自分にやさしく

人にやさしくするために、まず、自分にやさしく

こんにちは 平です。

「私、ものすごく凶暴なんです」

カウンセリングを受けにこられたある女性は、自分の問題についてこんなふうに切り出しました。

彼女は瞬間湯沸かし器のように頭に血が上りやすく、男女関係はもとより、あちこちで騒動を引き起こすトラブルメーカーの女の子であるようでした。

そして、やってしまったあとは猛烈に反省し、自己嫌悪に襲われ、それまで外に向かっていた攻撃性は、
こんどは激しい自己攻撃として自分に向かうわけです。

彼女は子どものときからこのようなタイプの人であったわけではありませんでした。

思春期以降、自分の中にさまざまなコンプレックスが生まれてくるようになってから、こうなってきたようです。

そこで、カウンセリングではまず、「なぜ、いまのようになってしまったか」について、
彼女に一般論をレクチャーすることから始めました。

人が凶暴になるのは、どんなときでしょうか?

ほとんどの場合、それは、自分の心がなにかに対し脅威を感じたときということができます。
脅威が大きければ大きいほど、防衛のために攻撃的になるといわれているのです。

あなたがお化け屋敷に行ったとしましょう。
そのお化け屋敷が怖ければ怖いほど、あなたはお化けに対し、暴力的になったりしませんか?

あるいは、お掃除をできずにいて、お部屋がだいぶ汚くなっているときに、いきなり彼がサプライズでやってきたら、あなたはどうするでしょう?
「きょうは無理! 帰って!!」と断固として入れないよう彼に激しく抵抗しますよね。

だって、こんな部屋を見られてしまったら、百年の恋も冷め、自分はきっと嫌われてしまうという脅威を感じるからです。

その脅威が強いほど、あなたは猛烈に彼を拒絶するはずです。

‥‥と、ここまで説明したところで、相談者の彼女に聞かれたわけです。
「いったい、私はなにに脅威を感じていて、どうすれば、この性格を治すことができるんでしょう?」、と。

彼女に私が説明したのは、彼女が日ごろから感じているのは、「自分は”瞬間湯沸かし器の女”だから、怒りを表現したが最後、みんなから嫌われ、見捨てられてしまう」という脅威だということでした。

そう感じているから、彼女はたえず、「けっして怒ってはいけない」、「けっして怒ってはいけない」、「けっして怒ってはいけない」と‥‥、自分の怒りを抑圧しつづけているわけです。

が、「怒ってはいけない」と言われるほど、心は怒りに興味をそそられます。

また、自分が怒りを見つめている度合いだけ、まわりの人も私の”怒りん坊”を見抜いていると思ったりもするものです。

そのため、人から自分が蔑まれているかのように感じてしまい、つい、「ちょっと!なんて目で私を見てるのよ! バカにするんじゃないわよ!」と爆発してしまうのです。

そんな彼女に私がお願いしたのが、「人にやさしくするために、まず、自分にやさしくしましょう」ということでした。

そして、ある宿題を出しました。それはとても簡単な実習です。

たとえば、のどが渇いてお茶を飲むとき、ただ飲むのではなく、あえて「自分に冷たくておいしいお茶を飲ませてあげよう。

いつも、おつかれさま」と言ってから飲むというものです。

同じように、お風呂に入ったときは、「きょうは、自分の体をきれいに磨いてあげよう。
いつも、おつかれさま」と自分に声をかけてから体を洗ってあげて、眠るときは「きょうも一日、ご苦労様。
自分の体をゆっくり休めてあげましょう」と自分に休養を与えてあげたりするわけです。

こんな実習をして、自分対してやさしい気持ちがもてるようになってくると、他人に対しても「おつかれさま」、「ご苦労様」などと口に出して言えるようになってきます。

同時に、ピリピリとした雰囲気がどんどん和らいでくるので、まわりの人は彼女を見て、恐れを感じなくなったり、気を使わなくなったりしていくわけです。

想像していただきたいのですが、ピリピリとした雰囲気の人に対し、「あなたは怖そうな人ですね」などと口に出して言う勇気のある人はまずいませんよね。

しかしながら、その人が柔らかくなってくると、「前は怖かったよね」などとまわりの人も言えるようになるものですが、この彼女の場合もまさにそうでした。

いままでの彼女であれば、そう言われても、「どういうことよ!」と噛みついていたことでしょう。

でも、「前は怖かった」ということは、「いまは怖くはない」ということですよね。
じつは、「うまくいったら、そう言ってもらえるよ」と先に言っておいたので、彼女も悪い気はしなかったわけです。

自分にやさしく。

そう、これこそが、ほかの人に対してもやさしくなったり、イライラしたりしないヒケツなのです。

では、来週の『恋愛心理学』もお楽しみに!!


心理学講座音声配信サービス・きくまるのご案内

心理学講座を聞いて学ぶ!持ち歩く!
あなたのPC・スマホで、人気カウンセラーの講演・心理学講座がすぐ聴けます!

\ここでしか聞けない無料音源!毎月「7のつく日」にアップ中!/
>>>こちらからどうぞ!

\今すぐ「最新の心理学講座」が聴ける!毎月「15日」に新作リリース中!/
>>>最新講座ラインナップはこちらから!

この記事を書いたカウンセラー

About Author

平 準司

神戸メンタルサービス/カウンセリングサービス代表。 恋愛、ビジネス、家族、人生で起こるありとあらゆる問題に心理学を応用し問題を解決に導く。年間60回以上のグループ・セラピーと、約4万件の個人カウンセリングを行う実践派。 100名規模のグループワークをリードできる数少ない日本人のセラピストの1人。