2007年9月26日

母の背中を追い続けて 〜しなければならないを手放した後に〜

みなさん こんにちは。
前回(2007/07/11)に〜手放すことで得られたもの〜と言うコラムを書かせて
いただいたのですが、今回はその後に起こった心の葛藤について書いてみたい
と思います。

いきなりですがみなさんのお母さんはどんな人でしたか?
お母さんにどんな影響を受けましたか?
良い影響、良くない影響人それぞれだと思いますが、私の心の中の母はいつも
働いていました。
私が幼かった頃は自営業を営んでいた父の仕事を手伝い、父が自営業を辞めて
就職してからはパートに出て家計を支えて来ました。
そのパートは私が中学生の頃から40歳を超えるまでずっと続きました。

母の背中を追い続けて 〜しなければならないを手放した後に〜の続きを読む

2007年9月19日

Just Now〜価値のある瞬間〜

 一人になりたい時、屋上に上がる。神戸の下町の住宅街にある我が家は、
築30年を越える古い一戸建て。この家に転居を決めた理由はいくつかある
が、敷地内に車が置けること、家族それぞれが個室を持っても部屋が余る、
などだったのだけど、思いのほか駅にもバス停にも近く、コンビニも見える
ところにあると言う、私にとっては結構恵まれた環境にある。足を運ぶこと
が少ないにしろ、実家も近い。収納が少ないのが難点だけど、とりあえずは
部屋数でカバー、というところかな。

 普段、仕事をする部屋は(よく言えば書斎?)一番広い部屋で10畳くら
いの洋室で、建築主の依頼なのだろう、石とタイルでできた可愛い暖炉の棚
が作りつけてあったりする。その上には、可愛いランプが壁の高い位置に二
つ。室内には収納が全くないので、本、CD、MD、衣類などの棚類、電子
ピアノ、デッキにスピーカーで、一杯。いつかは壁一面に棚のある部屋に、
こう言ったものをスッキリと片付けて広々と暮らしたいと、切に切に願って
いるんだけど・・・。

Just Now〜価値のある瞬間〜の続きを読む

2007年9月12日

IMAGINATION

皆様は「IMAGINATION」というコマーシャルをご存知でしょうか?
これは2001年に公共広告機構が制作したコマーシャルなのですが、一般にはあ
まり放送されず、BSで放送されていたそうです。
この作品には、主人公に一人の男の子が登場します。

内容は、授業風景から始まって、先生が子供たちに、好きな生き物の絵を描か
せています。
馬や犬、猫、クワガタなど、子供たちは思い思いの絵を描いているのですが、
その中で、ある男の子が画用紙いっぱいに黒い絵を塗りたくっていたんです。

IMAGINATIONの続きを読む

2007年9月 5日

きょうだい

9月に入りましたね。
今年は本当に暑い日が多い夏だったようです。

以前にこの40代の心理学で書かせていただいた、‘精神病を持つ家族とそ
の関わりについて’ですが、思いがけずたくさんの方から反応を頂きました。
2つ違いの姉の病気との発症から、それと共にずっとあった私の気持ちについ
て表現したものです。共感していただいた方々の気持ちから私自身も、自分の
人生のに対する承認や応援を暖かく感じ心から感謝しています。

なので、今回は、具体的に自分の人生にどういう障害があったかなども含めて
書かせていただけたらなと思っています。

きょうだいの続きを読む