自信

相談者名
コウモリ
こんにちわ。僕は、親の会社で働いている27歳の男です。
中学二年くらいから神経症に悩み、今でも精神科に通院しています。症状自体は、統合失調症なのですが、長く働いていなかったせいもあり、働く事がとても辛いです。
周りの人が、いつも僕の事を馬鹿にしているような気がしたりします。特に姉など前に比べて僕と距離を置くようになった気がします。
通勤する前は、毎日、プレッシャーで嘔吐してしまいます。
これから先、結婚するという自信もないし、父親もそろそろ定年を迎える為、仕事もできるかどうかわかりません。
精神科の先生に、障害者年金2級を貰えると言われ、そうしたいと思うのですが、親は反対している為踏み込めません。
もう、色々行き詰って自分に自信が無く、最近は自殺する事ばかり考えてしまいます。
僕は、どのように生きていけばよいでしょうか?どうすれば自信を取り戻せるでしょうか?
カウンセラー
赤松わこ
コウモリさん初めまして、ご相談ありがとうございます。
担当させて頂きます、赤松わこと申します。
どうぞよろしくお願いしますね。

精神科に通院しながらの、お仕事を続けておられるんですね。
コウモリさん肉体的にも精神的にも、大きな負担がかかっているんだなぁ。
と感じました。とても頑張り屋さんなんですね。

病気のことに関しては、カウンセラーが立ち入れる領分ではありませんので、
信頼出来るお医者さんと、よくご相談頂くことが大事だと思いますが、1つ
気になったことがあって、その部分でのコウモリさんの心の負担が、かなり
大きいのではないかな?と感じたので、その点についてお話させて頂きますね。

>精神科の先生に、障害者年金2級を貰えると言われ、そうしたいと思うのですが、
親は反対している為踏み込めません。

コウモリさんは、ご両親やごきょうだいに、「自分の状況が理解されていない」
と感じておられるのではないかな?と感じたのですが、どうでしょうか?
コウモリさんは長い間、しんどい思いをしてこられたようですが、これまでに
病気のことでご両親やごきょうだいに、「申し訳ない」とか「居たたまれない」
と言った気持ちを、ずっと抱いてこられたのではありませんか?

そのことで病気以上に、ご自分を責めてしまったりしていませんか?
コウモリさんの病気のことや、病気になったことでコウモリさんが、
どれだけ辛い思いをしているのかと言うことを、ご両親やごきょうだいに、
「分かってもらえていない」と感じてはいませんか?
そんな気持ちを抱えていると言うことを、上手く伝えられなくて孤立して、
淋しさや怒りを感じていませんか?私が気になったのはその部分でした。

今コウモリさんが感じておられる不安や怖れを、我慢しないでご家族に、
伝えることが出来たら、ずいぶん気持ちは楽になるんじゃないだろうか?
私にはそう思えたんですね。どうでしょうか?

>僕は、どのように生きていけばよいでしょうか?どうすれば自信を
取り戻せるでしょうか?

これまでも病気と向き合いながら、辛い気持ちを抑えて頑張ってこられた、
コウモリさんはこれまでも、本当に頑張ってこられたと思いますよ。
でも・・・辛さや淋しさ孤独感を抑え続けるのは、しんどいですよね。
そんな気持ちを吐き出すことが出来たら、もっと楽なれると思いませんか?
「どのように生きていけばいいか?」は、コウモリさんご自身が
「どのように生きていきたいか」を考えて頂くことが、1番大事だと思います。

「どうすれば自信を取り戻せるでしょうか?」と書かれていますが。
コウモリさんは、自信を持って生きていた時がチャンとあるんですよ!
だから・・・「取り戻したい」と思うんです。「思い出せばいいんだ」
そう思って下さいね。新しいことこれまで自分になかったことを、
作り出そうとしている訳ではなく、「出来ていたことを思い出せばいい」
それだけのことなんですね。

そのためにはご家族にも、コウモリさんの心の内を伝えていかれることは、
コウモリさんが自分自身を楽にしてあげるために、必要なことだろうと思います。
どうコミュニケーションを取っていけばいいか?については、コウモリさんが
1人で何とかしようと頑張られなくても、私達カウンセラーにお電話頂ければ、
いつでも!サポートさせて頂きます、ご遠慮なくご相談下さいね^^

コウモリさんが心身ともに楽になられて、コウモリさんらしい生き方を
見つけられるよう、応援しています^^ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

家族関係・対人関係・パートナーシップ・自己肯定自己実現を得意分野とし、がん看護・認知症介護の経験から医療・福祉関係にも精通している。 深層心理への唯一のアプローチである【感覚・感情】を解放する、癒しのスペシャリスト。 「体感で楽になった」「腑に落ちる」「納得がいった」と好評をえている。