カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
就職がきっかけで卑屈になった彼氏
相談者名
しー
こんにちは。しーと申します。20歳の大学2年生です。私には付き合って半年の彼氏がいるのですが、彼について相談させて下さい。
彼が最近、急にとても卑屈になって困っています。
彼は中学の時から学校にほとんど行かず、毎日遊んですごしていました。中学卒業後は、就職したりバイトをしたりと色々経験したようですが、どれも途中で辞めてしまいまた遊ぶ・・・。の繰り返しだったようです。私と出会った時は無職状態でした。辞めてしまう理由を尋ねると「今まで遊んできたから、働くことに覚悟決められない。駄目だって分かってても逃げちゃうんだよね」と言われました。正直甘ったれてるとは思いましたが、両親とは絶縁状態で、お金を一切もらっていないと聞き何も言えなくなりました。
そんな彼が最近、また就職しました。最初は二人でお祝いし、「頑張ろうね!」ととても明るく前向きにいたのですが、最近の彼はマイナス思考の塊です。
「俺って負け組だよなー。クズ人間だ」「俺の何がいいの?何でこんなクズと付き合ってくれてんの?」「俺が死んだら泣く?泣かないよな、こんな奴のために」
と、とにかくあげたらキリがありません。最近は私と自身を比較して「お前はいいよな、頭もいいし何でもできるし。俺ダメ人間だ。お前だけには俺みたいに汚くなってほしくないわ」などと言ってきて何て返せばいいのか分からず黙ってしまいました。「お前の事好きすぎて自分のクズさが辛い。こんなに人生後悔したの初めてだ。でももう人生取り返しつかないよな」と言われた時は言葉に詰まり、私が泣きそうになってしまいました。
最初は「ダメなんかじゃないよ」と一生懸命励ましていたのですが、何て声をかけても彼の心には響かないようです。頑張ろうとしてるのに遊びに走ってしまうジレンマに悩んでいるのはすごく伝わってくるのですが、正直ネガティブすぎて私まで暗い気持ちになってきました。
学生しか経験したことない私じゃ、いいアドバイスも気の利いた言葉も思い浮かびません。彼が今どういう心理状態なのか理解できません。
何と声をかけてあげるのが正解なんでしょうか。甘えを怒るべきなんでしょうか。それとも慰め続けるべきなんでしょうか。このままでは私も苦しいです。
どうかアドバイスをよろしくお願いします。
カウンセラー
沼田みえ子
しーさん

ご相談ありがとうございます。
今回担当させていただきます、沼田みえ子です。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、ご相談拝読いたしました。

彼もそしてしーさんも苦しい気持ちの中にいますね。
大好きな彼が辛そうにしているのは、本当に見ている方も悲しい気持ちに
なってしまいますものね。

彼の気持ちを見ていきましょう。

彼は両親とは絶縁状態とあります。

高校にも進学していない、と言うことは恐らく子供の頃から彼は両親に関心
を向けられた事はないのではないか・・と思います。
子供の多くは「両親に褒めてもらいたい。認めてもらいたい!」という
「承認欲求」を持っています。

小さい子供が絵を描いて、
「ママ、見て見て!」と見せてきたり、高いジャングルジムにのぼって
「ママ、こんな高いところに登れたよ!すごい?」
と言ってきたり。

この時に子供達が求めているのは、
「あらー、すごいじゃない。上手ね?。」
「そんなところまでのぼれるの?流石ね?」
という、褒め言葉です。

人はこのような褒め言葉で「自己肯定感」を高め、自信をつけていきます。
そして、この「自己肯定感」が人間関係を上手に築く力になったり、社会人に
なって仕事を通しての生きる力につながって、人生を実り豊かなものにしていき
ます。

ところが、しーさんの彼の場合、
「自分は両親から認められている。僕が生まれてきて両親は喜んでいる。」
というような「承認された経験」が無かったのではないかと思われます。

すると自分がとてもダメな人間に思えてしまう。
生きていても意味がない気がする。

と言うような気持ちになってしまい、人とかかわる時に上手くいかなかったり、
仕事も続けることが出来なくなってしまうことがあります。


>「俺って負け組だよなー。クズ人間だ」
>「俺の何がいいの?何でこんなクズと付き合ってくれてんの?」
>「俺が死んだら泣く?泣かないよな、こんな奴のために」

これらの言葉は、彼が「自己肯定感」を感じていないために自身に「無価値感」
を感じてしまっている事が伺えます。

ほとんどの男性は、付き合っている彼女、または奥さんに対して
「お母さん」を重ねることは多いようです。
つまり、
「お母さんに甘えるように甘えたい。」
「僕のことを褒めて!認めて!」
という気持ちを持つことがよくあります。

彼の場合は特に子供時代にこの欲求が満たされなかったので、
しーさんに無意識に求めてきているように思います。

>お前の事好きすぎて自分のクズさが辛い。こんなに人生後悔したの初めてだ。
>でももう人生取り返しつかないよな」

人は誰かを幸せにしたいとき、
誰かを笑顔にしたいとき、

本当に頑張れるようです。
自分の為だけだと、燃え尽きてしまうこともあるのですが、
「自分以外の誰か」の為に・・・
と頑張ると、自分の存在意味を見出すことが出来るからでしょう。

彼に出来ること。

まずはしーさんが彼に沢山承認の言葉をかけてあげて欲しいと思います。
「さすがだね。」「すごいね。」「頑張っているよね。」
繰り返し繰り返し。何度も何度も。

そして「感謝の言葉」を伝えることも大切です。
「私の為に頑張ろうと思ってくれてありがとう。」
「××してくれて、本当にありがとう。」
感謝の気持ちを向けられると、やはり自分の存在価値を見出すことに
繋がります。

けれども人は急には変われません。
何度もネガティブな気持ちをしーさんにぶつけてくるかもしれません。

そんな時、「もう頑張れない!」という気持ちも出てくることでしょう。
そのような時、是非私達にお電話してください。
しーさんを全力で支えていきますよ。
しーさんが彼を全力で支えられるように。

このお答えがしーさんのこれからのヒントになれば嬉しく思います。

ご相談、本当にありがとうございました。

.

●タイトル一覧へ戻る●

●カウンセリングサービスのトップページへ戻る●