2008年8月27日

軽やかに年を重ねて~『ちょっとそこまでカウンセリングに』

先日発表された平均寿命の世界ランキング、ご覧になった方も
多かったのではないでしょうか?
日本は、女性が85.7歳で第1位、男性は78.7歳で第3位、
男女合計でも82.3歳で、第1位と言う、堂々の最長寿国です。
安全な生活環境や、インフラが整備されていること、医療技術の高さ等、
理由は他にも沢山あるだろうと思いますが、長く生きられることがイコール
満足のいく人生、幸せな人生であって欲しいなと、願わずにはいられません。

穏やかな長寿の国であって欲しい日本ですが、実情は問題が山積している
ようで、特に家族関係における問題が、メディアで取り上げられない時が
ない位に、次々とセンセーショナルな出来事が起こったりしています。

軽やかに年を重ねて~『ちょっとそこまでカウンセリングに』の続きを読む

2008年8月20日

選択の時 ~40代からというリアルな生き方~

『4』という数字は、日本では、あまり好まれない数字の一つ。
この『4』という数字は、慢性的な問題を癒しながら、
人生に新しい土台を築く時という意味もあるそうです。
また、40というようにゼロが後ろについてくる場合、
この学びの威力が10倍になるということを意味するそうです。

ちなみに、『5』は変容。人生に変容をもたらすチャンスで、
新しい生き方を始める年。
(参考文献:こころを癒すと、カラダが癒される  VOICE
    チャック・スペザーノ&ジェニー・ティスハースト著)

選択の時 ~40代からというリアルな生き方~の続きを読む

2008年8月13日

応援して幸せになってみませんか

夏の高校野球の季節ですね。
昔は、テレビで高校野球を見ていても、「暑そうだな~」「頑張ってるよな~」
「青春だな~」などと選手を中心に見ていて、選手達の頑張っている姿や、必
死でプレーしている姿に感動していたのですが、今は少し違ってきています。
もちろん、選手達の姿にも感動を覚えるのですが、それ以上に感動するのが、
アルプススタンドで、必死で応援している親御さんの姿なのです。
完全に、アルプススタンドの親御さんに自分を投影しております。
共感しまくっております。
「もしも、自分の息子があの甲子園のマウンドに立っていたら」
「もしも、自分の息子があの打席に立っていたら」
そう考えると、そりゃもう力が入りまくります。
もちろん、我が家の息子は甲子園とは縁もゆかりもございませんし、中学、高
校、大学とずっとテニスをしていますので、野球ともまったく関係がございま
せん。
そうなのにも関わらず、私は力が入りまくります。
「頑張れ!!お父さん!お母さん!」

応援して幸せになってみませんかの続きを読む

2008年8月 6日

才能を発揮すると言うこと~母の決断から教わったもの~

去年の年末、母の営む居酒屋が閉店することとなった

亡くなった父の長年の夢だった「もう一度自分の店を持ちたい」
その夢が形となったお店だった。

土地の持ち主の方が、立ち退きを要請されていて
その場所を借りた当初から、それも含めてのお商売だった。

10年前このお店を開店した当初。
亡くなった父は60歳。母は55歳。

7人兄弟の末っ子で、おぼっちゃま気分の抜けきらないまま
大人になったような父は、
どこか現実を構築することが苦手だった。

才能を発揮すると言うこと~母の決断から教わったもの~の続きを読む