黙認は高評価のしるし?

「黙認」=「高評価」

こんにちは 平です。

結婚されている奥様方から、よくいただくご質問に以下のようなものがあります。

「主人はスーツ以外に私服というものがほとんどなく、私が「何か買ってきたら?」
と言っても、「別にいらん」などとおしゃれにはまったく興味がないようです。

また、車も「動けばいいじゃないか」といつも中古車ばかりしか買いません。

もっとおしゃれを楽しんだり、人生を楽しんだりしてもらいたいのですが、仕事以外にはあまり興味がない様子です。

こんな人でも変われるでしょうか?」

こういうタイプの男性は、「自分はこういう人間である」という自己概念が強いので、いろいろな変化に対してあまり柔軟ではありません。

人間というのは不思議なもので、洋服を変えるだけでも気分が変わります。

例えば、ビジネススーツを着ているときと、家でジャージを着ているときでは、気分が違いますよね。

しかし、ちょっぴり頑固な男性は、変化を拒み、自分の思う一つのことにこだわってしまうようです。

このタイプの男性は、ビールの銘柄や、好きな食べ物、行きつけのお店など、いろんなことが決まっていることが多く、いろいろと変化を楽しむということが、少ないようです。

よく男性が、行きつけの居酒屋さんを決めたり、同じ銘柄のお酒ばかり飲むのもこのような心理なのです。

しかし、こういうタイプの男性は、頑固といえば頑固なのですが、メリットもあります。

それは、女性も「あなただけ」と決めているところなのです。

少なくとも、浮気をする傾向は低いようです。

人間には、必ず長所と短所がありますし、人それぞれの個性があるわけです。

しかし、それはいつも裏表になっています。

たとえば、恋愛時代にとってもやさしく、いつも私のことを優先してくれた彼は、
ひょっとしたら、優柔不断で自分の強い意思を持たない、という側面があるかもしれません。

また、おつきあいしているときには、リーダーシップを発揮してグイグイ私を引っ張ってくれた彼の魅力は、結婚してからは自分勝手でわがまま、と感じられることもあるでしょう。

しかし、ちょっと考えてほしいのは、「なぜこういう人になってしまったか?」ということなのです。

「どんなことにも必ず原因がある」というのが心理学的な考え方ですので、「なぜそういうふうにするようになったの?」と「いつからそういうふうにしはじめたの?」ということは、聞いてあげてほしいのです。

あなたと彼は違う環境で、違う考え方のもとに育ってきました。

しかし、同じ日本人で、同じ言葉をしゃべるということで、ついつい2人は同じ考えを持っているような気がしますが、まったく違うのです。

外国の人とおつきあいしている人は、見た目も違うので、「なぜそうするの?」ということを質問することで、文化の違う2人が理解しあえます。

しかしながら、日本人同士の場合、同じ言葉を使ってしまうためか、ついつい自分の基準で判断してしまうわけです。

彼の生きてきた環境とその家族の考え方の中では、彼が今とっている選択は、仕方がないものだったのかもしれません。

でも、あなたという新しい要素が彼の人生に加わることで、彼も変化していけるのです。

冒頭の質問をくださった奥様のような方は、ご主人と違って、おしゃれを楽しみ、生活に彩りを求めるタイプの方が多いようですが、ご主人がそれに乗ってこないことが、不満なのです。

しかし、ご主人は、そんなあなたに恋をし、あなたと結婚されたわけですから、
奥様方は、ご主人のことは気にせず、どんどんおしゃれを続けてください。

冒頭に出てきたスーツ以外ほとんど私服を持っていないようなタイプの男性は、自分のことに関しては無頓着なのですが、奥様が美しく着飾ることに関しては、まるで自分のことのように喜んでいる方が多いのです。

ただし、このタイプには、ものすごく恥ずかしがりやの男性が多いので、「とてもすてきだよ」などという言葉は、決して言いません。

黙認という形でしか、あなたを評価できないので、奥様方が誤解をされることも多いようなのです。

男性にとって「黙認する」ということは、高く評価していることのようです。

では、来週の『恋愛心理学』もお楽しみに!!


心理学講座音声配信サービス・きくまるのご案内

心理学講座を聞いて学ぶ!持ち歩く!
あなたのPC・スマホで、人気カウンセラーの講演・心理学講座がすぐ聴けます!

\ここでしか聞けない無料音源!毎月「7のつく日」にアップ中!/
>>>こちらからどうぞ!

\今すぐ「最新の心理学講座」が聴ける!毎月「15日」に新作リリース中!/
>>>最新講座ラインナップはこちらから!

この記事を書いたカウンセラー

About Author

平 準司

神戸メンタルサービス/カウンセリングサービス代表。 恋愛、ビジネス、家族、人生で起こるありとあらゆる問題に心理学を応用し問題を解決に導く。年間60回以上のグループ・セラピーと、約4万件の個人カウンセリングを行う実践派。 100名規模のグループワークをリードできる数少ない日本人のセラピストの1人。