恥ずかしさのコミュニケーション

恥ずかしさを表現すると好感アップ

こんにちは 平です。

「私、ものすごく恥ずかしがりなんです」

ご相談におみえになった女性は、とても恥ずかしがりながらこんなふうにおっしゃいました。

「平さんの前で話すのも恥ずかしいぐらいですから、大好きな人の前では、
もう、まったくといっていいほど話すことができません」

この彼女と同じような悩みをもっている人は、男女ともに日本人には非常に多いようです。

そして、なんとかそれを克服しようと、四苦八苦しながらいろいろなことにチャレンジするのですが、
なにをしても、なかなかうまくいきません。

その失敗要因はなにかというと、恥ずかしさを「どう隠すか」ということしか考えていないことに尽きるでしょう。

このようなご相談を受けたとき、私は必ずこんなふうなアドバイスをします。

「ものすごく勇気がいることかもしれませんが、あなたが恥ずかしがり屋だということを隠さずにコミュニケーションしてください。それだけで、すべての問題が解決しますよ」

このような悩みをもつ女性の多くが、恥ずかしがり屋は「悪いこと」だと思っています。

しかしながら、ほとんどの男性は恥ずかしがる女性が大好きです。たとえば、男性陣の大好きなビデオの世界でも、登場するほとんどの女性が恥ずかしがっています。

恥ずかしさを越えて、その恥ずかしさについてコミュニケーションしてもらうことも、男性はとても好ましく感じるものです。

そして、じつは、男性のほうが女性よりも恥ずかしがりといっていいかもしれません。

男性の多くは、「男のくせに‥‥」とか「泣くな、男だろ」など、感情を否定することを学びながら成長してきたので、感情を表現することを自分に禁止している場合が多いものです。

そのために、感情表現があまり上手にできないことから、恥ずかしがり屋担ったという人は少なくありません。
が、自分が恥ずかしがり屋だということは、女性以上に男性は人に言えないものです。

ですから、もしも、あなたが「ものすごく恥ずかしいけど、勇気をもって言いますね」と言うことができたなら、ほとんどの男性はあなたのことを「カ、カワイイ!!」と思ってくれるのです。

勇気をもってコミュニケーションしてくれたあなたのことを、男性陣は「守ってあげなきゃ」と思ってくれる可能性は大きいはず。
そうしたら、あなたにとっても、がんばってしたこのコミュニケーションが大きなプラスに働くわけですね。

恥ずかしさは自我意識の一つで、セクシャルエネルギーでもあります。
つまり、「私はあなたに魅力を感じています」というメッセージをもつエネルギーであるわけです。

魅力的な人の前にいるとき、このエネルギーは高まり、それを表現することが求愛行動になるわけです。

動物の世界では、それが当たり前のように行われているわけですが、私たち人間‥‥、
とくに日本人はそれを隠そうとしがちで、その態度はしばしば不自然になります。

このエネルギーをうまく表現すればするほど、あなたの心は幸せに満たされます。

反対に、このエネルギーを抑圧し、隠そうとするほど、それは自己嫌悪のエネルギーとなり、自分自身が毒されてしまいます。

俗に、“クサッている”というような心理状態になるわけですね。
だって、大好きな人の前で、「べつにー。好きじゃないもん」と言っているようなものですから。

それじゃあ、かわいくないですよね。

では、来週の『恋愛心理学』もお楽しみに!!


心理学講座音声配信サービス・きくまるのご案内

心理学講座を聞いて学ぶ!持ち歩く!
あなたのPC・スマホで、人気カウンセラーの講演・心理学講座がすぐ聴けます!

\ここでしか聞けない無料音源!毎月「7のつく日」にアップ中!/
>>>こちらからどうぞ!

\今すぐ「最新の心理学講座」が聴ける!毎月「15日」に新作リリース中!/
>>>最新講座ラインナップはこちらから!

この記事を書いたカウンセラー

About Author

平 準司

神戸メンタルサービス/カウンセリングサービス代表。 恋愛、ビジネス、家族、人生で起こるありとあらゆる問題に心理学を応用し問題を解決に導く。年間60回以上のグループ・セラピーと、約4万件の個人カウンセリングを行う実践派。 100名規模のグループワークをリードできる数少ない日本人のセラピストの1人。