カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
夫から離婚切り出されました。
相談者名
かえで
かえでと申します。よろしくお願い申し上げます。
昨年末に主人の浮気を疑い、同時に今まで私の中にたまっていた不満も一緒に爆発させてしまいました。不満とは、今海外駐在中でして子供学校の事をもう少し手伝って欲しい、疲れているのはわかるが最近態度が横柄、クリスマスに飲みに行った、家の手入れを手伝わない事などです。そして4年前に風俗に近い所への出入りが発覚して以来信用できなくなった事もです。
浮気は私の勘違いだったようですが、私に言われ夫はもういい、今までの事は感謝しているがこの先一緒にいられない。話しかけるな。放っといて。そこから家庭内別居のようになりました。
しばらくは、お弁当を持って行き、食事もして、子供との会話もありました。
こんな状態になり私は大変なことをしてしまったと、色々と考え私も主人にきつく当たったり、感謝を忘れ当たり前になっていた事を反省しました。
それから少しづつですが感謝をし、ありがとうと伝えました。
でも感謝すればするほど悪い方へ行くようです。
最近では、悪いから自分の事は何もしなくていい。疲れた。家族の中に自分はいなくていいと思う。頑張れない。仕事も頑張れない。子供達(中1、高1娘)に何かしてあげようとも思わない。旅行行きたければ3人で行って。家族と出かける事は難しい。
一緒にいても笑う事はない。
慰謝料、財産分与、養育費払うから離婚して欲しいと言われました。
話している時はずっと下を向き表情変えず、思い詰めているようです。
私も今まで海外駐在で慣れない生活で子供中心にしてしまい、疲れている主人を癒してあげられず、優しく出来ず申し訳なかったと謝罪しました。
私が謝ってもこれは自分の問題と言います。
ただ機嫌が悪いだけならいいのですが、無表情で仕事も頑張れないという所がとても気になりました。睡眠時間は6時間位取り、毎日ジムに通い。決まりきった事を淡々としているようです。食事は食べていますが、量が減っているようです。
精神的に参っているようです辛いです。
海外駐在中なので今すぐ別居離婚など出来ません。
私は一緒にいたいと伝えてあります。家族にとって主人は必要な存在とも伝えました。
私はどう接していけばよいのでしょうか。
カウンセラー
嶽きよみ
かえでさん、はじめまして。
今回担当させていただきます、嶽きよみと申します。

メールを読ませていただいて、かえでさんの辛いお気持ちがたくさん伝わってきました。

これまでたくさんの我慢を、ずっと自分の中にためこんでいらっしゃって、それがご主人の浮気の不安がきっかけとなって、爆発してしまったのですね。

きっと、ご主人や家族のことも考え、ひとりでがんばってこられた部分が多かったのではないでしょうか。

溜め込んだ気持ちが爆発すると、普段思っていないようなきつい言葉が、つい口にでてしまったりもするものです。

>こんな状態になり私は大変なことをしてしまったと、色々と考え私も主人にきつく当たったり、感謝を忘れ当たり前になっていた事を反省しました。
それから少しづつですが感謝をし、ありがとうと伝えました。

ご自分で色々気づき、反省し、しかも改善までされているということは、本当にご主人を大切に思っていらっしゃるんだと思います。

でも、きっとこれまで、慣れない海外赴任の生活の中で、お家のことや子供さんのことなど無我夢中でやってこられたのではないでしょうか。
ご主人にもなかなか助けてもらえず、そのストレスを一人で抱えてこられたのではないですか?

そしてまた、ご主人も同じように一人で頑張る方なのかもしれませんね。

>最近では、悪いから自分の事は何もしなくていい。疲れた。家族の中に自分はいなくていいと思う。

かえでさんや家族のことを大事に思っていたからこそ、慣れない海外赴任の仕事をがんばってこられたのでしょうよね。

そして、かえでさんが爆発したとき、もしかしたらこれまであまり気づかなかったかえでさんの不満を知って、そんなに苦しい思いをさせてきたことに大きな罪悪感を感じていらっしゃるのかもしれません。

>私が謝ってもこれは自分の問題と言います。ただ機嫌が悪いだけならいいのですが、無表情で仕事も頑張れないという所がとても気になりました。

ご主人の様子から、がんばるために張り詰めていたものがぷちっと切れたような状態になっているように思います。

罪悪感を強く感じているときというのは、優しくされたり、人によくしてもらうことがとても辛くなってしまったりしますので、ご主人はご自分を強く責めていらっしゃるように思います。


>睡眠時間は6時間位取り、毎日ジムに通い。決まりきった事を淡々としているようです。

決まりきったルーティンをこなしていらっしゃるのは、無意識に、それで平静な気持ちを取り戻そうとしてらっしゃるのではないかと感じました。

>食事は食べていますが、量が減っているようです。
精神的に参っているようです辛いです。

かえでさんが、そんなご主人を見て心配されるのは無理はありません。
ただ、あまり心配しすぎるとかえってご主人の負担になる場合もありますから、出来るだけ明るい様子で接することを心がけてみてください。

かえでさんがいつも辛そうな心配そうな様子だと、ご主人が自分を責める気持ちがまたさらに強くなってしまうかもしれないからです。

>私は一緒にいたいと伝えてあります。家族にとって主人は必要な存在とも伝えました。

かえでさんの思いは、きちんと言葉で伝えることができているようなので、あとは、少し時間を置いてみることも必要かもしれません。

ご主人と家族でいることが幸せなことなんだ、ということを、言葉ではなく態度や表情、もしくは空気感などで伝え続ける、という感じです。

押し付けるのではなく感じてもらうことが大事だからです。

>私はどう接していけばよいのでしょうか。

まずは、離婚についてはご主人の考えをいったん受け止め(今は、ご主人の言葉や考えに、反論や否定はされないほうがいいと思います)、結論についてはゆっくり考える提案をしてみてはいかがでしょうか。


>それから少しづつですが感謝をし、ありがとうと伝えました。
でも感謝すればするほど悪い方へ行くようです。

悪い方へ行っているようにみえるのは、それはかえでさんの感謝がご主人にちゃんと伝わっているということです。

罪悪感や自己否定が強い時などは、自分にひどい扱いをされるほうがあたりまえと感じてしまうので、優しくされると暴れたくなってしまうことが少なくありません。

ですから、それは、やめてしまうのではなく、出来るだけご主人が受け取りやすい形を考えてみてください。

つまり、10,000円のプレゼントなら、お返ししなきゃも頭によぎって受け取りにくくても、100円なら気軽にもらえる、というのを積み重ねるということです。

>家族の中に自分はいなくていいと思う。頑張れない。仕事も頑張れない。子供達(中1、高1娘)に何かしてあげようとも思わない。

頑張らなくていい、何もしてあげなくてもいい、ただ、ご主人の存在がすごく大切なんだということをわからせてあげていただけたらと思います。


ご主人が笑えないなら、まずはかえでさんが、家族であることの幸せを感じることからはじめてみてはいかがでしょう。

感情を扱うのは、おそらくかえでさんの方が得意なはずです。
ご主人の愛を、これまで受け取れきれていなかった分までたくさん受けとってくださいね。

今、状況が悪いにせよ、一緒に生きていられることの幸せを感じてみてください。

話をするタイミングがあるときには、過去の嬉しかった話、楽しかった話、乗り越えてきた話、など具体的は話題を取り上げるのがおすすめですよ。

よかったらためしてみてくださいね。

さらに少し具体的な内容は、直接初回無料のお電話などいただければと思います。


はやくかえでさんに笑顔が戻りますように。
ご相談ありがとうございました。

嶽きよみ



●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。