カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
宿命
相談者名
しるば
好かれる人間は、何をやっても好かれる。
嫌われる人間は、何をやっても嫌われる。

良く思われる人間は、何をやっても良く思われる。
悪く思われる人間は、何をやっても悪く思われる。

ひとりでポツンといれば、「同情してもらおうと思ってる」と言われる始末。

遊びの仲間にも、「人数が半端になる」と、入れてもらえず、
たまたま入れてもらっても、他の人が来たら、、「お前抜けろ」と言われた。

部活動もどこへ行っても、「お前なんか入んな」と言われ、入れてもらえなかった。
特にブラスバンド部がひどかった。

素直に親の言う事を聞いただけで、いじめの標的にされる。
トラウマとなってる言葉が、たくさんある。
親が学校の帰りに寄ってこいと言ったので、寄ってきたら、上級生に「道草食ってる、とっとと帰れ」と言われ、傷が増える。
そいつには、たまたまそっちを見てたら、「お前が見ると腐るんじゃ」と言われた。
そいつは私が弱いから、抵抗できないから、言えたんでしょうね。
私が強ければ、傷つかずに済んだ。

弱くて無抵抗なのをいいことに、いじめの標的にされ、二言目には「腐る汚い」と言われ、教師に相談しても、「お前が悪い」の冷たい一言。

いつでも、貧乏クジを引いている。
会いたくない時に限って、会いたくない奴に出くわし、いじめを受ける。

知らない奴にまで、頭を強打されたり、暴言を浴びせられたりする。
「あほ!死ね」と、浴びせらる。

大勢の人間が、いじめにかかれば、それが正しいと思い。他の人間まで、私をいじめにかかる。

我慢をすれば、「根性がない」と言われ、言い返せば、「我慢を知らない」と言われる。
黙っていれば、「はっきり言え」と言われ、はっきり言えば「お前も言ってるやろ」と言われる。
いじめられてるこを言わなければ。「気付いてないあほや」と言われ、言えば、「お前だって言ってるやろ」と言われる。
いじめを受ける人間は、何をやってもいじめをうける運命にある。
「今までだまっといたったけど、もう容赦せえへん。」と、余計にいじめがひどくなる。サッカーの時間に、後ろから体当たりされて、傷が増えた。
カウンセラー
小倉健太郎
しるばさん、はじめまして。
担当をさせて頂きます、小倉健太郎と申します。

文章をよく読ませて頂きました。
そして、まずは一言言わせて下さい。

「しるばさん、あなたは強い!」

しるばさんが、人からされて辛かった事、嫌だった事は、ここに書いてくれた事だけでなく、本当にたくさんの事があったでしょう。

今回書いてくれた事があっただけでも、心の弱い人なら、逃げだすか、または、逆に攻撃的になって、人や物を激しく攻撃したりしてもおかしく無いと思うんです。

でも、しるばさんは、こんな地獄のような毎日にも関わらず、なんとか耐えておられるように感じますし、そんな姿勢が、とても心の強い人のように感じられるのです。

そして、もしもこんな辛い毎日に耐える事が、するばさんの宿命であったとしたら、それは一体どんな宿命なのでしょう?

私は、しるばさんには、人を助ける宿命、つまり、本当のヒーローになるという宿命が課せられていると思いますよ。

まずは、自分の胸に手をあてて、心の声を聞いて頂けないでしょうか?

「自分は、何のためにこんな日々を送っているんだろう?どうして自分は逃げ出したり、破壊的にならずに耐えているんだろう?」

湧き上がってくる言葉に、しるばさんが今こうしている本当の目的が見えてくるような気がします。

しるばさんは、もしかしたら、周囲に自分を助けてくれる人なんていない。みんな薄情だと思っているかもしれません。

自分には、今の状況を乗り越え、幸せと希望に満ちた毎日になれるなんて信じられないと思うかもしれません。

でも、しるばさんは、本当の意味で人生に絶望している訳でも無いし、何か自分が救われるいい方法があるのではないかと考えていらっしゃいますよね?

でなければ、今回この無料相談にご相談を頂く事は無かったと思うんです。

まずは、よくここまでたどり着きました。
そして、よく勇気を出して、ご相談をして頂きました。

もう今からは、私もしるばさんの味方ですし、一緒に解決策を探していきましょうね。

まず、しるばさんにやって欲しい事は、仲間(お友達)を見つける事です。
もちろん、私も、しるばさんの仲間であり、これからはしるばさんと共に、しるばさんを応援し、しるばさんを励ましていきたいと思います。

そして、もっと仲間を増やしていって欲しいんですね。
例えば、身近な人の中で、しるばさんの気持ちをわかってくれそうな人は他にはいないでしょうか?
もしくは、同じように、辛い毎日を送っている人は、他にはいらっしゃらないでしょうか?

そんな人を探して、勇気を出して、コミュニケーションをとっていって欲しいのです。
どんな心の強いヒーローでも、仲間や応援してくれる人は必要ですね。

今のような過酷な状況は、いずれ終わると思います。止まない雨なんてありませんよね。

そして、この苦しい状況が終わってからが、しるばさんの本当の人生の始まりと言ってもいいかもしれません。

でも、それまでは、まだしばらく辛い日々が続くかもしれません
その時までは、どうか生きて、生きて、生き抜いて下さい。

しるばさんは、この世に不可欠な、ヒーローになる為に生まれてきたのです。
今は、それは分からないかもしれません。

でも、しるばさんがここで倒れてしまったら、未来の地球はもっと過酷な世の中になってしまうでしょう。
そんな事にならないためにも、この地獄のような日々が、もうこれからの若い人たちにやって来ないようにするためには、どうしても、しるばさんのように心の強い方が必要です。

なので、必ず生き抜いて下さい。
お願いします。

例え、このままお会いする事が無かったとしても、私はしるばさんを応援しています。
今回は、ご相談ありがとうございました。

小倉健太郎

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●

●このページはリンクフリーですが、著作権は当社にございます。無断転載を禁止いたします。