2006年11月29日

家計簿のススメ 〜生活の安心感を得ながら夢を実現する秘訣〜

もうすぐ12月。
ただ今、書店ではカレンダーやスケジュール帳、家計簿に日記帳がたくさん出
回っています。そこで、今回はこのテーマにしようとひらめきました。
心理学は使ってこそ意味があるものです。
心が落ち着いた、心が癒されたというのもいいのですが、次は、実際に生活を
変えていくために心理学を使って欲しいと思っています。
そこで、実際に使う手段の一つについてお話します。

家計簿のススメ 〜生活の安心感を得ながら夢を実現する秘訣〜の続きを読む

2006年11月22日

探し物は何ですか? 〜これからの人生に向けて〜

子供が成長して手を離れたり、同期が転職したり起業するのをみて、
ふと、「自分の人生って?」と思うことはないですか。
今を生きるのに精一杯で、振り返る余地がなかったけど、よくよく考え
てみたら、「真実のパートナー」ってこのひとで本当にいいの?
あるいは、これからの人生、このままでいいの?
本当にこの会社、この仕事でいいの?

探し物は何ですか? 〜これからの人生に向けて〜の続きを読む

2006年11月15日

父の故郷にて〜つながり〜

10年ぶりぐらいだろうか、先日、父の故郷を訪れる機会があった。
父の故郷は滋賀県の北、福井県に近い山の中。雪深い土地である。
父の実家は、山の裾野にはりついた集落の中にある。山の中腹には禅宗のお寺
があり、そこから下る急な坂道の両脇には家と畑が点在している。
今は、齢90歳を越えた叔父夫婦と僕の従兄夫婦がそこで生活をしている。

父が他界してからというもの、僕はそこを訪れる機会が殆ど無かった。
叔父叔母をはじめ、従兄夫婦も「遊びにおいで」と言ってくれるのだが、交通
の不便さも手伝って、なかなか足が向かなかった。

父の故郷にて〜つながり〜の続きを読む

2006年11月 8日

自己愛〜こころの充電は満タンですか?

40代のクライアントさんとお話をさせていただいて私がいつも感じること
は「本当に頑張ってこられたんだなー」と、とても強く思います。
40代というと年代的にも与える位置におられる方が多く、仕事では会社の
ためや部下の育成に時間を費やし、私生活では子供がいたりで、責任や役割
をがっちり背負っている年代です。
部下たちにエネルギーを出してもらうために試行錯誤していたり、会社の業
績アップのために睡眠時間を削りながらハードワークをしたり・・・
母親をやっている人は家族のために家事に追われ、時間を見つけてパートで
働き家計を助けて・・・という風に、本当に頑張っているのです。

自己愛〜こころの充電は満タンですか?の続きを読む

2006年11月 1日

子供たちに残してあげられるもの

僕たちが家庭を持って、父や母と言う立場になると、
日々家族のために、また子供のために、
何かを優先して生きるようになります。

自分の楽しみや趣味よりも、子供と過ごす時間を大切にします。
自分のために使うお金よりも、子供の教育費を優先します。
自分のしたいことよりも、家族を守るための仕事を選びます。

当たり前の事だ。親として当然の責任だ。
と言う考えが頭に浮かぶかも知れませんが、

子供たちに残してあげられるものの続きを読む