2007年10月 3日

こだわりとの戦い〜しあわせを選んでいますか?

最近彼女が出来た42歳の男性の友人が、こんな悩みを打ち明けてくれまし
た。その彼女はとってもやさしい人で、生まれて初めてもっともっと相手を
知りたいと思えた相手だそうです。
あっという間に半年の時間が流れました。
彼は今までまともに女性と向き合うような恋愛をした経験がありません。
彼が今までエネルギーを傾けてきたものは、トライアスロンのアスリートと
しての自分の人生でした。
恋愛経験も浅いものしかなく、仕事もトレーニングの時間に差し障りなく出
来る職種を選んでいました。
まさにトライアスロン一色の人生だったのです。

こだわりとの戦い〜しあわせを選んでいますか?の続きを読む

2007年7月18日

本当の強さ〜先輩たちから学ぶこと

先日姑が大病をして入院しました。
生まれて初めての大きな手術なので、姑はとても気持ちが弱っていて、毎
日たくさんの不安と戦っている様子でした。


姑は普段はとても活発で友達も多く元気印な人なので、周りの人は姑のこ
とをとても気丈な人という印象を持っていました。
ヘルパーの仕事をしていてたくさんのお年寄りのお世話をしたり、元気づ
けたりしてきた人なので、姑自身も「元気に振舞わなければ」という思い
が強くあり、それが姑の「なりたい自分」でもあったようです。

本当の強さ〜先輩たちから学ぶことの続きを読む

2007年5月16日

新しい自分との出会い〜 40歳を過ぎてみつけたもの

みなさんは趣味ってありますか?
私は温泉好きというくらいで、趣味と言えるものなどほとんどない人間でし
た。
今まで興味を持ったものというのは、料理であったり、編み物であったり、
とても現実的で、家族に役に立つものばかりでした。
もちろん好きだから興味を持ったのですが、心のどこかで現実生活に役に立
つものしか視点を合わせていなかったのかもしれません。


そんな私が、最近パワーストンのアクセサリー作りにどっぷりはまってしま
いました。

新しい自分との出会い〜 40歳を過ぎてみつけたものの続きを読む

2007年3月14日

今の自分を生きる!〜価値感の見直し

私は今年41歳になりました。
当たり前の話ですが、41年という歳月を過ごしてきたのです。
長かったようで、実際はあーっっという間だったように思います。

振り返ってみると、ちょうど私が一人目の子供を生んだ頃からバブルの時代
が始まりました。
私の場合は一番貧乏だった時代なのでバブルの恩恵はあまり受けてはいない
のですが、私の周りはとても優雅でした。
友人たちはブランドのバッグを持ち、ゴージャスなデートの話をよく聞かさ
れたものです。

今の自分を生きる!〜価値感の見直しの続きを読む

2007年1月10日

こころのアンテナを変えてみませんか?〜元旦に気づいたこと

新しい1年がスタートしました!
みなさんはどんなお正月でしたか?
私は去年同様に、働く旦那様をねぎらいながらも姑とゴロゴロ過ごしたお正月でした^^

まったくうちの旦那様は働き者なのです。
でも、素直にいつもこう思えてるのかというと、実は私そんなに出来た人間ではなく(笑)元旦も姑とのささいな会話から、どっぷり被害者モードに入ってしまいました。

こころのアンテナを変えてみませんか?〜元旦に気づいたことの続きを読む

2006年11月 8日

自己愛〜こころの充電は満タンですか?

