつけて。」とメールがきました。
そこで、差し入れをしてしまったら「朝から晩まで仕事で、食べれていない。差し入れはプレッシャー。心配しなくて大丈夫だし、心配されすぎたくもない。プレッシャーだしこわい。やめて欲しい。それが伝わってない気がする。」とメールがきました。

私は、現状をうまく受け止められていないのかもしれません。

私は、もともとストレスに弱くて、過呼吸になったり、何もできない日があったりします。
最近は調子が良いですが、仕事が詰まってるときは、とても情緒不安定です。
他にもいろいろ背景があって、彼には私がプレッシャーだし、彼の中で私を邪険にできないのかなと思います。

少なくとも、今は私が彼に関わるのが、良く無いのかな、と思っています。
別れたくないのは、私の本心ですが、彼を苦しめたくないです。
どうしたら良いのでしょうか。
冷静な判断ができなくて、どこを目指せば良いのか分からずにいます。
カウンセラー
三好成子
TM様こんにちは、今回担当させていただきます三好成子と申します。

ご相談を拝読させていただいて感じたのは、
お互いにいっぱいいっぱいの時期が続いたのだろうな?という事です。

お互いに助けて欲しかったし、助けたかった。
でも、いっぱいいっぱいで、衝突してしまった…
という感じでしょうか?

彼は、TM様に怒っているのではなくて
TM様をじゅうぶんに助けてあげられなかったと感じる自分に怒っているのではないでしょうか?

男性は『役立たず感』を一番恐ると聞いた事があります。
お互いに大変な状態の中、何とかしてあげたかったのに
自分の大変さばかりを優先して、
TM様を助けることが出来なかったことへの苦悩があったのかも知れませんね。
そんな自分に『役立たず感』を持ったのかも知れません。


彼はがんばりやさんで、人に助けてという言葉を言えないタイプのようですね
責任感も大きい様子です。
いい加減なことが出来る人ではない分、全部背負ってしまうのではないでしょうか?

完璧主義のようにも感じます。
自分がそうであるように、人にも完璧を求めるかも知れませんね。

『「心配してくれない私」に傷つき「心配しすぎる私」にプレッシャーを感じている』
そんなに上手に心配を扱える人はいませんよね?
でも、ちゃんとやってほしいと思う彼の中にある完璧への思いは
もしかすると彼の親御さんへの気持ちが隠れているのかも知れません。

TM様へ対しても
『連絡できず、話もできず、ごめん。仕事を大切にね。ただ体には気をつけて。』
という文面からも、お互いに忙しさと気持ちのいっぱいいっぱいさが伝わるようです。
その中で完璧に愛そうと思うと疲れ切ってしまう、できない自分を責めてしまう
という事になってしまうと思うのですね。

今、彼の周りには人の感情や、出来事や、やらなければならない事で
あふれかえっているのかも知れません。

本当に一人になりたい、何もない世界へ行きたい、と思っているのかも知れません。
でも実際はそうもいかず、いろんなものの中で必死に生きているのだと思うのです。

こういう時は、やっぱり、そっとしておいてあげるのが一番だと思いますし、
TM様もできる限り心と時間に余裕を持てるようになるのはどうすればいいのだろうか?という方面の考え方をしていくのが良いのかな?と思います。

なせならば、今TM様が彼に近づいていこうとする時、
同じようにいろんなものを背負っている人がくると言うイメージを持ってしまうのではないかと思うのです。

そう思うと、今でもいっぱい背負っている彼にとっては辛いですよね?

だから、TM様は出来るだけ背負うものを外して、
身軽な楽しい世界へいざなえるような、そんな雰囲気を作っていくことをお勧めしたいと思います。

忙しい彼のために、また、自分のためにも
女性として生まれ、愛する人を癒せる。
そんな人になってほしいな・・・と私は思います。


鬱状態になっている彼の殺伐とした心に、TM様という花束のような優しさを
届けて差し上げてほしいなと思います。

ご相談、ありがとうございました。


●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。