男の人に触られたくない

相談者名
まな
今までは彼氏がいる人が羨ましい、好きな人に触られたいなど考えていたのに、今は全くそんな風に思えません。他人のカップルで彼氏が彼女の背中を撫でたりしてるのを見て私は気持ち悪いと思い、こんな風に触られるなら男性と付き合いたくないと思いました。

実はこんな風に思う前に、人が小さい頃から怖くてそれを何とかしたくてカウンセリングを受けたら小さい頃のことを話していると頭がボーッとして来てうまく頭が働かなくなりました。なぜこんな風にっなったのかと考えていると、頭がボーッとして来て今度はふわふわ魂が抜けそうな感覚になりました。カウンセラーさんに話したら記憶に蓋をしてるからだと言われましたが、何も断片すら浮かばずなんのことかわかりません。

ただ、その後動悸がよくするようになり、小さい頃からやめたくてもやめられなかった自慰行為も興味がなくなり、男性との性交を想像してると段々言いようもない不安感と再び頭がボーッとして来てなんなのかわかりません。ただ、以前は男性並みに性的関心が自分は強いような気がして嫌だったので今は少し楽ですが不思議な気持ちです。

これは、私が過剰反応した結果頭がボーッとしたりふわふわしたのでしょうか?男性ともし付き合ってこの先受け入れられなかったらどうしようと不安になります。
適当に男性と付き合って確かめてみたらはっきりするかもしれませんが、どうも性的に接触されたり興奮されるのが嫌です。

日常生活では普通に男性と話せるし接触もできます。

カウンセラー
三好成子
まな様こんにちは。
まな様のご相談にお答えさせていただく三好成子と申します。

さて、セックスに関する感じ方は年代によって変化をすると言われています。

まな様の年齢が分かりませんので一般的な成長段階のお話しになってしまいます。

幼い子供の頃は植え付けられた恥ずかしいという感覚が無いので、気持ち良いと感じ
た事は感じたままに行動する事が多いですね。

例えば、何かの拍子に性器が擦れて気持ち良いと感じたら、ずっと床や壁にこすりつ
けている事だって珍しい事でもありません。

気持ち良いを優先するからなのですね。

それを大人の感覚で自慰行為=恥ずかしい行為として見られ、その時の親や大人の対
応の仕方で自慰行為は傷にもなると思うのです。

性行為に対する悪いものという感覚を持っていらっしゃいませんか?
もし、持っていらっしゃると仮定して、それはいつ頃どの様な《誤解》が生まれたの
でしょうね。

自慰行為が悪いものでもなく、セックスが汚らわしいものでもないはずなのですが、
どこかでダメな事、恥ずかしい事と刷り込みが起きている可能性がありますね。

特に日本では、女であり続ける事を禁止されていた様な時代があったと思います。

今はかなり自由にもなりましたが、親の躾や周りの環境によってはまだまだ隠し通す
ものの感覚が残っていたりしますね。

ものすごく禁止、抑圧すると抑えられた感情のエネルギーは溜まりに溜まって出口を
求めます。

してはいけないというものほど興味を持ってしまうと言われています。

《小さい頃からやめたくてもやめられなかった自慰行為も興味がなくなり、男性との
性交を想像してると段々言いようもない不安感と再び頭がボーッとして来てなんなの
かわかりません。》
↑この辺りの表現からも、
すごく抑圧してこられた感じが伺えます。

幼い心が想像、妄想するセックスは現実味を帯びてなく、アニメの世界の様な非現実
であったのではないでしょうか?

成長とともに、リアルな異性、人間像が迫って来ると急に気持ち悪さや怖さが襲って
くる事もあるでしょう。

今、想像の世界から現実に移行していく時かも知れませんね。

一人の大人の女性としての自覚が現れてきたのではないでしょうか?
性的対象になる大人の自覚が現れてきたかも知れません。
それは女性としては良い事なのだと思います。

日常生活で普通に男性と話したり、接触できるとの事ですので
男性が苦手とかでは無い様子ですね。

私が思うに、
まな様がこの移り変わる大切な時期を過ごして頂くためには
自分自身のことを好きになっていく事だと考えます。

小さい頃から人が怖いと感じておられたという事で
その頃に、誰か大切に思っていた人から否定されたと思って傷ついた経験がおありか
もしれないと感じたのです。

それは、まな様が悪かったのでは無く、否定した(様に感じた)その人の価値観がまな
様と違ったという事だけなのでしょう。

その『何か』を思い出さなくても
子供の頃というのは、強い立場の人と価値観が違った時には傷つくものかもしれない
んだなぁって

自分自身のことを好きになれる様な考え方に変えていけると良いのかな?って思いま
す。

男性に触られる不快…と言うよりも
男性に触られる自分自身のことをあまりよく思っておられないのかな?と思ったので
お伝えしてみました。

情報量がすくなめで、想像する部分が多かったので、的外れだったらごめんなさい
ね。

そのときは、初回無料電話カウンセリングもご利用してくださいね。

ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

三好 成子

「近ずぎてウザい・遠すぎてさみしい」
自身の経験から、人との心の距離感や対人関係の悩みには親子の距離感が大きく関係している事に着目。【母子癒着】といわれるくっつきすぎた心を見ていくことで、人との距離感を整えていくカウンセリングを得意とする。
誰にも言えない気持ちに寄り添ってくれると好評。