40代のクライアントさんとお話をさせていただいて私がいつも感じること
は「本当に頑張ってこられたんだなー」と、とても強く思います。
40代というと年代的にも与える位置におられる方が多く、仕事では会社の
ためや部下の育成に時間を費やし、私生活では子供がいたりで、責任や役割
をがっちり背負っている年代です。
部下たちにエネルギーを出してもらうために試行錯誤していたり、会社の業
績アップのために睡眠時間を削りながらハードワークをしたり・・・
母親をやっている人は家族のために家事に追われ、時間を見つけてパートで
働き家計を助けて・・・という風に、本当に頑張っているのです。

自己愛〜こころの充電は満タンですか?の続きを読む

2006年9月13日

パートナーシップ〜父と母の真実

父と母は私が子供の頃からケンカばかりしていました。
父はとても潔癖症の亭主関白タイプで、そのくせ我慢をするのでいつも神経が
ピリピリしているような人でした。
子供の私にはとてもやさしかったのですが、対母親に対してはいつも怒ってい
るようなエネルギーで、子供心にこの父の二つの顔に戸惑ったものです。

パートナーシップ〜父と母の真実の続きを読む

2006年5月24日

オープンハート〜ありのままの素晴らしさ

現在大学1年生の息子が幼稚園の頃よく行き来していたご近所のお母さ
ん友達達と、引越しなどもあって約10年ぶりに全員が顔を揃えました。
現在は学校の教師に復帰した奥さん、ヘルパー業を頑張っている奥さん
、専業主婦でボランティア活動をしている奥さん、みんなそれぞれの人
生を送っています。
ワイワイガヤガヤとそれぞれの近況の報告をし合いながら、何かが昔と
は違う雰囲気・・・10年ぶりだというのに、あの頃よりも親密感がある
ぞ・・・何でだろう??昔と何が違うのか・・??

オープンハート〜ありのままの素晴らしさの続きを読む

2006年3月29日

褒められることの大切さ〜母の入院で気づいたこと

先日、私の母が膝の手術のため一ヶ月ほど入院をしました。
こんな長期入院は、母の人生ではじめての事です。
私の母はとても強いタイプの女性で、良く言えばとても気丈で行動力があ
り、何でも取り仕切れる人、悪く言えば少しわがままで強引なところがあ
り、そしてとっても寂しがりやの怖がりさんです。
こんな母が一ヶ月以上かかる入院、リハビリ生活に耐えれるのだろうか?
勝手に切り上げて帰ってくるのではないか・・? 私と兄は少し心配をして
いました。

褒められることの大切さ〜母の入院で気づいたことの続きを読む

2006年2月 1日

パートナーシップ〜結婚23年間を振り返って〜

今月、私たち夫婦は結婚23年目を迎えました。
息子が二人いますが、長男はすでに独立し、下の息子もこの3月で高校を卒業します。
私の母親としての仕事は大幅に減り、大きな責任を終えようとしています。
下の息子は進学をする意思なので、金銭的援助はまだまだ続くのですが、責任という分野では一区切りです。

私が夫と出会ったのは15歳だったので、10代、20代、30代を夫と共に歩いてきました。
そして今年私は40歳。夫と歩く40代が始まろうとしています。
夫との関係も、またまた新しいものにしていく入り口かもしれません。

パートナーシップ〜結婚23年間を振り返って〜の続きを読む

2005年11月24日

鏡の前の自分〜どんな表情をしていますか?

最近鏡を見ると、目じりのシワを見つけては「あーぁ」とため息をついてしまいます。やばい・・・
シワだけではありません。何やらお腹周りも以前にはなかった肉が・・・
外見的な老化を防ぐには、高級な化粧品や、毎日のストレッチをまじめにやればなんとかなるのかもしれません。

では、心の部分で年齢と共に失ってしまうように感じるものって何だろう?

40代の男性にインタビューをすると
・将来がもう見えた気がする
・体力がめっきり落ちた
・冒険心がなくなった
・熱い思いがなくなった

鏡の前の自分〜どんな表情をしていますか?の続きを読む

2005年9月21日

愛の表現〜姑から学ぶこと

先日下の息子が、肺桔梗で2週間ほど入院をしました。
夜の入院だったのですが、とりあえず姑に知らせると
「え!!すぐ行くわーっ!病院は何処ーー?」
私は「大したことないから大丈夫よ。もう夜遅いし・・・」と伝えたのですが、家が近所だったため15分ほどで到着。早すぎる・・・
先生を捕まえて「この子勉強のし過ぎですか???」(息子が受験生のため)先生→「関係ありません!(きっぱり)」
私は思わず笑ってしまいました。

