自分の性格と親との関係について

相談者名
ミナ
はじめまして。東京都在住の22歳女性です。少し長くなります。

昨年の10月頃、引越しや就職活動の不調等で精神的に病み、酷く体調を崩してしまいました。その後病院に行きましたが中々良くはならず、結局先行途中だった企業も全て落ちてしまい、12月の卒論提出にも間に合わず留年が決まり、気づけば毎日心の中で死にたいと呟き、無意識に自傷行為をしたり、突然キレたりしていました。

問題はここからなのですが、その1番辛かった時期に「辛いのは自分だけだと思ってるでしょ」「そんな考え方だから上手くいかないんだ」などと親に言われました。
私はただ辛くて話を聴いてもらいたかっただけだったので深く傷付きました。
昔から友達も少なく、相談事は親にしていたのですが、最後は必ず説教でした。
けれど親は私の将来のために言ってくれるんだと思っていましたし、反論するとエスカレートするので黙って聞いていましたが、今回ばかりはショックでした。

私は昔から明るくお調子者でしたが、内面はネガティヴで二極化思考の傾向があり、いじめや挫折など嫌なことばかり覚えていて、たいして能力もないのに完璧主義的だったので、そのことを親に何度も言われてきたのですが、いまだに直らず、そんな自分が嫌で仕方がありませんでした。もちろん親は良いところも褒めてくれるのですが、私には説教の時に言われる欠点ばかりが記憶に残ります。

しかも精神的に参っていようが普段通り家事をこなさなければならず(親が年配なため、手伝うことが当たり前とされてきました)、何もしないと親が不機嫌になります。妹がいますが、以前から勉強もろくにせず家の事も全く手伝わなかったため、問題児扱いされていました。けれどそんな妹も内定して毎日朝から晩まで働いているので、家族も今更手伝えとは言いにくい状況です。

私が我慢して笑顔でいれば家庭が上手くいきますし、少しでも弱音を吐くと説教されるので何も言えません。私が悩んでいるだけで、基本的に明るくて仲が良く幸せな家庭なのです。けれどなんだか、そんな幸せだと思っていた家庭が最近息苦しいのです。親が重いな…と感じてしまいます。親を悪く言うなんて最低だと思いながらも、色々なことにうんざりしています。性格も中々直らず、体調もまた悪化してきました。どうすればいいでしょうか?

カウンセラー
中村季代乃
ミナさん、こんにちは。
今回担当させていただきます中村季代乃と申します。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ミナさんは今、ミナさんとミナさんとの家族との関係について、そしてこれか
ら家族とどう付き合っていけばいいのかという所でお悩みなんですね。

ミナさんより頂戴いたしましたご相談内容を拝読し、ミナさんは本当に今まで
色々と頑張りそして色々な我慢をずっとされてきたんだな、と感じました。

それの多くは家族が円満となる為、ミナさん自身がある意味でグッと我慢し続
けてこられたのかもしれませんね。

そして、少しだけ弱音を吐けない状況がずっと今まで続いてこられたのではな
いかとも感じました。

独りでずっと歯を食いしばりながら家族の事を想い頑張ってきたミナさんにと
って、この無料相談にご相談を寄せて頂く事ももしかしたらとても大きな勇気
を持っての事だったかもしれません。

本当に、この無料相談にご相談いただきましてありがとうございました。

ミナさんの心が軽くなり、これから先家族との付き合い方について向き合う為
のお手伝いが出来ればという気持ちでおります。

それでは、私の感じた事をお伝えいたしますね。

ミナさんより頂戴いたしましたご相談内容を拝読し、一番に感じた事がありま
した。

それは、独りで頑張ってなんとか解決しようという頑張り屋さんで、人に迷惑
をかけたくないという優しい気持ちを持たれている所です。

その優しさを持っているからこそ、独りで頑張りつづけてこられたのかもしれ
ませんね。

でも、ミナさんも既にずっと感じてこられてるかもと察するのですが、その頑
張り続ける事ってとってもしんどい事でもあるんですね。

だからこそ、今ミナさんに一つのチャレンジが必要なのではないかと感じまし
た。

それは『誰かを頼る事』。

それも、家族以外の『誰かを頼る事』です。

具体的にお伝えしますと、家族以外の誰かに今の想いを伝える事なんです。

今までは、ずっと家族にミナさんの心の内を伝えていらっしゃった事が多かっ
たかもしれません。

その一部分を、もしよろしければ私達カウンセラーにお伝えいただけませんで
しょうか。

家族以外の第三者にもしかしたらミナさんが心の内を伝える事って勇気が要る
かもしれません。

しかしミナさんの心で感じていらっしゃる中に今の状況を突破するヒントが隠
されているように感じますし、そのヒントを第三者として私達カウンセラーが
伺う事で、客観的に状況等をお伝えする事が可能となってきます。

私達カウンセラーはミナさんがこれから先もっと心を楽にして日々を過ごせる
お手伝いをさせて頂きたい気持ちでいっぱいです。

よろしければ、お手伝いさせてくださいね。

ミナさんにとって、これから先心からリラックスして日々を過ごす為の一つの
ヒントとなれば幸いです。

この度はご相談いただきましてありがとうございました。

中村季代乃

この記事を書いたカウンセラー

About Author

恋愛や仕事などの人間関係を始め、キャリアアップなどのやりたいことを実現するサポートまで幅広いジャンルを扱う。 特に失恋に対するカウンセリングを得意としお客様より好評を得ている。 また自身の両親が障害者であり、家族の介護経験から、心身のハンデキャップに関するサポートも行っている。