死に対する恐怖がとれない

 

相談者名
あおい
パニック障害と診断されて二年ほどになります。最近急に「死ぬのが怖い」と強く思うようになりました。
体は何もないのです。ですがふとした瞬間、眠る前や車に乗っている時など、「このまま目が覚めなかったら」「もし何かの拍子に事故にあったら」など考えて、自分でも冷静になるとおかしく感じるのですが、止まらないんです。
パニック障害の発作が少し前にあったり、最近なんでもないことが死に至る、という内容のテレビ番組が多いのでそのせいだとは思いますが……
夜眠る時が一番怖いです。最近は睡眠薬を処方していただいています。
こういう場合はどうしたらよいのでしょうか? 薬もあまり効いていません。
カウンセラー
小川のりこ
あおいさん、はじめまして。
小川のりこといいます。よろしくお願いいたします。> パニック障害と診断されて二年ほどになります。最近急に「死ぬのが怖
> い」と強く思うようになりました。
> 体は何もないのです。ですがふとした瞬間、眠る前や車に乗っている時
> など、「このまま目が覚めなかったら」「もし何かの拍子に事故にあったら
> 」など考えて、自分でも冷静になるとおかしく感じるのですが、止まらない
> んです。
怖いと思います。
なぜならば私もあおいさんと同じようなことを考えて全く他のことが手につか
なかった経験があります。実を言うと今も考えると怖いですよ。
だから本当に本当に止まらなくて怖くてたまらないと思います。
決しておかしいことでも変なことでもありません。

>パニック障害の発作が少し前にあったり、最近なんでもないことが死に至
> る、という内容のテレビ番組が多いのでそのせいだとは思いますが……
そうですね。今は病気のことを詳細に考える番組も多くなってきましたから、
更に考えてしまうのも当然でしょうね。
私がまずお聞きしたいのは、
どういうことから死を考えるようになったのかなということです。まあきっかけな
んてまったくないかもしれませんが、最近なんですよね。
ただ、人って自分の未来に対して完全に絶望していなければ、
死を考えることなんてないと私は思っています。
やりたいことがあったり、頑張りたいことがあってこそ悩む問題だと思います。
そう考えるとあおいさんは何か浮かんできますか?

> 夜眠る時が一番怖いです。最近は睡眠薬を処方していただいています。
> こういう場合はどうしたらよいのでしょうか? 薬もあまり効いていません。
夜は特に怖いですよね。シーンとしてますし、楽しいテレビがあるわけでもな
いですし、だから特にお布団に入ってしまった後、もんもんと考えちゃったりし
ますよね。
こういうお悩みは結構多いんですよ。その方たちのカウンセリングをしていて
私が学んだのは、
「ああ、不安な気持ちをとことんまで話す・・・ということがなかなか出来ない
のかもしれない。。。」
ということなんです。
あおいさんも、眠れなくなるほど考えてしまうのでしょう!?
苦しくて当然なのに、それをとことんまで話すには、迷惑なんじゃないかとか、
こんなこと何度も言ったって・・・っていう罪悪感がとても出てくる方も多いので、
なかなかお話が出来ない人もいるんですよね。
不安は話すのが一番です!
それもとことん、飽きるほどに。分かってもらえると思った人に何度も何度も
話すことです。
死への恐怖は心の中で自分のうちで溜め込む方が大半ですので、
外に出しちゃいましょう。本当に楽になりますよ!
よろしかったらこちらの無料相談、もしくはボランティアの方へお電話くださいね。
ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

小川 のりこ

アルコール依存症の父からの虐待経験、学生時代のいじめから、恋愛依存、不倫や風俗を経て、自分を抑え付けるような結婚生活後、8年で離婚。その後自分に向き合い、今は穏やかに生きる。 過去のあらゆる経験をもとにして、恋愛関係、家族関係を得意とし、お客様と共に成長するスタイルを取る。