愛の表現〜姑から学ぶことの続きを読む

2005年8月 3日

嫁姑〜遠慮の壁を越えて〜

私は結婚して今年で22年目になります。
ということは、嫁姑としての付き合いも22年という時間が流れました。

結婚10年目くらいまでは、私は良い嫁であることに全力を傾けていました。というのも、私18歳、旦那20歳の結婚だったため、私の心の中にはお義母さんから息子を奪ってしまったという罪悪感と、きっと頼りないと思われる・・・という自信のなさを隠すために一生懸命だったわけです。

嫁姑〜遠慮の壁を越えて〜の続きを読む

2005年6月 1日

息子の自立〜息子の考え、親の思い

先日うちの下の息子高校3年生が「英会話の学校に行くのにローン組むんやけど、親こなあかんから明日一緒に来てな〜」と突然・・・
「はーーー???英会話??ローン????それはいくらかかるの?」
「大丈夫!自分で分割で払うから」
またもや・・・

息子の自立〜息子の考え、親の思いの続きを読む

2005年3月30日

「イキイキ40代を目指して!」〜やるべきことからやりたいことに〜

先日息子と話しをしていると、「オレは普通の大人にはなりたくないねん」
てなことを言い出しました。
普通の大人ってなんだ??? そもそも大人って何なんだろう??
いろいろ話しを聞いていると、息子のいう普通の大人とは、やりたくもない
ことをお金のため、生活のために頑張り、自分の欲求を捨てていくことが普
通の大人と考えているようです。

「イキイキ40代を目指して!」〜やるべきことからやりたいことに〜の続きを読む

2005年1月26日

○40代男性メンテナンス計画! 〜彼をもう一度ヒーローに〜

メルマガご愛読の皆様!
新しい年2005年がスタートしました。
皆さんの2005年のテーマは決まりましたか?

私の今年のテーマは ”旦那と私の身体をいたわる!” です。
なんだかおばさんぽいのですが、主人も今年は41歳の本厄で、今まで見て見
ぬふりをしてきた身体の歪が、だんだんごまかせなくなってきました。

○40代男性メンテナンス計画! 〜彼をもう一度ヒーローに〜の続きを読む

2004年10月27日

○あなたは人生の何章めを生きてますか?

日々のカウンンセリングの現場で、40代の女性のご相談の多くに「子育ても
終わり、旦那は相変わらず仕事に忙しく、私だけ取り残された気持ちになり毎
日が憂鬱です。。。」というようなお話をよくお伺いします。
私にも経験があるのですが、女性にとっての子育ては、まさに全身全霊をそそ
で・・・という言葉がバッチリあてはまりますよね。

○あなたは人生の何章めを生きてますか?の続きを読む

2004年8月18日

○つながり〜家族のコミュニケーション

私たちが「家族である」という契約を交わして、21年が経ちました。
結婚して数年間、私は「家族」というものにたくさんの理想、期待を抱いていました。

○つながり〜家族のコミュニケーションの続きを読む

2004年5月27日

○子どもの思春期

母親をやってきて、一番葛藤があったのはやはり息子が思春期のころでした。
中学に入って2年生あたりから、息子がえらく不機嫌な態度をとるように
なりました。
小学生の頃はなんだかんだあってもかわいらしかった息子が、まるで人が
変わったかのようにかわいげのない態度。

○子どもの思春期の続きを読む

2004年5月 1日

☆プロフィール

 ☆山本真規子(やまもと・まきこ)

 結婚暦20年以上のパートシップのベテランカウンセラー
 現在20歳を越えた息子と、高校に通う息子の2児の母でもある。
 彼女自身、子供の思春期問題や夫婦の離婚の危機も乗り越え、
 現在は幸せなパートナーシップを持つ女性として、
 又、カウンセラーという職業をもつ女性として、
 仕事にプライベートに充実した毎日の生活を楽しんでいる。
 豊富な経験を生かしたカウンセリングには定評がある人気カウンセラー

 更に詳しい情報&ミニコラム集へ