2005年11月30日

12月がやってくる〜〜〜父とピアノ〜〜〜 

 12月の足音が近づいてきました。世間では言わずもがなのクリスマス。あちらこちらでは華やかなイル
ミネーションが師走の到来を感じさせてくれます。
 12月には、父に纏わる想い出がたくさんあります。
おねだりの下手な私が何年間も欲しがって、ようやく買ってもらったピアノ・・・今も実家にあるのですが・・・を買うために楽器店を回り、卸センターのようなところまで連れて行ってくれてずらっと並ぶピアノを全て触らせて貰って、
「さぁ、お前の一番気に入ったのを選びなさい」
と父。当時4年生だった私は、妹もまだ赤ちゃんだし、弟もいるし、と考えて値段を見ながらもじもじしていると、
「ここまで来たら少々は変わらへんから、値段は気にするな。」

12月がやってくる〜〜〜父とピアノ〜〜〜 の続きを読む

2005年11月24日

鏡の前の自分〜どんな表情をしていますか?

最近鏡を見ると、目じりのシワを見つけては「あーぁ」とため息をついてしまいます。やばい・・・
シワだけではありません。何やらお腹周りも以前にはなかった肉が・・・
外見的な老化を防ぐには、高級な化粧品や、毎日のストレッチをまじめにやればなんとかなるのかもしれません。

では、心の部分で年齢と共に失ってしまうように感じるものって何だろう?

40代の男性にインタビューをすると
・将来がもう見えた気がする
・体力がめっきり落ちた
・冒険心がなくなった
・熱い思いがなくなった

鏡の前の自分〜どんな表情をしていますか?の続きを読む

2005年11月16日

台所でロマンス???〜もう一度ラブラブしませんか?〜

「最近、うちのだんなさんがなんだかうっとおしいの」ということはありませんか?

台所で料理をしていると、気づいたら背後にだんなさんがいて、まわりをウロウロしていたり、買い物に出かけようとすると「俺も行こうかな?」とついてきたり・・・
「何か用でもあるの?」と聞いても「別に・・・」と答えるだけで、いったい何がしたいのかよくらからない・・・

だんなさんにそんな傾向があったら、それは「ロマンス」を求めているのかもしれませんよ〜。

台所でロマンス???〜もう一度ラブラブしませんか?〜の続きを読む

2005年11月 9日

生と死

僕は文章を書くときいつも、
机に向かって、その日家族と交わした会話を思い出してみます。
その日の天気のこと、子供の様子、今度観に行きたい映画のこと・・

今日も机に向かって、そんな会話を思い出していると、
ふっと携帯にメールが入ってきました。

「 今日仕事か? 」 その短い言葉は、

小さい頃からずっと一緒だった幼馴染のものでした。

生と死の続きを読む

2005年11月 2日

孫子より〜中国古典を日常生活に活かす〜

今日は、中国何千年の歴史の中から受け継がれ、語り伝えられてる古典の中か
ら、心理学や感情にまつわるお話をします。

中国古典と言えば、学校の漢文の時間で習ったような、とっつきにくいイメー
ジを持つ方もいるかもしれませんが

本屋さんにいくと、平易な現代語訳の書籍・解説本がいっぱいありますので、
いざ、お読みになるとなれば、そんなに抵抗感はないと思います。

孫子より〜中国古典を日常生活に活かす〜の続きを読む